*

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

公開日: : 最終更新日:2020/05/20 人情噺, 滑稽噺 , , , ,

妾馬(めかうま)

ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。

先ほど殿様が駕籠で通りがかった際、この近辺で見かけた娘を気に入り屋敷へ奉公にあげたいというのだ。
町娘
屋敷へ奉公へ上がると言うのは殿様の側室になるということ。つまりは玉の輿で大出世。

その娘と言うのは八五郎の妹の鶴。 大家さんは八五郎の素行が悪いので心配だったが、話は進み三百両の支度金と老母への手当てが支給され屋敷に上がることに。

月日が過ぎやがて鶴はご懐妊、生まれたのが元気な男の子 世継ぎを生まれたことを皆が大変喜んだ。

そこで鶴はいつまでもフラフラしている兄のことを心配して殿様に兄に会いたいと願い出る。

今度は八五郎が屋敷に来るようにと使いが来たものだから、心配なのはまたしても大家さん。

「鶴が赤ん坊をヒリ出したのかい?そいつはめでてえ」と普段着でフラりと屋敷に行こうとする八五郎を引き止めて、湯や髪結いに行かせ、紋付袴に履物フンドシの用意まで面倒を見る。

大家:
「あとは言葉遣いだ 頭に”お” 尻尾に”奉る”を付ければなんとかなるから」
大名屋敷
屋敷に着いた八五郎だったが、場違いなことこの上ない

家臣や殿様の言っていることがわからないし、八五郎も何にでも”お”や”奉る”を付けて話すものだから あちらも何を言っているのかわからない

殿様:
「そちが何を申しておるのか 予にはわからん」

八五郎:
「へえ 自分でも何を言ってるかわからねえんで」

結局無礼講でよいということになり、酒が入るといつものガサツな振る舞いになる
酒
それを見た家臣がたしなめようとするが、その度に殿様が「無礼講じゃ」と制すると ドンドン調子に乗ってくる八五郎

殿様にも家臣にも乱暴な言葉で話しまくる。

八五郎:
「殿様と俺は兄弟分だから困ったことがあったら力になるぜ」

そのうち殿様の近くに控えている鶴に話しはじめる

八五郎:
「お袋が初孫喜んでたぜ ただ住む世界が違うと孫の顔も見られねえって…殿様鶴を大事にしてやってください…」

しんみりしたところで突然 都都逸を披露する八五郎

殿様:
「面白いやつじゃ 召抱えてつかわせ」

と八五郎武士に取り立てられる。

八五郎出世の話

町娘が殿様の目に留まることは実際あった?

将軍
士農工商 身分制度が厳しいイメージの江戸時代 いきなり町人が殿様の目に留まって…

落語や時代劇ならではのフィクションのようにも思われますが、実は以外とそういうことはあった模様です。

二代将軍 秀忠の側室で男子を産んだお静の方の父親は農民であるとも大工であるとも言われていますし

春日の局は男色傾向にあった三代将軍家光のために江戸市中に家光の気に入りそうな娘を見つけると召し出していたとのこと。

家光の四男 で五代将軍綱吉の生母(桂昌院)は元は八百屋の娘だったと言われています。

将軍家でこのような感じだったので一般の大名家では珍しい出来事ではなかったと思われます。

落語一覧へ



関連記事

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

心眼タイトル

落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる 悔しがる梅喜を励ます女房

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

長屋

落語 粗忽長屋のあらすじ 色々なランクがある長屋について

粗忽長屋 そそっかしい八五郎が浅草の観音様にお参りした帰り道 人だかりが出来ているのに出くわす

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆

→もっと見る

PAGE TOP ↑