*

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 滑稽噺 , ,

だくだく

裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。

これでは格好がつかないということで、同じ長屋に住む絵の先生に家財道具の絵を描いてもらおうと思いつく。

これから近所付き合いも始まるしお近づきにということで、先生は快くに引き受けてくれた。

先生が絵を描き始めると八五郎がそばでいちいち細かい注文を出す。

八五郎:
「そこに箪笥を描いてください。火鉢の上に鉄瓶をお願いします。湯が沸いてるから湯気を忘れないでくださいよ。
箪笥
それから景気付けにたくさん小判の入った金庫もあそこに頼みますよ。閉じてたらわからないから扉は半開きで 中の小判は見えるような体がいいですね。」

とにかく細かい所に気が回る。

八五郎:
「いやあたくさん描いてもらったなあではお礼はあの金庫の中にある小判でお支払いしますから、どうぞお好きなだけ持って帰って下さい」
先生:
「あれは私が描いたものだよ。お礼なんかはいいから また困ったことがあったら言ってきなさい」

その夜のこと八五郎の家に泥棒が忍び込んだ。
夜
家に入った泥棒はびっくり 火鉢に火は掛けっ放し、金庫は開けっ放し…

しかし無用心な家は泥棒にとっては好都合さっそく仕事にとりかかろうとするが、箪笥は引き出しが開かない。金庫の小判も取ることができない

そこで泥棒は気がついた

泥棒:
「何だこれはみんな絵じゃないか。何もない家だと格好がつかないから絵を描いてあるつもりでいるんだな俺も盗んだつもりになってやろう」

引き出しの取っ手に手をかけるしぐさをして
小判
泥棒:
「風呂敷の中に箪笥から出した着物を入れたつもり、小判をどっさり頂いたつもり…」

とやっていると八五郎が目を覚ました。泥棒のコソコソした話声を聞いていると、泥棒が盗みをはたらいたつもりになって今まさに逃げ出すつもりになっていることに気がついた。

八五郎:
「よしだったら俺もつもりで泥棒を退治してやろうじゃないか 布団をはねのけたつもり」

八五郎が目覚めたことに気がついた泥棒はつもりの掛け合いに備えて身構えた

八五郎:
「長押(なげし)にかかった槍を構えたつもり。泥棒の脇腹目がけてエイっと刺したつもり」
槍
とやると泥棒もそれにこたえて

泥棒:
「いててとつかれたつもり」
八五郎:
「グイっとえぐったつもり」
泥棒:
「脇腹からダクダクって血が出たつもり

江戸時代の窃盗の刑罰について

泥棒が留守宅へ入っただけでも、重敲(じゅうたたき 鞭で打たれる)と刺青の刑となります。
江戸時代の刑罰は現代と比べようがないくらい厳しいものでした。

以前10両以上盗んだら死罪ということは紹介しましたが、戸締りがしてあったり住人がいる家に押し入ったりすれば、盗んだかどうかは問題ではなく死罪に処せられました。

犯した罪によって同じ死刑でも斬首プラスさまざまなオプションがあり、市中引き廻し、首だけ出して土に埋める
磔(はりつけ)等 見せしめ的要素もあり、それが犯罪の抑止力になったのではないかと思われます。

落語一覧へ



関連記事

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働きづめにさせるせいで 紹介され

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑