*

落語 三方一両損のあらすじ 大岡越前守実際はどのような人物だったか?

公開日: : 最終更新日:2019/07/09 人情噺 , ,

三方一両損

左官屋の金太郎が柳原あたりで財布を拾う。なんと財布の中身は三両もの大金と書付と印行

金太郎は書付の住所を頼りに大工の熊五郎の長屋へ財布を届けることにする。
長屋
熊五郎の長屋に着き財布を届けにきた旨を伝えたが頑固者なようで

熊五郎:
「書付と印行はおまえが持ってても役に立たねえからもらっとくが、銭は一度俺の元から離れたもんだ。そんなもん持って帰れってんだ」

そんなことを言われて引き下がっては江戸っ子の看板に傷が付くと金太郎が言い返す

金太郎:
「ふざけんな 俺は財布を届けに来ただけだ。人の銭とわかってて持って帰れるかってんだ」

と売り言葉に買い言葉で殴り合いの大喧嘩になってしまう

大家さんが飛んできて仲裁するが、結局どちらも引かず一向に埒があかない

そこで大家の計らいで両者奉行所で裁定を受けることとなった。お白州に登場したのは名奉行大岡越前守
奉行
大岡越前守:
「願い人、付添い人一同、控えておるか」

奉行は双方の言い分を聞くが、金太郎と熊五郎は奉行の前でもお互いの意地を張り通している。二人の欲のなさと正直な気持ちに感心した奉行はこのように提案する。

大岡越前守:
「両人とも天晴れな正直者ゆえ褒美を取らす。ここに一両あるので件の三両に加えて四両とする。その四両を二人で半分に分けて二両ずつ取るがいい」
小判
二人は不思議そうな顔をするが奉行は続ける

大岡越前守:
「熊五郎は素直に返してもらっておけば三両のところ二両しか戻らず一両の損、金太郎も素直に受け取っておけば三両もらえるはずが二両で一両の損、そしてこの大岡も一両の損。これで三方一両の損ということで丸く収めんか?」

奉行の見事な裁きに納得して頭を下げる二人

その後奉行から膳をふるまわれる

熊、金:
「こんなうまいものが食えるならちょいちょい喧嘩してここにくるか」

大岡:
「これこれ二人ともあんまり食し過ぎるでないぞ」

熊、金:
「ご心配には及びません。多くは(大岡)食わねえ。たったの一膳(越前)

大岡裁きの実際について

大岡越前守忠相は実在の人物ですが、落語や講談に登場する大岡裁きは中国の「包公安」や「棠陰比事」という判例集が元になっているといわれます。(大半はフィクション)

大岡裁きの名奉行として有名ですが、役人としても有能で小石川療養所や町火消しの設立になど庶民の生活のために尽力したといえます。

また大変に清廉潔白な人物で自分の部下が賄賂を受け取った際、これを処罰し、自分の責任だと老中に謹慎を願い出てますます名声を高めています。

このようなことから大岡越前は庶民から大変人気があり、伝わる話にも尾ひれがついて今日の大岡越前像が出来上がったものと考えられます。

落語一覧へ



関連記事

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

柳田かくのしん

落語 柳田格之進(やなぎだかくのしん)のあらすじ 庶民の娯楽だった囲碁

柳田格之進 万屋の主人に招かれて碁を囲む浪人の柳田格之進 そこへ店の番頭が50両の集金を終え

記事を読む

大店

落語 薮入りのあらすじ 江戸時代の休みについて

薮入り 奉公に出た息子の亀吉が久しぶりに帰ってくることになった。 三年ぶりに会える息子の

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

心眼タイトル

落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる 悔しがる梅喜を励ます女房

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑