*

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

公開日: : 最終更新日:2019/09/19 滑稽噺 , , ,

本膳

長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く
誰もまともに字が読めないものだから「これはひょっとすると長屋を追い出されるのでは?」と大騒ぎ
本膳長屋の男
みんなで夜逃げでもしようかと相談していると、ひとり笑顔で与太郎がやってくる

この大変な時にのんきな野郎だと訝しがるが、どうやら与太郎は手紙の内容がわかっている様子

与太郎のところにも手紙は来たが、字が読めないので横町の先生に読んでもらったという
手紙
肝心の手紙の内容は 大家さんのところでお祝い事があったから、明日の晩に長屋のみんなを招いて本膳料理をごちそうしてくれるとのこと

男たちは「夜逃げをしなくていい」と安心したのも束の間、本膳料理とはすばらしい料理だと聞いたことはあるが、誰一人として頂く礼儀作法が分からない

そこで横町の先生に礼儀作法を教えてもらおうとみんなで押し掛ける

先生:
「教えるのはいいのだが、明日の晩の話。礼儀作法とは一朝一夕で身に付くものではない。私も招かれているからみんな私の真似するといい」

先生の真似をすればいいだけなら簡単だと喜ぶ長屋の男たち
本膳夜
さて次の日の晩、招かれた男たちの前に並べられた本膳料理。見た目も美しくおいしそうだ

与太郎:
「じゃあさっそくこの芋からいただこうかな…」

兄貴分:
「こらっ先生より先に食うんじゃない!」

怒られる与太郎を横目に先生の動きを注視する男たち

先生がお箸をとるとみんなが続いてお箸を取る

先生がお椀の蓋を取るとみんな続いてお椀の蓋を取る
本膳お椀
先生がくしゃみをするとみんなが続いてくしゃみをする

先生:
「そんなことまで真似しなくていい」

先生がオッホンと咳をするとそれも礼儀作法だと思って真似をする男たち

先生の塗り箸がすべってしまい、料理を畳に落とすとみんなも落とす

先生:
「こら いいかげんにしないか」

先生が隣の男の脇をひじで小突くと、突かれた男はそのまた隣の男を小突くそれがどんどん隣へ流れていく

最後に小突かれた与太郎の隣には誰もいないので

与太郎:
「先生 私は誰を小突けばいいんで?

会席料理と混同しやすい本膳料理

本膳料理とは本来 将軍や大名をもてなすために供される料理のこと。五の膳まであり、三汁七菜や三汁十七菜などで出される豪華な料理。さすがにお祝い事といっても長屋の男たちに出す料理ではないでしょう。

噺の中で出てきたのは正確に言うと会席料理ではないでしょうか。(略式の本膳料理と言えそうですが)
会席料理は一汁三菜を基本とする料理。前菜、煮物、焼き物などがコース料理のように出てきます。俳諧の席の最後にだされた軽い食事が始まりです。

同じ「かいせき」でも懐石料理は禅寺の習慣が起源で、茶道のお茶会で出されるようになった少量でも旬のものをふるまう料理。こちらは料理をもてなす側にもタイミングなどの作法があり慣れないと大変だったといいます。

落語一覧へ




関連記事

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑