*

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

公開日: : 最終更新日:2019/06/21 滑稽噺 ,

紀州(きしゅう)

七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。

跡継ぎがいないため、八代目の将軍は御三家のうち尾張か紀州の徳川家から迎えることとなった。

将軍が決まるという朝、尾張の尾州公が籠で江戸城に向かう途中、鍛冶屋の前を通ると刀を打つ音がする。

トンテンカン、トンテンカン

野心的な尾州公にはこの音が

テンカトル、テンカトル(天下取る)

と聞こえてきた。
刀
尾宗公:
「これは吉兆。次の将軍の座は余のものだな」
と上機嫌で登城する。

大広間 尾州公、紀州公揃ったところで老中が尾州公の前へ進み出て

老中:
「天下万民のため任官あってしかるべし」

八代将軍に就任するよう求められたが、あまりあっさり引き受けてしまうと、ありがたさがないと思い一度は断ることにした尾州公

尾宗公:
「余は徳薄くして任にあたわず」

すると老中は
老中「承知つかまつりましてございます」

とあっさりあきらめて引き下がってしまう
次に老中は紀州公の前へ

紀州公は

紀州公:
「天下万民のためならば」
と快諾し八代将軍は紀州公にめでたく決まってしまった

がっかりして帰る途中、再び鍛冶屋の前で刀を打つ音は相変わらず

テンカトル、テンカトルと聞こえるが

やがて鍛冶屋が真っ赤になった刀身を水の中へ入れると

キシュー(紀州)

御三家と八代将軍継承について

七代将軍徳川家継が夭逝してしまい、家康から続いてきた徳川宗家の血筋が途絶えてしまいます。

こういう事態に備えて、尾張、紀伊、水戸の三藩に御三家が控えとして創設されています。

この噺に登場するのは尾宗公=尾張の徳川継友 紀州公=紀伊の徳川吉宗ですが、水戸の徳川綱条(つなえだ)も候補に挙がっていました。

吉宗の母親は農民の出身で、血筋的には尾張の継友、年齢では水戸の綱条でした。

しかし紀州の藩主として12年の経験、藩の財政を黒字化した実績と6代将軍家宣の正室 天英院の後押しで八代将軍に抜擢されたと言われています。

噺と異なる点は、徳川実紀によると吉宗は「本家、老臣の公議に従う」と一度退きますが、幕臣一同の意見が一致していると告げられると任を受けたということです。

落語一覧へ



関連記事

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

骨董

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

金明竹 甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をやら

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑