*

落語 天狗裁きあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 怪談噺, 滑稽噺 , , , ,

天狗裁き

亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

おみつはどんな夢を見ているのかが気になって仕方がない。

みつ:
「ちょっとおまえさん起きとくれ。今どんな夢をみてたんだい」
熊:
「夢?夢なんて見ちゃいねえよ」
みつ:
「そんな、わたしにも言えない夢なのかい?くやしい~」
熊:
「見てねえものは見てねえよ!」

夫婦喧嘩の声を聞きつけて隣に住んでいる大工の八五郎が飛んできた
わけを聞くと
大工
八:
「何?夢の話なんかでけんかしてんのか?くだらねえ」

といいつつも

八:
「おい熊 どんな夢を見たんだ?親友の俺になら言えるだろ?」
熊:
「だから夢なんて見てねえんだって!」
八:
「なんだとこの野郎!俺にも言えねえっていうのかよ!」

今度は八五郎とけんかになる。

そのけんかの声を聞きつけて 長屋の大家さんが飛んでくる

大家:
「二人ともよしなさい。夢の話で喧嘩だなんてみっともない」

熊:
「まったくですよ」
大家:
「で?どんな夢を見たんだい?大家といえば親も同然 私になら話してもいいだろう?」

熊:
「だから夢なんて見てないっていってるでしょ」
大家:
「大家の私にも言えないなんて!きっととんでもない夢を見たんだな。おまえのようなやつは長屋から出て行きなさい」

熊:
「そんなめちゃくちゃな お奉行様に判断してもらいましょう」
奉行
奉行所にて

奉行:
「なに?原因は夢の話とな?そのような理由で長屋を追い出すとは!出て行くには及ばん。吟味するまでもない」

ほっとする熊

奉行:
「熊そちはこの後残るように」
熊:
「お奉行様なんでございましょう?」
奉行:
「してそちはどのような夢を見たのだ?奉行の私になら話せるであろう?」

熊:
「だから見てないんですって」
奉行:
「なんだと!奉行の私にも言えんとは。こやつを松の木の上に括りつけておけ!」
松の木
松の木の上に括りつけられて途方に暮れる熊だったが
なんと天狗が飛んできて縄を解いてくれた

天狗:
「人間ではないわしになら話せるだろう?どんな夢を見たんだ?」
熊:
「ひ、ひえ~夢なんてなんにも見てません!!」
天狗:
「なんだと!引き裂いてくれるわ!」
熊:
「ああ~」

っと悲鳴を上げたところで目が覚めた

みつ:
「うなされてたねえ。どんな夢を見てたんだい?

落語一覧へ




関連記事

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

骨董

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

金明竹 甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をやら

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

夜

落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

首提灯 深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている 男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑