*

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸

一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いきなり家の戸を叩く音がする。同時に外からは「ごんべえ、ごんべえ」と名前を呼ぶ声が…

「一体誰なんだ?」と戸を開けてみるが誰もいない。気味が悪いなと思いながらも床に付く権兵衛。その日から不思議な声は毎晩同じ時間に聞こえるようになる。
権兵衛狸夜
権兵衛:
「足音もしないところをみると もしかしたら物の怪の仕業か?正体をあばいてやろう!」

その晩いつも声がする時間を見計らって戸の裏側に身を隠していると、今日もあの声が聞こえてくる。

謎の声:
「ごんべえ、ごんべえ」

権兵衛:
何か用か?

大声で叫ぶと同時に戸を勢いよく開けると、家の中に狸が転がり込んできた。
狸
「声の正体は狸か!」狸を捕まえると縄でグルグル巻きにする。権兵衛は吊し上げた狸に向かって

権兵衛:
「狸汁にしてやってもいいが、今日はおとうの月命日だ 殺生はしねえ」

そのかわりと権兵衛は狸の頭の毛をカミソリで反り落とすと、外に逃がしてやる。

権兵衛:
「捕まったのが俺でよかったなあ もう二度とイタズラするんじゃねえぞ」

山へ帰っていく狸。それからしばらくは何事もなく過ぎたが、ある晩のこと再び戸を叩く音と権兵衛を呼ぶ声がする。

狸:
「権兵衛さん、権兵衛さん」

権兵衛:
「何だ?またあの狸か?何か用か?」

戸をガラリと開けると やはりあの時の狸

権兵衛:
「今度は何だ?」

狸:
「権兵衛さん 今度はヒゲをお願いします

落語一覧へ



関連記事

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑