*

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 滑稽噺 , ,

時そば

夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた

男:
「おう、そば屋さん、何が出来るんだい?え、花まきにしっぽく?じゃあしっぽくをこしらえてくんねぇ熱いのを頼むぜ」

この男お世辞で次から次へとそば屋の親父を褒め始める。

男:
「この店の看板は変わってるねぇ矢が的に当たってるから当たり屋か。こいつぁ縁起がいいや俺はそばが好きだからなおめぇんとこの看板見たらまた来るぜ」
そば
そばが出来上がるとまたお世辞が続く

男:
「おう、もうできた。ばかに早えじゃねえか。こちとら江戸っ子だ。気が短けえからあつらえものが遅せえとイライラしてくらあ。この出汁いい味だ。鰹節を奮発したね。麺は細くてコシ強い。最近はうどんみてえに太くて柔らけえそばを出す店もあるが、あれはいけねえや。おっ、本物のちくわを入れてるな。そんなに厚く切ってよ、豪勢なもんだ」

やけに上機嫌な男はとにかく何でも褒めてお世辞を並べ立てた。
やがて勘定。そば屋が十六文ですというと

男:
「小銭だから間違えるといけねえ。手を出してくんな。勘定しながら渡すから」
店主:
「では、こちらへいただきます」

とそば屋の店主は手を差し出す。

男:
「一、二、三、四、五、六、七、八
ところでいま何時(なんどき)だい?

店主:
「へえ、九つでございます」
男:
「十、十一、十二、十三、十四、十五、十六 じゃあ確かに十六文」

と十六文払うとさっさと行ってしまう。




このやりとりを見ていたちょっと間抜けな与太郎。なんで途中で時刻なんて聞いたんだとと首をひねったところ、一文ごまかしたのに気が付いた。

なるほど自分でもこの手を使ってみようと、あくる日別のそば屋を呼び止めた

与太郎:
「お、この店の看板は矢が的に…当たってない…この汁…は出汁がきいてなくて塩っからい。麺は太くて柔らけえ。まあいい太いほうが食いでがあらあ。ちくわも厚くて…これはちくわぶだ」

無理に褒めて食った上でお待ちかねの勘定に

与太郎:
「勘定しながら渡すぜ。手を出してくんねえ」
店主:
「へえ、これへいただきます」
男:
「ほらいくよ、一、二、三、四、五、六、七、八、今何時だい?」
店主:
「へえ四つでございます」
男:
「五、六、…」

結局四文損することになる。

ごまかした金額について

一文を現代の金額で推定すると、約25円。ごまかしてもたいして嬉しくないし、損しても痛くはない金額と言えそうです。

ちなみにそばの値段の16文は江戸時代のかなり長い期間安定して保たれていたといいます。16×25円=400円と計算すると現代の駅そばの値段ともほぼ同じになるから驚きです。

時刻について

日本には宣教師が伝えたという機械時計もありましたが、その時計は時刻を等間隔に刻む定時法が前提の時計だったので江戸時代の不定時法ではあまり役には立たなかったようです。

不定時法では季節によって昼夜の長さが異なり日の出が明け六つ、日の入りで暮れ六つとなり、九つというと現代の午前0時頃になり、与太郎は四つに来たということは現代の時刻だと22時前後ということ。

職人風の男にくらべると、ずいぶんせっかちにそば屋に来ていることになります。
※九つの一刻前が四つになるのでややこしいです。一刻は2時間となります。

落語一覧へ




関連記事

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

落語 そばの殿様のあらすじ 以外に歴史が浅いそば切りについて

そばの殿様 親戚の屋敷に招かれた時にそば職人がそば打ちをするのを見て、自分もやってみたくて仕方がな

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

金蔵

落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというという知らせが里から届く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑