*

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 人情噺, 滑稽噺 , , ,

千両みかん

大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった

日に日に衰えていき、食べ物も喉を通らないほど
布団
心配した大旦那が「食べたいものはないか」と聞くと若旦那は「蜜柑が食べたい」という

今はみかんの手に入る季節ではなく、困り果てた大旦那だったが、忠義者の番頭が

番頭:
「私が探してきましょう」

と名乗り出る

夏の真っ盛りにみかんを探して江戸中を東奔西走する番頭だったが、季節が季節だけに簡単には見つからない
みかん
ふらふらになりながら見つけた手がかりが、神田の果物問屋万惣の名前

番頭は藁にもすがる思いで神田万惣をたずね主人にわけを話す

話を聞いた主人、みかん蔵を開け店の者を大勢動員してすべてのみかん箱を外に運び出す
みかん蔵
あの箱もだめ、この箱もだめと次々と食べられるみかんを探すが、どのみかんも暑さで腐っている

ようやく一つだけ無事なみかんを見つけた。

喜んだ番頭は一両差し出しみかんをもとめたが、なんとそのみかんの代金は千両

急いで店に帰り大旦那に相談したところ

大旦那:
「息子の命が千両なら安い」
千両箱
ということで千両箱をもって再び万惣へ。買い取った千両のみかんを大事に持ち帰り、さっそく寝込んでいる若旦那のところへ

皮をむいてみるとみかんはちょうど十房ある

若旦那:
「こんなにおいしいみかんが食べられるなんて」

と少し元気を取り戻した若旦那の横で、みかんが一房食べられるたびに百両、二百両と勘定する番頭

若旦那:
「せっかく番頭が苦労して手に入れてくれたみかんです。両親と番頭で残り三房は分けてください」

三房のみかんを手渡された番頭
みかん房
番頭:
「三房…これで三百両…」

番頭は残りのみかんを持っていずこへと逃げてしまった。

みかんの相場と千両という金額について

高いみかんと聞くと思い浮かぶのが紀伊国屋文左衛門が紀州から命がけでみかんを江戸へ運んだ伝説

これは元禄時代のみかん相場を考慮すると実話ではなく伝説だということです。

当時のみかん船は小さく700籠くらいしか積載できず、1籠半で一両が最高値

船や船頭に手間賃を払うと手元にはそれほど残らず、みかんでは現在伝えられている破天荒な散財のエピソードが実現できるほどの儲けはなかったと考えられます。

千両役者という言葉もありましたし、日本橋の魚河岸は一日に千両のお金が動くといわれるほど、千両は大金で現代で言うと一億円くらいの価値がありました。

三百両というと三千万円…番頭の地位を捨ててドロンしてまで割に合うのかは疑問です

ちなみに十両盗めば首が飛ぶ時代ですから番頭の未来に幸あれといったところです(笑)

噺に登場する果物問屋万惣

噺に登場する万惣 弘化二年(1845年)創業当時は果物問屋でした。現在は小売店となっていますが、神田須田町に実在する老舗です。

今はまわりはビルが建ち並んでいますが、当時は青果市場が近く問屋が軒を連ねていました。

落語一覧へ




関連記事

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

唐茄子

落語 唐茄子屋政談のあらすじ 江戸時代の勘当とは

唐茄子屋政談 道楽三昧の挙句、とうとう大旦那から勘当を言い渡された若旦那。 家を出た若旦

記事を読む

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑