*

落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

公開日: : 人情噺, 分かりにくい落ち , ,

ねずみ穴

親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金を申し込みに兄の元をおとずれる。

兄は竹次郎とは逆に親の遺産を元手に商売をはじめ、今では表通りに大店をかまえるほどの資産家だ。
大店
借金なんて格好悪いが背に腹は代えられない。世間話の後にお金の話を切り出した。

すると兄はそれならばと お金を渡してくれたがよく見るとたったの三文(現代の価値で約75円)

冗談だと思っていた竹次郎だったが、兄はどうやら大真面目な様子
ねずみ穴三文
竹次郎:
「こんなの子供の駄賃だ バカにしやがって」

兄:
「飲んだ帰りに寄りやがって、今いくら貸したって酒代に消えちまうだろう。だったら三文でじゅうぶんだ」

口論になったが結局追い返されてしまった。これで負けん気に火が付いた竹次郎はきっぱりと酒をやめ昼夜を問わず働いた。

その頑張りが功を奏し、所帯を持てるくらいに生活を再建し、10年経つ頃には兄にも負けないくらいの店と土蔵まで建てるまでになった。
鼠穴土蔵
竹次郎は あの日借りた三文に利息二両を合わせて兄に叩き返してやろうと考える。

竹次郎:
「留守にするから土蔵のねずみ穴に目塗りをしておくんだぞ。しっかり火の用心も頼むぞ」

火の用心を番頭に言いつけて兄のところへ向かう竹次郎

10年ぶりの兄との再会。竹次郎は10年前に借りた三文の話を兄に切り出す。

竹次郎:
「これはあの時の三文だ!どんな苦しい時でもこの三文を見てぐっと堪えて頑張ったんだ!今ここで利子をつけて返してやらあ」

しかし兄は穏やかな声で

兄:
「あの時 お金を貸そうとは思ったのだが、このままではいけない。おまえに生まれ変わってほしくて心を鬼にして三文を貸した。よくぞここまで頑張ったなあ…」
ねずみ穴夜
と兄の真意を聞いて恥じ入る竹次郎。久しぶりの再会ということで兄弟二人で酒を酌み交わし、気がつくともう夜中。土蔵のことが気になるから帰るという竹次郎だったが、兄が引き止める。

兄:
「万一おまえの土蔵が燃えたなら、俺の財産を全部やろう。だから今日は泊まっていけ」

そこまで言うならと泊まることになった竹次郎だったが、心配というものは当たるもので、店のある方向で大火事がおこる。
ネズミ穴火事
竹次郎:
「あれほどねずみの穴に目塗りをしておけと言ったのに…」

店も土蔵も全焼して全財産を失ってしまった竹次郎。

仕方がないので、娘の手を引いて兄のところへ借金を申し込みに行くが、全財産をやると言ったくせに「あれは俺ではなく酒が言ったことだ金は貸せない」という。

やっぱりヒドイ兄だ。途方に暮れて歩いていると、娘がこんなことを言う

娘:
「私が女郎になれば お金が借りられるでしょう。だから今から女郎屋に行きましょう」
花魁2
なんとも情けない話だが、火事ですべてを失った竹次郎にはそれしか再起する方法がない

女郎屋に行き 娘と引き換えに五十両を借りるが 帰り道にスリにやられてまた一文無しに…

もうどうしようもなくなって木に縄をつけて首を吊ろうとしていると…

兄:
「おい!どうした?悪い夢でも見ているのか」

竹次郎がうなされているのに驚いた兄に揺り起こされる。まわりを見ると兄の家で先ほどの光景は夢だったようだ。

竹次郎:
「なんだ夢だったのか…蔵のことを気にしすぎたな。

夢は土蔵(五臓)の疲れだ

オチの五臓の疲れとは?

現代では心労やストレスが重なると眠りが浅くなり 悪夢を見やすくなるといわれています。

しかし江戸時代、五臓(内臓)が疲れると悪い夢を見ると考えられていました。ではなぜ内臓が関係あるのか?

私達現代人が物事を考えるとき頭(脳)を使うというのは常識です。しかしその常識も意外と歴史が浅く 西洋医学の広まる明治期まで物事は 心臓をはじめとする臓器で考えていると解釈されていました。

つまり 心がお腹の中にあると考えられていたということです。

その名残が
心臓(心のある臓器)
腹を割って話す(本音を正直に言う)
腹黒い(悪いことを考えている)
自分の胸に聞いてみな といった言葉に残っています。

現代の常識では内蔵で考えるなんて想像もつきません 江戸時代の人にとっての頭の役割って一体…(笑)

落語一覧へ



関連記事

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

抜け雀

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

抜け雀 とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。 男は毎日酒を飲んで外に一歩も出

記事を読む

大店

落語 薮入りのあらすじ やぶいりの意味と江戸時代の休みについて

薮入り 奉公に出た息子の亀吉が久しぶりに帰ってくることになった。 三年ぶりに会える息子の

記事を読む

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩先生と一緒にいた女は誰なのか?

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑