*

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋

チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆

字ばかりのチラシで気になって家に持ち帰るが 長屋の者達が集まっても満足に読めるものがいない。
長屋若い衆
結局近所に住むご隠居に読んでもらおうということになる。

ご隠居:
「益々ご健勝とのこと大慶至極に候と…新規開店につき…」

結局チラシは提灯屋が新しく開店するというもの。「なんだそんなことか」とがっかりする若い衆達だったが次の一言に食いついた。

ご隠居:
「提灯の紋は無料で書き入れ、もし描けない紋があれば無料で進呈致すべく候」

書けない紋があれば無料で提灯をくれるというのだ

それならばと一人の男が提灯屋で

男1:
「鍾馗様がうわばみを胴切りにした紋を描いてくれ 判じ紋だ」

提灯屋はそんな紋は聞いたことがない 頭を捻るがわからない

男1:
「大蛇はうわばみ 胴切りにしたんだから片方が「うわ」もう片方が「ばみ」鍾馗様はで切ったから「剣片喰(けんかたばみ)」だ」

提灯をもらって帰る男 その戦果を聞いて次の男が提灯屋へ向かう

男2:
「このチラシはここのだな?お寺の地震の紋を描いてくれ」

またもや頭を捻る提灯屋

男2:
「お寺の地震なら鈴(りん)(御本尊が納めてある厨子のこと)もひっくり返るだろう。だから「竜胆崩し(りんどうくずし)だ」

こんな調子で次々にやってくる長屋の男達 「みんなで提灯行列ができるぞ!」と気勢を上げ出す始末

それを見て気の毒に思ったご隠居が提灯屋へ向かう

お詫びにと高価な高張り提灯を注文するが 「また来たか」と身構える提灯屋

ご隠居:
「高張り提灯によくある紋だよ。丸に柏を頼む」

今まで散々な目に遭ってきた提灯屋は考え込むが ようやく閃いた

提灯屋:
「わかった!スッポンにニワトリのことだろう」

サゲ(オチ)のスッポンにニワトリについて

お住まいの地域によってはわかりにくいかもしれません。丸に柏スッポンにニワトリになる理由は

まるというのは主に関西地方ですっぽんの符牒で甲羅が丸いところからきています。まる鍋というとスッポン鍋を指します。

かしわはポピュラーかと思いきや主に西日本で使用される言葉のようで鶏肉のこと

要はご隠居はシンプルに注文したのに今まで騙され続けたため、判じ物と解釈したからです。

お寺の地震で「竜胆崩し」の紋がどのようなものか調べてみましたが、ずばりそのものは出てきませんでした^_^;

落語一覧へ



関連記事

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃ

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

長屋

落語 粗忽長屋のあらすじ 色々なランクがある長屋について

粗忽長屋 そそっかしい八五郎が浅草の観音様にお参りした帰り道 人だかりが出来ているのに出くわす

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

→もっと見る

PAGE TOP ↑