*

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

公開日: : 最終更新日:2020/03/30 滑稽噺 ,

看板のピン

若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

若い衆:
「親分ここはひとつ景気づけに胴をとってくだせえ」
親分:
「俺は42歳のときに博打はきっぱりやめたんだ。今日は久しぶりに覗きにきただけだ」
若い衆:
「まあ、そういわずに景気づけにやっておくんなさいよ」
親分:
「そこまでいうなら久しぶりにもんでやるか」
さいころ賭博
凄みたっぷりのセリフを吐き、胴元の席で壷を振る親分。しかし親分が伏せた壷皿の脇にサイコロが転がり出ていて一(ピン)の目になっている。

若い衆たちは親分も焼きが回ったのかなと戸惑いながらも、こいつはいただきとばかりにいっせいに一(ピン)に張る。

親分:
「おまえらの張る目は偏ってて面白しれえな。それじゃこの看板の一(ピン)は片付けてと」

それはないと慌てる若い衆たちに親分は

親分:
「勝負は壷の中だ。おまえたちは最初から目の出たサイコロで勝負しようってのか?俺の睨んだところ壷の中は五とみたね」

そして親分が壷を上げると、現れたサイコロの目は親分が言った通りだった。

親分:
「今回は俺が相手だからいいが、博打なんてもんは何がおこるかわかりゃしねえ。こんな遊びは大怪我しねえうちにやめときな」

と言うと親分は蕎麦でも食いなと若い衆に小遣いをくれて去っていく。
看板のピン小判
それをかっこいい、どうしても真似がしたいと一人の間抜けな男が別の賭場へ

男:
「俺は42のときに博打はきっぱりやめたんだが…」
若い衆:
「何言ってんだおまえはまだ26だろう」

無理やり胴元(親)になり、親分の真似をしてサイコロの一の目を転がして

男:
「さあ張った張った。おまえらの張る目は偏ってて面白れえじゃねえか断っとくがこぼれた一(ピン)は看板で勝負は壷の中だ」
若い衆:
「そのサイコロは看板かい。そりゃねえだろうよ」
男:
「博打なんてもんは何がおこるかわかりゃしねえ。これに懲りたら大怪我しないうちにやめちまいな。俺の睨んだところじゃあ壷の中は五だ」

そういって壷を上げると、なんと中の目も一(ピン)だった。

サイコロを使った博打の種類について

サイコロを使った博打はいろいろあります。2つ使うのは丁半博打とチンチロリン。今回は1つなのでチョボイチというもの。

ルールは単純で1つのサイコロの目を当てあうというもの。胴元(親)になったものが壷を振り、掛ける側(子)が一から六までの数字に掛け金を置く。数字が当たれば胴元から4倍の金額をもらい、負ければ掛け金は胴元のものになるというルール。

江戸時代、幕府は何度も賭博禁止令を出しましたが、江戸市中から賭場がなくなることはなかったようで、それどころか大名の下屋敷内で行われることもあったようです。

大名屋敷内までは捜査の手が回らないということで大変都合のいい場所だったということです。

落語一覧へ




関連記事

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

落語 質屋蔵のあらすじ オチの流される~利上げせよの意味は?

質屋蔵 伊勢屋の質草を預かる蔵に怪奇現象が起こるという噂が立つ。本当かどうかわからないが 放っ

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑