*

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

公開日: : 最終更新日:2020/01/27 人情噺, 分かりにくい落ち , ,

抜け雀

とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。

男は毎日酒を飲んで外に一歩も出ない。さすがに怪しいと心配する宿屋の女将さんにせかされて、宿屋の主人が勘定の催促をしにいく。

すると男の正体は一文無しの絵師だとわかる。

男は「自分は絵師だから宿代の代わり」にと、衝立に五羽の雀の絵を描き「必ず戻るから誰にも売るなよ」と言い残して去っていく。

翌朝になって驚いた。戸を開けると、描かれた雀達が衝立から飛び出してエサを食べて戻ってくる。
抜け雀
これを機に店は「雀のお宿」と呼ばれ大繁盛、この衝立には1000両もの値がついたが、約束があるから売るわけにはいかない。

そこへある日現れた老人が

老人:
「このままでは雀たちはそのうち落ちて死ぬから、休むところを描いてやろう」
と言ってその絵の上に止まり木と鳥かごを描いて去っていった。

すると雀たちは飛び出してエサを食べて帰ってくると、鳥かごの中に入って休むようになり、これまた大評判。

おかげで雀は元気だし、衝立にも2000両の値が付いて、売ってくれ売ってくれと方々から声がかかり
抜け雀の千両箱
ついにお殿様の大久保某の耳にも入り、是非にとお願いされたが「約束だから」と主人はそれらをすべて断った。

ある日 宿に立派な身なりの男が現れた。よく見るとそれは衝立に雀を描いた絵師の男。約束通り戻ってきたのだ。

主人は老人が衝立に止まり木と鳥かごを描いたことを話すと男は慌てて二階へ。そして衝立を見るなりひれ伏して

絵師:
「これを描いたのは父だ。親不孝をお許しください…」
と泣き出した

主人:
「とんでもない親子二代で名人だ。あなたは立派な孝行息子ですよ」
絵師:
「主人、絵を見てください。大事な親をかご描きにしてしまった…

駕籠かきという職業について

駕籠かき
親を駕籠かきにしてしまった…のサゲ 駕籠かきと親不孝の関係について

宿場や旅籠で客を待っている駕籠かきは重労働な上に少々嫌われる職業でした。

駕籠かきの多くはアウトローな人たちで、強引な客引きや目的地に着く途中で運賃の他に法外な酒手(チップ)を要求したりしたためです。

親をそのような駕籠かきにしてしまったとなると親不孝ものだ…というダジャレオチということになります。
※自分の腕が未熟なため親に作品を手なおしさせたという解釈もできそうです。

江戸時代 駕籠かきに限らず、人や物の運搬全般に関わる人夫を俗に雲助と呼び、由来は「浮雲のようにあちこちをさまよっていたから」とか「蜘蛛が巣を張るように客を待ち構えていたから」などと言われます。

現代でも使われる「足元を見る」の語源は雲助たちが旅人の足元を見て疲れ具合を判断し、高額な運搬料をふっかけたところから来ています。

ちなみにイラストのように、閉めることの出来る籠はお金のある人が乗る高級なタイプで、宿場で流しで客を乗せていた駕籠かきの籠は周りから丸見えで乗り心地もイマイチだったようです。

落語一覧へ



関連記事

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

大店

落語 薮入りのあらすじ 江戸時代の休みについて

薮入り 奉公に出た息子の亀吉が久しぶりに帰ってくることになった。 三年ぶりに会える息子の

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

心眼タイトル

落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる 悔しがる梅喜を励ます女房

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑