*

落語 天狗裁きあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 怪談噺, 滑稽噺 , , , ,

天狗裁き

亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

おみつはどんな夢を見ているのかが気になって仕方がない。

みつ:
「ちょっとおまえさん起きとくれ。今どんな夢をみてたんだい」
熊:
「夢?夢なんて見ちゃいねえよ」
みつ:
「そんな、わたしにも言えない夢なのかい?くやしい~」
熊:
「見てねえものは見てねえよ!」

夫婦喧嘩の声を聞きつけて隣に住んでいる大工の八五郎が飛んできた
わけを聞くと
大工
八:
「何?夢の話なんかでけんかしてんのか?くだらねえ」

といいつつも

八:
「おい熊 どんな夢を見たんだ?親友の俺になら言えるだろ?」
熊:
「だから夢なんて見てねえんだって!」
八:
「なんだとこの野郎!俺にも言えねえっていうのかよ!」

今度は八五郎とけんかになる。

そのけんかの声を聞きつけて 長屋の大家さんが飛んでくる

大家:
「二人ともよしなさい。夢の話で喧嘩だなんてみっともない」

熊:
「まったくですよ」
大家:
「で?どんな夢を見たんだい?大家といえば親も同然 私になら話してもいいだろう?」

熊:
「だから夢なんて見てないっていってるでしょ」
大家:
「大家の私にも言えないなんて!きっととんでもない夢を見たんだな。おまえのようなやつは長屋から出て行きなさい」

熊:
「そんなめちゃくちゃな お奉行様に判断してもらいましょう」
奉行
奉行所にて

奉行:
「なに?原因は夢の話とな?そのような理由で長屋を追い出すとは!出て行くには及ばん。吟味するまでもない」

ほっとする熊

奉行:
「熊そちはこの後残るように」
熊:
「お奉行様なんでございましょう?」
奉行:
「してそちはどのような夢を見たのだ?奉行の私になら話せるであろう?」

熊:
「だから見てないんですって」
奉行:
「なんだと!奉行の私にも言えんとは。こやつを松の木の上に括りつけておけ!」
松の木
松の木の上に括りつけられて途方に暮れる熊だったが
なんと天狗が飛んできて縄を解いてくれた

天狗:
「人間ではないわしになら話せるだろう?どんな夢を見たんだ?」
熊:
「ひ、ひえ~夢なんてなんにも見てません!!」
天狗:
「なんだと!引き裂いてくれるわ!」
熊:
「ああ~」

っと悲鳴を上げたところで目が覚めた

みつ:
「うなされてたねえ。どんな夢を見てたんだい?

落語一覧へ




関連記事

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑