*

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋

チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆

字ばかりのチラシで気になって家に持ち帰るが 長屋の者達が集まっても満足に読めるものがいない。
長屋若い衆
結局近所に住むご隠居に読んでもらおうということになる。

ご隠居:
「益々ご健勝とのこと大慶至極に候と…新規開店につき…」

結局チラシは提灯屋が新しく開店するというもの。「なんだそんなことか」とがっかりする若い衆達だったが次の一言に食いついた。

ご隠居:
「提灯の紋は無料で書き入れ、もし描けない紋があれば無料で進呈致すべく候」

書けない紋があれば無料で提灯をくれるというのだ

それならばと一人の男が提灯屋で

男1:
「鍾馗様がうわばみを胴切りにした紋を描いてくれ 判じ紋だ」

提灯屋はそんな紋は聞いたことがない 頭を捻るがわからない

男1:
「大蛇はうわばみ 胴切りにしたんだから片方が「うわ」もう片方が「ばみ」鍾馗様はで切ったから「剣片喰(けんかたばみ)」だ」

提灯をもらって帰る男 その戦果を聞いて次の男が提灯屋へ向かう

男2:
「このチラシはここのだな?お寺の地震の紋を描いてくれ」

またもや頭を捻る提灯屋

男2:
「お寺の地震なら鈴(りん)(御本尊が納めてある厨子のこと)もひっくり返るだろう。だから「竜胆崩し(りんどうくずし)だ」

こんな調子で次々にやってくる長屋の男達 「みんなで提灯行列ができるぞ!」と気勢を上げ出す始末

それを見て気の毒に思ったご隠居が提灯屋へ向かう

お詫びにと高価な高張り提灯を注文するが 「また来たか」と身構える提灯屋

ご隠居:
「高張り提灯によくある紋だよ。丸に柏を頼む」

今まで散々な目に遭ってきた提灯屋は考え込むが ようやく閃いた

提灯屋:
「わかった!スッポンにニワトリのことだろう」

サゲ(オチ)のスッポンにニワトリについて

お住まいの地域によってはわかりにくいかもしれません。丸に柏スッポンにニワトリになる理由は

まるというのは主に関西地方ですっぽんの符牒で甲羅が丸いところからきています。まる鍋というとスッポン鍋を指します。

かしわはポピュラーかと思いきや主に西日本で使用される言葉のようで鶏肉のこと

要はご隠居はシンプルに注文したのに今まで騙され続けたため、判じ物と解釈したからです。

お寺の地震で「竜胆崩し」の紋がどのようなものか調べてみましたが、ずばりそのものは出てきませんでした^_^;

落語一覧へ



関連記事

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

落語 天災のあらすじ

天災 どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎 今日も女房と喧嘩をしたよ

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑