*

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし

長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。

昨晩先生と一緒にいた女は誰なのか?話し声が気になって眠れなかったと文句を言いに来たのだ。

あれを見られてしまったのだったら仕方がないと先生は女と一緒にいた理由を語りはじめる。
語る
先生:
「昨日は向島へ釣りに行ったが 一匹もかからないまま日が暮れてしまった。

こういう日もあるだろうと帰り支度をはじめると、浅草寺の鐘の音がボ~ンと響く。

その時葦の原からガサガサっと!

怖くて逃げ出そうとした八五郎だったがガサガサっと出てきたのはカラス
葦からカラス
驚く八五郎を横目に先生は話を続ける

先生:
「カラスのいた辺りをふと見てみると、そこには野ざらしになっている骨が落ちている。

気の毒に思って手向けに酒をかけ、短い経文を読んで冥福を祈った。

すると不思議なことに骨にポッと赤みがさしたように感じた。
夜
その場を去り家に帰って夜中のことだ、向島から参りましたと女が訪ねてきた。

先ほどの礼に参ったと言うわけだ。そして後はお前さんが聞いた通りだ」

八五郎:
「なんと昨晩の女は幽霊ですか?あんないい女なら幽霊でもいい。俺も釣りに行ってこよう」

先生の釣りざおを勝手に持って行ってしまう八五郎

向島に着くとまだ日が明るいこともあって、釣り人で賑わっている
釣り
八五郎ははなから魚を釣ることには興味はないから 大声で独り言を言ったり、釣竿で川の水をかき回したり周りに迷惑をかけ放題

とりあえず気分を出そうと竿を投げるが、振り回しながら川へ投げるもんだから、針が鼻に引っかかってしまう

八五郎:
「痛て痛て 忌々しい針め!こんなもんが付いてるから痛い目に遭うんだ」

釣り人:
「おいおい あの人
自分で自分を釣って針をとってしまったぞ

しばらくそんなことをしていると 人は少なくなり辺りも薄暗くなってくる

ボ~ン
野ざらし鐘の音
浅草寺の鐘の音が聞こえてくる

八五郎:
「待ってました!骨はどこだ?」

辺りを探すと葦の原の中にちょうどいい骨を見つける

さっそく酒をかけ 出鱈目なお経を唱えて供養の真似事をする八五郎

念のため家を間違えないようにと骨に自分の家の住所まで言い聞かせて家路に着いた

それを偶然聞いていたのが新朝(しんちょう)という幇間(たいこもち)

あの旦那 これから女と一杯やるならこれに便乗してご祝儀をもらおうと、先ほど聞いた八五郎の家を訪ねる
長屋
新朝:
「こんばんわ~」

八五郎:
「早いなもう来たか」

八五郎が扉を開けると見たこともない男が立っている

新朝:
「旦那 お初です。新朝(しんちょう)という幇間(たいこ)です

八五郎:
「なに?新町の太鼓

しまったあれは馬の骨だったか

オチの馬の骨だったか!の意味

分かりにくいので途中での針をとってしまうところで下げることも多いです。

太鼓には馬の皮が貼られていました。そして浅草の新町には太鼓屋がたくさんあります。(聞く側がこれを知っていることが前提です)

「新朝(しんちょう)という幇間(たいこ)です」と言われ
「新町の太鼓」と脳内変換して 馬(の皮)を連想

骨の正体は女ではなく馬だったかと勘違いしたというもの。

現代ではわかりにくいので、噺の冒頭であらかじめ説明を入れたり、八五郎が針をとってしまうところで終わることも多いです。

落語一覧へ



関連記事

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

死神

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

死神 金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじま

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑