*

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 滑稽噺 ,

看板のピン

若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

若い衆:
「親分ここはひとつ景気づけに胴をとってくだせえ」
親分:
「俺は42歳のときに博打はきっぱりやめたんだ。今日は久しぶりに覗きにきただけだ」
若い衆:
「まあ、そういわずに景気づけにやっておくんなさいよ」
親分:
「そこまでいうなら久しぶりにもんでやるか」

凄みたっぷりのセリフを吐き、胴元の席で壷を振る親分。しかし親分が伏せた壷皿の脇にサイコロが転がり出ていて一(ピン)の目になっている。

若い衆たちは親分も焼きが回ったのかなと戸惑いながらも、こいつはいただきとばかりにいっせいに一(ピン)に張る。

親分:
「おまえらの張る目は偏ってて面白しれえな。それじゃこの看板の一(ピン)は片付けてと」

それはないと慌てる若い衆たちに親分は

親分:
「勝負は壷の中だ。おまえたちは最初から目の出たサイコロで勝負しようってのか?俺の睨んだところ壷の中は五とみたね」

そして親分が壷を上げると、現れたサイコロの目は親分が言った通りだった。

親分:
「今回は俺が相手だからいいが、博打なんてもんは何がおこるかわかりゃしねえ。こんな遊びは大怪我しねえうちにやめときな」

と言うと親分は蕎麦でも食いなと若い衆に小遣いをくれて去っていく。
看板のピン小判
それをかっこいい、どうしても真似がしたいと一人の間抜けな男が別の賭場へ

男:
「俺は42のときに博打はきっぱりやめたんだが…」
若い衆:
「何言ってんだおまえはまだ26だろう」

無理やり胴元(親)になり、親分の真似をしてサイコロの一の目を転がして

男:
「さあ張った張った。おまえらの張る目は偏ってて面白れえじゃねえか断っとくがこぼれた一(ピン)は看板で勝負は壷の中だ」
若い衆:
「そのサイコロは看板かい。そりゃねえだろうよ」
男:
「博打なんてもんは何がおこるかわかりゃしねえ。これに懲りたら大怪我しないうちにやめちまいな。俺の睨んだところじゃあ壷の中は五だ」

そういって壷を上げると、なんと中の目も一(ピン)だった。

サイコロを使った博打の種類について

サイコロを使った博打はいろいろあります。2つ使うのは丁半博打とチンチロリン。今回は1つなのでチョボイチというもの。

ルールは単純で1つのサイコロの目を当てあうというもの。胴元(親)になったものが壷を振り、掛ける側(子)が一から六までの数字に掛け金を置く。数字が当たれば胴元から4倍の金額をもらい、負ければ掛け金は胴元のものになるというルール。

江戸時代、幕府は何度も賭博禁止令を出しましたが、江戸市中から賭場がなくなることはなかったようで、それどころか大名の下屋敷内で行われることもあったようです。

大名屋敷内までは捜査の手が回らないということで大変都合のいい場所だったということです。

落語一覧へ




関連記事

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑