*

落語 三方一両損のあらすじ 大岡越前守実際はどのような人物だったか?

公開日: : 最終更新日:2019/07/09 人情噺 , ,

三方一両損

左官屋の金太郎が柳原あたりで財布を拾う。なんと財布の中身は三両もの大金と書付と印行

金太郎は書付の住所を頼りに大工の熊五郎の長屋へ財布を届けることにする。
長屋
熊五郎の長屋に着き財布を届けにきた旨を伝えたが頑固者なようで

熊五郎:
「書付と印行はおまえが持ってても役に立たねえからもらっとくが、銭は一度俺の元から離れたもんだ。そんなもん持って帰れってんだ」

そんなことを言われて引き下がっては江戸っ子の看板に傷が付くと金太郎が言い返す

金太郎:
「ふざけんな 俺は財布を届けに来ただけだ。人の銭とわかってて持って帰れるかってんだ」

と売り言葉に買い言葉で殴り合いの大喧嘩になってしまう

大家さんが飛んできて仲裁するが、結局どちらも引かず一向に埒があかない

そこで大家の計らいで両者奉行所で裁定を受けることとなった。お白州に登場したのは名奉行大岡越前守
奉行
大岡越前守:
「願い人、付添い人一同、控えておるか」

奉行は双方の言い分を聞くが、金太郎と熊五郎は奉行の前でもお互いの意地を張り通している。二人の欲のなさと正直な気持ちに感心した奉行はこのように提案する。

大岡越前守:
「両人とも天晴れな正直者ゆえ褒美を取らす。ここに一両あるので件の三両に加えて四両とする。その四両を二人で半分に分けて二両ずつ取るがいい」
小判
二人は不思議そうな顔をするが奉行は続ける

大岡越前守:
「熊五郎は素直に返してもらっておけば三両のところ二両しか戻らず一両の損、金太郎も素直に受け取っておけば三両もらえるはずが二両で一両の損、そしてこの大岡も一両の損。これで三方一両の損ということで丸く収めんか?」

奉行の見事な裁きに納得して頭を下げる二人

その後奉行から膳をふるまわれる

熊、金:
「こんなうまいものが食えるならちょいちょい喧嘩してここにくるか」

大岡:
「これこれ二人ともあんまり食し過ぎるでないぞ」

熊、金:
「ご心配には及びません。多くは(大岡)食わねえ。たったの一膳(越前)

大岡裁きの実際について

大岡越前守忠相は実在の人物ですが、落語や講談に登場する大岡裁きは中国の「包公安」や「棠陰比事」という判例集が元になっているといわれます。(大半はフィクション)

大岡裁きの名奉行として有名ですが、役人としても有能で小石川療養所や町火消しの設立になど庶民の生活のために尽力したといえます。

また大変に清廉潔白な人物で自分の部下が賄賂を受け取った際、これを処罰し、自分の責任だと老中に謹慎を願い出てますます名声を高めています。

このようなことから大岡越前は庶民から大変人気があり、伝わる話にも尾ひれがついて今日の大岡越前像が出来上がったものと考えられます。

落語一覧へ



関連記事

大店

落語 薮入りのあらすじ 薮入りの意味と江戸時代の休みについて

薮入り 奉公に出た息子の亀吉が久しぶりに帰ってくることになった。 三年ぶりに会える息子の

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

玄翁

落語 子は鎹(かすがい)のあらすじ かすがいとは?タッカーとの違い

子はかすがい 遊女に入れあげた挙句 女房と大喧嘩をしてしまった大工の熊五郎。愛想を尽かせた女房のお

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

抜け雀

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

抜け雀 とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。 男は毎日酒を飲んで外に一歩も出

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑