*

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸

一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時に外からは「ごんべえ、ごんべえ」と名前を呼ぶ声が…

「一体誰なんだ?」と戸を開けてみるが誰もいない。気味が悪いなと思いながらも床に付く権兵衛。その日から不思議な声は毎晩同じ時間に聞こえるようになる。
権兵衛狸夜
権兵衛:
「足音もしないところをみると もしかしたら物の怪の仕業か?正体をあばいてやろう!」

その晩いつも声がする時間を見計らって戸の裏側に身を隠していると、今日もあの声が聞こえてくる。

謎の声:
「ごんべえ、ごんべえ」

権兵衛:
何か用か?

大声で叫ぶと同時に戸を勢いよく開けると、家の中に狸が転がり込んできた。
狸
「声の正体は狸か!」狸を捕まえると縄でグルグル巻きにする。権兵衛は吊し上げた狸に向かって

権兵衛:
「狸汁にしてやってもいいが、今日はおとうの月命日だ 殺生はしねえ」

そのかわりと権兵衛は狸の頭の毛をカミソリで反り落とすと、外に逃がしてやる。

権兵衛:
「捕まったのが俺でよかったなあ もう二度とイタズラするんじゃねえぞ」

山へ帰っていく狸。それからしばらくは何事もなく過ぎたが、ある晩のこと再び戸を叩く音と権兵衛を呼ぶ声がする。

狸:
「権兵衛さん、権兵衛さん」

権兵衛:
「何だ?またあの狸か?何か用か?」

戸をガラリと開けると やはりあの時の狸

権兵衛:
「今度は何だ?」

狸:
「権兵衛さん 今度はヒゲをお願いします

落語一覧へ



関連記事

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 天災のあらすじ

天災 どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎 今日も女房と喧嘩をしたよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑