*

落語一覧 もくじ 古典有名落語中心

もくじ

有名なものを中心に落語事典のような感じに増やしていきたいと思います。いつの間にやら90話越え100話まであと一息

あ行

あくび指南 明烏(あけがらす) 愛宕山(あたごやま) 家見舞(こいがめ) 居残り佐平次 浮世根問 厩火事(うまやかじ) 王子の狐 阿武松(おうのまつ) 大山詣り お菊の皿(皿屋敷) お血脈 御神酒徳利(おみきどっくり) お見立て 親子酒

か行

開帳の雪隠 火焔太鼓(かえんだいこ) 火事息子 片棒 紙入れ 看板のピン 紀州(きしゅう) 御慶(ぎょけい) 金明竹(きんめいちく) 首提灯 首ったけ 強情灸 紺屋高尾(こうやたかお) 黄金餅 小言幸兵衛(こごとこうべえ) 子は鎹(かすがい) 小間物屋政談 蒟蒻問答(こんにゃくもんどう) 権兵衛狸

さ行

三年目 三方一両損 三枚起請 質屋蔵 品川心中 芝浜 死神 素人鰻(殿様鰻) 宗論 寿限無(じゅげむ) 心眼 崇徳院(すとくいん) 千両みかん 粗忽長屋 そば清 そばの殿様 ぞろぞろ

た行

大工調べ 高田馬場 たがや だくだく たらちね 千早振る 茶の湯 長短(ちょうたん) 提灯屋 付き馬 つる 天狗裁き 天災 転失気(てんしき) 道灌 唐茄子屋政談 時そば

な行

長屋の花見 夏の医者 錦の袈裟 二十四孝(にじゅうしこう) 二番煎じ 抜け雀 寝床 猫の災難 猫の皿 猫の忠信 ねずみ ねずみ穴 野ざらし

は行

化け物使い 初天神 花筏(はないかだ) 干物箱 船徳 文違い 文七元結 本膳(ほんぜん)

ま行

松山鏡 万金丹 饅頭怖い 味噌蔵 妾馬(めかうま) 目黒のサンマ もう半分 元犬(もといぬ)

や行

やかん 宿屋の敵討 宿屋の富 柳田格之進(やなぎだかくのしん) 薮入り 湯屋番

ら行

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 六尺棒 ろくろ首

わ行





公開日:
最終更新日:2020/08/25

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑