*

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸

一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時に外からは「ごんべえ、ごんべえ」と名前を呼ぶ声が…

「一体誰なんだ?」と戸を開けてみるが誰もいない。気味が悪いなと思いながらも床に付く権兵衛。その日から不思議な声は毎晩同じ時間に聞こえるようになる。
権兵衛狸夜
権兵衛:
「足音もしないところをみると もしかしたら物の怪の仕業か?正体をあばいてやろう!」

その晩いつも声がする時間を見計らって戸の裏側に身を隠していると、今日もあの声が聞こえてくる。

謎の声:
「ごんべえ、ごんべえ」

権兵衛:
何か用か?

大声で叫ぶと同時に戸を勢いよく開けると、家の中に狸が転がり込んできた。
狸
「声の正体は狸か!」狸を捕まえると縄でグルグル巻きにする。権兵衛は吊し上げた狸に向かって

権兵衛:
「狸汁にしてやってもいいが、今日はおとうの月命日だ 殺生はしねえ」

そのかわりと権兵衛は狸の頭の毛をカミソリで反り落とすと、外に逃がしてやる。

権兵衛:
「捕まったのが俺でよかったなあ もう二度とイタズラするんじゃねえぞ」

山へ帰っていく狸。それからしばらくは何事もなく過ぎたが、ある晩のこと再び戸を叩く音と権兵衛を呼ぶ声がする。

狸:
「権兵衛さん、権兵衛さん」

権兵衛:
「何だ?またあの狸か?何か用か?」

戸をガラリと開けると やはりあの時の狸

権兵衛:
「今度は何だ?」

狸:
「権兵衛さん 今度はヒゲをお願いします

落語一覧へ



関連記事

柳田かくのしん

落語 柳田格之進(やなぎだかくのしん)のあらすじ 庶民の娯楽だった囲碁

柳田格之進 万屋の主人に招かれて碁を囲む浪人の柳田格之進 そこへ店の番頭が50両の集金を終え

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

相談

落語 あくび指南のあらすじ 江戸時代人気のあった習い事とは?

あくび指南 町内にできた「あくび指南」の道場の看板を見て、新しいもの好きの男が興味を持つ ただ一

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑