*

落語 長短のあらすじ 江戸時代の煙草と喫煙率について

公開日: : 滑稽噺 ,

長短

長助と短七の二人は仲のいい友達なのだが性格は正反対。長助は昔からのんびり屋で気が長く、短七は生まれた時から気が短い

ある日、のんびり屋の長助が短七の家に遊びに来る。
長短長屋
長助は今日も相変わらずのんびりで「お~い きたよ~」という挨拶から家に入ってくるまでが実に長い

それを見て今日も短七はいつものようにイライラ

短七:
「おい 今日はお前が来ると思って饅頭を用意しといたんだ。さっさと食いな どうだ美味いだろう?」

長助:
「まだ持ってもないよ」
長短の饅頭
ゆっくりとした動作で饅頭を食べ始める長助

短七:
「あ~イライラするなあ 饅頭はこうやって食うんだよ」

と長助の持っている饅頭をパッと奪い取るとそのままパクり

今度は長助がタバコを吸おうとするが、のんびりとした動作で火をつけようとしているせいでまったく火がつかない

イライラが頂点に達した短七さんは長さんに手本を見せようとする
長短タバコ
短七:
「江戸っ子のタバコの吸い方を教えてやらあ よく見てな 勢いよく口から迎えに行って 吸ったらポーンとはたくんだ」

だが短七の動きは長助にとっては早すぎてなかなか目で追うことができない。

…と何度もタバコの吸い方をやって見せているうちにポーンとはたいたタバコの火玉が短七の左手のそでの中へ
短七の袖の中
それを見た長助が

長助:
「短さんおまえさんは人にものを教わるのは嫌いかい?」

短七:
「そんなことねえよ」

長助:
「じゃあ俺が何を言っても怒らないかい?」

短七:
「ああ、怒らないよ」

長助:
「どうしようかな~」

短七:
「グズグズしねえで早く言えよ!」

長さん:
「さっきタバコ盆に捨てるはずの火が短七さんのそでに入ったみたいだ。大丈夫かなあ…と思っていたら煙が出てきて

今だいぶ燃え出したようだけど、ひょっとしたら…消したほうがいいのかなあ?」

短七:
「なんだって?アチチ!バカ早く教えねえか!

長助:
「ほうら怒った…やっぱり教えねえほうがよかった

江戸時代の喫煙について

江戸時代の喫煙
この噺のタバコの火が袖に飛び込むくだりは、中国宋の時代の「性緩」という噺が元になっています。正反対の二人ですが不思議と気が合うというのは割とありそうです。

タバコは現代とは違って、お客さんが来ると「どうぞ一服」と勧められることも珍しくなかったようです。文化文政期になると喫煙率も高くなり、子供が吸っても咎める法律自体はありませんでした。
※未成年の喫煙が禁止されたのは明治後半になってから

噺の中の短七の吸い方

「勢いよく口から迎えに行って吸ったらポーンとはたくんだ」
解説すると この頃のタバコは紙巻ではなく煙管(キセル)を使って吸います。
1.まずは刻みタバコを丸めて煙管の先っぽに詰めます
2.煙管の先に火種を近づけます
3.吸い込みながら着火
4.二,三口吸い込んだら煙草盆へポーンと灰を落とします
(チェーンスモーカーの人は手順を繰り返し)

紙巻と違ってあっという間に灰になってしまいますし、ライターもないので煙草を吸うのも一苦労です。それだけに粋にかっこよく吸うのが江戸っ子の嗜みだったのかもしれません。

落語一覧へ



関連記事

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

落語 天災のあらすじ

天災 どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎 今日も女房と喧嘩をしたよ

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑