*

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

公開日: : 最終更新日:2020/05/20 人情噺, 滑稽噺 , , , ,

妾馬(めかうま)

ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。

先ほど殿様が駕籠で通りがかった際、この近辺で見かけた娘を気に入り屋敷へ奉公にあげたいというのだ。
町娘
屋敷へ奉公へ上がると言うのは殿様の側室になるということ。つまりは玉の輿で大出世。

その娘と言うのは八五郎の妹の鶴。 大家さんは八五郎の素行が悪いので心配だったが、話は進み三百両の支度金と老母への手当てが支給され屋敷に上がることに。

月日が過ぎやがて鶴はご懐妊、生まれたのが元気な男の子 世継ぎを生まれたことを皆が大変喜んだ。

そこで鶴はいつまでもフラフラしている兄のことを心配して殿様に兄に会いたいと願い出る。

今度は八五郎が屋敷に来るようにと使いが来たものだから、心配なのはまたしても大家さん。

「鶴が赤ん坊をヒリ出したのかい?そいつはめでてえ」と普段着でフラりと屋敷に行こうとする八五郎を引き止めて、湯や髪結いに行かせ、紋付袴に履物フンドシの用意まで面倒を見る。

大家:
「あとは言葉遣いだ 頭に”お” 尻尾に”奉る”を付ければなんとかなるから」
大名屋敷
屋敷に着いた八五郎だったが、場違いなことこの上ない

家臣や殿様の言っていることがわからないし、八五郎も何にでも”お”や”奉る”を付けて話すものだから あちらも何を言っているのかわからない

殿様:
「そちが何を申しておるのか 予にはわからん」

八五郎:
「へえ 自分でも何を言ってるかわからねえんで」

結局無礼講でよいということになり、酒が入るといつものガサツな振る舞いになる
酒
それを見た家臣がたしなめようとするが、その度に殿様が「無礼講じゃ」と制すると ドンドン調子に乗ってくる八五郎

殿様にも家臣にも乱暴な言葉で話しまくる。

八五郎:
「殿様と俺は兄弟分だから困ったことがあったら力になるぜ」

そのうち殿様の近くに控えている鶴に話しはじめる

八五郎:
「お袋が初孫喜んでたぜ ただ住む世界が違うと孫の顔も見られねえって…殿様鶴を大事にしてやってください…」

しんみりしたところで突然 都都逸を披露する八五郎

殿様:
「面白いやつじゃ 召抱えてつかわせ」

と八五郎武士に取り立てられる。

八五郎出世の話

町娘が殿様の目に留まることは実際あった?

将軍
士農工商 身分制度が厳しいイメージの江戸時代 いきなり町人が殿様の目に留まって…

落語や時代劇ならではのフィクションのようにも思われますが、実は以外とそういうことはあった模様です。

二代将軍 秀忠の側室で男子を産んだお静の方の父親は農民であるとも大工であるとも言われていますし

春日の局は男色傾向にあった三代将軍家光のために江戸市中に家光の気に入りそうな娘を見つけると召し出していたとのこと。

家光の四男 で五代将軍綱吉の生母(桂昌院)は元は八百屋の娘だったと言われています。

将軍家でこのような感じだったので一般の大名家では珍しい出来事ではなかったと思われます。

落語一覧へ



関連記事

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

猫の皿払った三両

落語 三方一両損のあらすじ 大岡越前守実際はどのような人物だったか?

三方一両損 左官屋の金太郎が柳原あたりで財布を拾う。なんと財布の中身は三両もの大金と書付と印行

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑