*

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 人情噺, 滑稽噺 , ,

崇徳院

大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。

病気以外に何か理由がありそうだが、誰にも話さないから手の打ちようもない。
布団
だが幼馴染の熊五郎になら理由を話してもいいということになった。
熊さんがよくよく確かめてみれば原因は恋煩い。

二十日ほど前に上野でお参りした後、茶屋で品のいいお嬢さんの茶袱紗を拾ってあげたという

すると目の前に短冊が落ちた。そこには百人一首のある歌が書かれており、お嬢さんは上の句だけが書かれた短冊を若旦那にそっと渡し去っていった。
短冊
若旦那:
「”背をはやみ 岩にせかるる 滝川の”…と上の句が書いてありまして…」

熊さんにはさっぱり意味がわからないが、続く下の句が「割れても末に あはむとぞ思ふ」今は別れてもいつかは一緒になりたい夫婦になりましょうという意味だと若旦那は言う。

若旦那:
「熊さんお嬢さんを探してきてくれませんか もう二十日も何も喉を通らないのです…」

熊:
「馬鹿言っちゃいけねえ そんな手がかりじゃあ」

若旦那が寝込んだ原因を大旦那に話すと

もしもそのお嬢さんを探してきてくれたら、熊さんが住んでいる長屋を丸ごとやるという約束を大旦那と交わす熊さん。




町中を東奔西走するが、どこの誰ともわからない。なんせ手がかりが崇徳院の歌だけ。

女房の助言で湯屋や床屋など人の集まるところに行っては「瀬をはやみ~」と大声を出してみるがなかなか見つからない。

もうだめかとクタクタで入った床屋で恋煩いのお嬢さんのために、どこかの若旦那を探していると言う男にたまたま出会う。

男の話によると「瀬をはやみ~」の歌だけが頼りだと言う

熊:
「それは俺が探しているお嬢さんだ!連れて行ってくれ!」

男:
「俺が探しているのもおまえさんとこの若旦那だ!」

お互いご褒美がかかっているから必死の形相で自分の雇い主の所へ相手を連れて行こうとする。

とうとう揉み合っているうちに床屋の鏡を割ってしまい、文句をいう床屋の店主に対し熊さんが
割れた鏡
熊:
なあに心配するな、割れても末に買わんとぞ思う

江戸時代の結婚相手探し

崇徳院のラストはお互いの居場所もわかり、両親も公認ということでこの後はハッピーエンドであることが予想されます。
ただこのように恋愛結婚ということは一般的ではなかったようです。

ある程度の規模のある商店の若旦那やお嬢さんの場合、芝居小屋の桟敷席をお互いに取り仕草や立ち振る舞いを確かめたり、花見の席などで偶然を装って当人同士を引き合わせたりしたそうです。

長屋の町人の場合、たらちねのように大家さんや世話好きのおばさんの紹介で結婚相手を見つけたりすることがよくあったそうです。

武士も下級の家は嫁入りの持参金目当てに裕福な町人の家の娘を迎えることもあったといいます。
町人も娘を武士に嫁がせたとあれば箔が付きますし、武士も家計が助かるメリットがありました。
※上級武士の家だと政略的な意味もあってこのようにはいきません。

江戸の町は初期は男性の比率が高く、生涯未婚ということも珍しくなかったのではないでしょうか。

落語一覧へ



関連記事

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

唐茄子

落語 唐茄子屋政談のあらすじ 江戸時代の勘当とは

唐茄子屋政談 道楽三昧の挙句、とうとう大旦那から勘当を言い渡された若旦那。 家を出た若旦

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆

→もっと見る

PAGE TOP ↑