*

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

公開日: : 最終更新日:2020/02/17 人情噺, 分かりにくい落ち , , ,

火事息子

火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。

大旦那は一人息子にそんなに危ないことはさせられないと、方々に手を回してそれを阻止したのだが、あろうことか火消し屋敷に入り込み臥煙(定火消し)になってしまった。

臥煙は伊達男ではあるがヤクザ者も多く堅気とは見なされない立場

かわいい一人息子には違いないが勘当することとなってしまった

ある年の冬、大旦那の店の近所で火事が出て店の方にも火の粉が飛んでくる。
火事
旦那は品物を預かっている蔵に火事を防ぐための目塗りがしてないことを心配する。体裁だけでも蔵の扉や窓の隙間を塗り固めておかないと質屋としての信用にかかわる。

だが目塗りを言い付けられた番頭は高いところが大の苦手。下で土をこねて上にいる番頭に放り投げるが、目塗どころか辺り一面が泥まみれに。
屋根
なかなか作業がはかどらず、困っていることろへ屋根から屋根を飛んでさっそうと火消し職人が駆け付けた。

火消は番頭の帯をといて壁の折れ釘にひっかける。これで両手が使えるようになり、火消しの段取りで目塗も無事に終えることが出来た。

やがて風向きが変わり、火事騒ぎはひと段落で旦那ほっとした様子。

番頭:
「旦那様、先ほどの火消しの方を引き留めてございます」
旦那:
「それはよく気が付いてくれた。おまえは地面にいると役に立つねえ」
番頭:
「ただあちらが旦那様にお会いするのが面目ないそうで」

旦那が火消しに会ってみると、冬なのに法被一枚、全身に彫物が入れてある。どう見ても町火消しの所属ではなく臥煙だということがわかる。
火消し
火消しの正体は勘当した若旦那だったのだ。旦那は若旦那との再会に嬉しさもあったが厳しい態度を崩さない。他人行儀に挨拶をする。

旦那:
「あなた様のおかげで大事な蔵を守ることができました。ありがとう存じます」
若旦那:
「こんなこと言えた義理ではありませんが、出火元が近く思わず飛んで参りました。旦那様におかわりないようでお慶び申し上げます」

母親は若旦那の冬なのに法被一枚の姿を見て、着物をやりたいと言うが、旦那は勘当した意地があるから素直な態度で接することが出来ない。

旦那:
「着物なんかその辺に捨ててしまいなさい。誰が拾ったって文句なんてないから」
母親:
「じゃあ小遣いも50両ほど、それから黒紋付も捨てましょう」
旦那:
「そんなもの捨ててどうするんだい」
母親:
「火事のおかげで会えましたから、火元にお礼にやりましょう

江戸時代の町火消しと定火消しについて

まずサゲについてですが、火事があると通常 火元や周辺の家に火事見舞いに伺います。火事のおかげで息子と再会できたのでそこへ黒紋付を着せてお礼に行かせましょうというのがおかしなところ。少しブラックな落ちでしょうか(笑)

江戸時代 火消しとはいうものの水を使った消火活動よりも主に行われていたのは火元付近の建物を壊して延焼を防ぐ破壊活動でした。

建物を壊すということで町火消しには鳶の頭や大工を中心に一般の町人が参加していました。対して定火消しは旗本が中心、火事のない時は博打をしたり押し売りをしたりアウトローなイメージの強いもので一般の人たちには敬遠される存在でした。

若旦那が町火消しになることを許せば商売をしながら、火事が起これば消火活動ができたので勘当という事態にはならなかったものと思われます。

蔵の目塗りについて

金蔵
噺の中に出てくる目塗とは土蔵の窓や扉につちの塊を塗って内部に火が回らないようにする防火活動。商品を多く扱う大店や他人の品物を預る質屋などで行われました。

江戸時代 庶民の住んでいる長屋は木や紙で出来ていて燃えやすいのに対し、蔵は土壁で出来ていたため、耐火性能は優れていた方だとは考えられますが、風雨によるひび割れやネズミによる破損等定期的な修繕が欠かせませんでした。

長屋に住む庶民の家にはほとんど物がなく、布団や着物などを季節ごとに質屋から受け出す者もいたため、質屋の蔵が燃えるようなことがあれば面目は丸潰れ。重要な作業だったと言えます。

落語一覧へ

関連記事

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

唐茄子

落語 唐茄子屋政談のあらすじ 江戸時代の勘当とは

唐茄子屋政談 道楽三昧の挙句、とうとう大旦那から勘当を言い渡された若旦那。 家を出た若旦

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

心眼タイトル

落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる 悔しがる梅喜を励ます女房

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑