*

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

公開日: : 最終更新日:2020/01/21 怪談噺, 滑稽噺 ,

お血脈

信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。
これを額に押してもらうと、どんな罪業深重な者でも極楽へ往生できるというありがたい印

人にはその大小にかかわらず、誰にでも生前犯した罪というものがあるが、誰だって地獄になんて行きたくはない。

だから我も我もと善光寺に人が押し寄せて、印を戴いたものだから、みんな極楽へ行ってしまい、地獄は閑古鳥が鳴き出した。

仕事がないから鬼たちは金棒を売ってしまうし、その熱いことで有名な地獄の釜だって薪を買う金がないから温いまま。

地獄の閻魔大王は困ったが責任を取って辞職するわけにもいかない。自分は唯一無二の閻魔大王代わりはいないからだ。

閻魔:
「いまいましい血脈の印め。こうなったらこの諸悪の根源 血脈の印を善光寺から盗み出すしかない」

幸いにも地獄には歴代の泥棒がそろっているから誰にやらせようか閻魔大王は思案する
泥棒
閻魔:
「鼠小僧は大名屋敷専門だし盗むのは千両箱じゃないから嫌がりそうだ。外国人に頼んでも寺のことはわからないだろう

そうだ石川五右衛門!あいつがおった。あいつなら豊臣秀吉の寝所に忍び込んだ実績がある

あの日 大力無双の仙石権兵衛さえ控えてなければ逃げおおせていたはずだ。そう!あいつがいい」
夜
閻魔大王からの命を受け信州善光寺に向かった石川五右衛門夜陰に乗じて本堂に忍び込む。
見張りの多い城に忍び込んだほどの腕前だからお寺に忍び込むくらい造作もない

やがてお血脈の印を発見して持ち出すが、さっさと地獄へ帰ればいいものを南禅寺の屋根でやったパフォーマンスを善光寺でもやってしまう

「絶景かな絶…」

額にお血脈の印を押し戴いたものだから、そのまま極楽に往生してしまった

石川五右衛門は実在したのか?

石川五右衛門
大泥棒といえば思い浮かぶのが石川五右衛門ですが、その存在自体が疑問視されていました。近年、宣教師の日記の中にわずかに注釈があり、その存在を伺わせるものも発見されています。

しかし他にはっきり石川五右衛門と登場するのが林羅山の「豊臣秀吉譜(1641年)」で宣教師の日記から半世紀の開きがあり、まだまだ謎は多いと言えます。

※はっきりしているのが京都、堺、伏見を荒らしまわった盗賊の頭領が死刑になったこと

出自は浜松の出身であるとか、伊賀で忍術を習い、天正伊賀の乱で仲間を失い織田信長や豊臣秀吉に恨みを持っていた、秀吉の寝所に忍び込んだ際、千鳥の香炉が鳴いたため侵入したのがばれてしまった等多彩です。

歌舞伎や浄瑠璃に取り上げられ正体不明の大泥棒ということで、次々と今に伝わるエピソードが作られていったものと考えられます。

落語一覧へ

関連記事

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

居残り佐平次

落語 居残り佐平次のあらすじ サゲのおこわにかけるとゴマ塩だからの関係は?

居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑