*

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

公開日: : 最終更新日:2020/03/30 滑稽噺 , , ,

道灌

ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり、やがてご隠居の家に飾ってある屏風の話になる。

その屏風に描かれていたのは太田道灌が鷹狩りの途中、突然の雨に降られ民家で雨具を借りようとしたところ、その家の奥方が「お恥ずかしい」と山吹の枝を差し出した場面だった。
道灌屏風
八:
「この女はおかしいですねえ。山吹の枝なんかで雨がしのげるわけがない」

ご隠居:
「これは古い歌に由来していて『七重八重 花は咲けども 山吹の 実のひとつだになきぞ悲しき』『実のひとつだに』と雨具の『蓑』をかけて、この家には恥ずかしながらお貸し出来る蓑ひとつもございませんといってるんだよ」
蓑
太田道灌もこの歌による謎掛けが解けずに恥じ入り、その後精進して和歌にも精通した文武両道の人となったという。

ご隠居に教えてもらった八っつあんは意味もわからず”ヤエナナエ~”が気に入ってしまい自分も真似したくて仕方がない。

八っつあんはその歌を紙に書いてもらい、家に雨具を借りに来た人に披露してやろうと目論む
長屋
八っつあんが家に戻るとちょうど雨が降ってきた。手ぐすねを引いて待っていると、長屋の熊公がやってきた

熊公:
「おう八っつあん ちょっと貸してもらいてえものがあるんだが」

八:
「待ってました!雨具だろ?」

熊公:
「いや雨具はあるんだ 暗くなってきたから提灯を貸してくれ」

となんだか筋書き通りにいかない

八:
「雨具を貸してくれと言ったら、提灯を貸してやる」

熊公:
「なんでえ、そりゃしょうがねえ。それじゃ雨具を貸してくれ」

八っつあんはしてやったりと書いてもらった歌を読むが読み方がでたらめ

熊公:
「八っつあん なんだいそいつは?都都逸かなんかかい?」

八:
「都都逸?お前は歌道に暗いなあ」

熊公:
だから提灯を借りに来たんだ

山吹の花について

山吹の花
黄色い花で一重のものと八重咲きのものがあり、見ごろは4月~5月頃。万葉集などにも登場し、よく季語に用いられます。
高貴な花ということで平安時代には庭に植えられていたそうです。

太田道灌について

太田道灌は室町時代末期の知勇兼備の武将。江戸城を築城したことでも名高い人物。

登場する「八重七重~」は平安時代の後拾遺和歌集におさめられている和歌
この山吹の逸話は歌舞伎の歌徳恵山吹(うたのとくめぐみのやまぶき)登場する話。

和歌の意味と奥方の意図がわからず恥じたとされていますが、太田道灌の父親の道真は連歌の名手として知られており、道灌自身も幼い頃から秀才と言われた人物。

和歌と差し出された山吹の意味が理解できなかったとは考えにくい。

また、この逸話が書物に登場するのが道灌の死後200年ほどたった18世紀中ごろの「常山紀談」あたりからで、落語として登場する前から創作された話だと考えられています。

百人一首や和歌が登場する噺は他には「崇徳院」や「千早振る」などがあります。

落語一覧へ




関連記事

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑