*

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 滑稽噺 , ,

時そば

夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた

男:
「おう、そば屋さん、何が出来るんだい?え、花まきにしっぽく?じゃあしっぽくをこしらえてくんねぇ熱いのを頼むぜ」

この男お世辞で次から次へとそば屋の親父を褒め始める。

男:
「この店の看板は変わってるねぇ矢が的に当たってるから当たり屋か。こいつぁ縁起がいいや俺はそばが好きだからなおめぇんとこの看板見たらまた来るぜ」
そば
そばが出来上がるとまたお世辞が続く

男:
「おう、もうできた。ばかに早えじゃねえか。こちとら江戸っ子だ。気が短けえからあつらえものが遅せえとイライラしてくらあ。この出汁いい味だ。鰹節を奮発したね。麺は細くてコシ強い。最近はうどんみてえに太くて柔らけえそばを出す店もあるが、あれはいけねえや。おっ、本物のちくわを入れてるな。そんなに厚く切ってよ、豪勢なもんだ」

やけに上機嫌な男はとにかく何でも褒めてお世辞を並べ立てた。
やがて勘定。そば屋が十六文ですというと

男:
「小銭だから間違えるといけねえ。手を出してくんな。勘定しながら渡すから」
店主:
「では、こちらへいただきます」

とそば屋の店主は手を差し出す。

男:
「一、二、三、四、五、六、七、八
ところでいま何時(なんどき)だい?

店主:
「へえ、九つでございます」
男:
「十、十一、十二、十三、十四、十五、十六 じゃあ確かに十六文」

と十六文払うとさっさと行ってしまう。




このやりとりを見ていたちょっと間抜けな与太郎。なんで途中で時刻なんて聞いたんだとと首をひねったところ、一文ごまかしたのに気が付いた。

なるほど自分でもこの手を使ってみようと、あくる日別のそば屋を呼び止めた

与太郎:
「お、この店の看板は矢が的に…当たってない…この汁…は出汁がきいてなくて塩っからい。麺は太くて柔らけえ。まあいい太いほうが食いでがあらあ。ちくわも厚くて…これはちくわぶだ」

無理に褒めて食った上でお待ちかねの勘定に

与太郎:
「勘定しながら渡すぜ。手を出してくんねえ」
店主:
「へえ、これへいただきます」
男:
「ほらいくよ、一、二、三、四、五、六、七、八、今何時だい?」
店主:
「へえ四つでございます」
男:
「五、六、…」

結局四文損することになる。

ごまかした金額について

一文を現代の金額で推定すると、約25円。ごまかしてもたいして嬉しくないし、損しても痛くはない金額と言えそうです。

ちなみにそばの値段の16文は江戸時代のかなり長い期間安定して保たれていたといいます。16×25円=400円と計算すると現代の駅そばの値段ともほぼ同じになるから驚きです。

時刻について

日本には宣教師が伝えたという機械時計もありましたが、その時計は時刻を等間隔に刻む定時法が前提の時計だったので江戸時代の不定時法ではあまり役には立たなかったようです。

不定時法では季節によって昼夜の長さが異なり日の出が明け六つ、日の入りで暮れ六つとなり、九つというと現代の午前0時頃になり、与太郎は四つに来たということは現代の時刻だと22時前後ということ。

職人風の男にくらべると、ずいぶんせっかちにそば屋に来ていることになります。
※九つの一刻前が四つになるのでややこしいです。一刻は2時間となります。

落語一覧へ




関連記事

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑