*

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 滑稽噺 , ,

だくだく

裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。

これでは格好がつかないということで、同じ長屋に住む絵の先生に家財道具の絵を描いてもらおうと思いつく。

これから近所付き合いも始まるしお近づきにということで、先生は快くに引き受けてくれた。

先生が絵を描き始めると八五郎がそばでいちいち細かい注文を出す。

八五郎:
「そこに箪笥を描いてください。火鉢の上に鉄瓶をお願いします。湯が沸いてるから湯気を忘れないでくださいよ。
箪笥
それから景気付けにたくさん小判の入った金庫もあそこに頼みますよ。閉じてたらわからないから扉は半開きで 中の小判は見えるような体がいいですね。」

とにかく細かい所に気が回る。

八五郎:
「いやあたくさん描いてもらったなあではお礼はあの金庫の中にある小判でお支払いしますから、どうぞお好きなだけ持って帰って下さい」
先生:
「あれは私が描いたものだよ。お礼なんかはいいから また困ったことがあったら言ってきなさい」

その夜のこと八五郎の家に泥棒が忍び込んだ。
夜
家に入った泥棒はびっくり 火鉢に火は掛けっ放し、金庫は開けっ放し…

しかし無用心な家は泥棒にとっては好都合さっそく仕事にとりかかろうとするが、箪笥は引き出しが開かない。金庫の小判も取ることができない

そこで泥棒は気がついた

泥棒:
「何だこれはみんな絵じゃないか。何もない家だと格好がつかないから絵を描いてあるつもりでいるんだな俺も盗んだつもりになってやろう」

引き出しの取っ手に手をかけるしぐさをして
小判
泥棒:
「風呂敷の中に箪笥から出した着物を入れたつもり、小判をどっさり頂いたつもり…」

とやっていると八五郎が目を覚ました。泥棒のコソコソした話声を聞いていると、泥棒が盗みをはたらいたつもりになって今まさに逃げ出すつもりになっていることに気がついた。

八五郎:
「よしだったら俺もつもりで泥棒を退治してやろうじゃないか 布団をはねのけたつもり」

八五郎が目覚めたことに気がついた泥棒はつもりの掛け合いに備えて身構えた

八五郎:
「長押(なげし)にかかった槍を構えたつもり。泥棒の脇腹目がけてエイっと刺したつもり」
槍
とやると泥棒もそれにこたえて

泥棒:
「いててとつかれたつもり」
八五郎:
「グイっとえぐったつもり」
泥棒:
「脇腹からダクダクって血が出たつもり

江戸時代の窃盗の刑罰について

泥棒が留守宅へ入っただけでも、重敲(じゅうたたき 鞭で打たれる)と刺青の刑となります。
江戸時代の刑罰は現代と比べようがないくらい厳しいものでした。

以前10両以上盗んだら死罪ということは紹介しましたが、戸締りがしてあったり住人がいる家に押し入ったりすれば、盗んだかどうかは問題ではなく死罪に処せられました。

犯した罪によって同じ死刑でも斬首プラスさまざまなオプションがあり、市中引き廻し、首だけ出して土に埋める
磔(はりつけ)等 見せしめ的要素もあり、それが犯罪の抑止力になったのではないかと思われます。

落語一覧へ



関連記事

長屋

落語 粗忽長屋のあらすじ 色々なランクがある長屋について

粗忽長屋 そそっかしい八五郎が浅草の観音様にお参りした帰り道 人だかりが出来ているのに出くわす

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑