*

落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

公開日: : 最終更新日:2020/06/08 滑稽噺 ,

味噌蔵

ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというという知らせが里から届く

では今から出立しようと用意をする旦那

ただケチな旦那は店のことが気になって仕方がない

旦那:
「万一近所で火事があった時は火が入らないよう味噌蔵の味噌で目塗りをするように

塗った味噌は捨ててはいけないよ、お前さんたちが後で食べるんだから」

こう言い残して小僧さんを連れて奥さんの実家へ行ってしまった

残った店の者たちは旦那はしばらく帰って来ないだろうと大喜び

旦那のケチ話の披露大会がはじまり、「こんな機会はめったにない。たまにはまともなものが食べたい」と番頭に相談する

この申し出に番頭も賛成

番頭:
「帳面はごまかしてやるから好きな物を食え」

刺身、天ぷら、鰻丼、味噌田楽…
刺身
食べ物の手配がすむとドンチャン騒ぎの宴会が始まってしまう

そんな折り 旦那は火事が出ないか心配になって早めに帰って来てしまう

店の近所まで来ると ドンちゃん騒ぎの声が聞こえて来るが まさかの震源地は自分の店

ドンドン
旦那帰る
旦那:
「おい開けろ なんだこの騒ぎは?」

いきなり帰ってきた旦那に現場を押さえられ大目玉を食らう店の者達

そこへタイミング悪く豆腐屋から味噌田楽が届いた

豆腐屋:
焼けてきました

表からそう言われたので火事が出たと勘違いした旦那

旦那:
「何?火事か?どこから焼けてきたんだ?

豆腐屋:
「角の豆腐屋からです」

大変だ火元が近いぞと扉を開けると、香ばしい味噌の香りが

旦那:
「しまった味噌蔵に火が入ったか

火事に備えての目塗りとは?

サゲの部分ですが、こういうパターンもあります。

豆「焼けてきました」
旦「どのくらいだ?」
豆「二,三丁です」
旦「大変だ火元が近いぞ」
(一丁 距離の単位 一丁=約109m 豆腐の数を距離と勘違い)

旦那が言いつけた目塗りですが、土蔵造りの建物は漆喰を塗り固めて出来ており、火災には強い造りでした。

しかし ねずみが齧った穴や入り口の戸の合わせ目などから火が入って焼けてしまうこともあり、そのような部分を塞ぐために土を塗りつけることを目塗りといいました。

用心土という泥を桶に用意していましたが、味噌でやって後で食べろとは驚きです^_^;

目塗りというワードは火事息子ねずみ穴にも登場します。

火事の多かった江戸の町には重要な防火対策であったことが伺えます。

落語一覧へ



関連記事

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑