*

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 滑稽噺 , ,

明烏(あけがらす)

二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世間知らずでは困る」と悩んだ末に町内でも有名な遊び人の源兵衛と太助に息子を一晩吉原に連れ出してくれと頼んだ。

源兵衛:
「だんな、よろしゅうございますよ。柔らかいものを硬くするのは難しいですが、硬いものを柔らなくするのは造作もないことで。きっと柔らかくしてさしあげます」

そんなこやり取りがあったとは何も知らない若旦那の時次郎。江戸中が稲荷祭りに浮かれる初午の日(二月の最初の午の日)お稲荷さんに泊り込みのご参詣に行きましょうと騙されて、まんまと吉原に連れて行かれてしまった。
鳥居
源兵衛:
「さあここが有名な大門…いや鳥居でして」
若旦那:
「これが鳥居ですか、黒い鳥居とはめずらしゅうございますね」
源兵衛:
「ではお茶屋…いや巫女さんに支度をしてもらいますから、太助とここで待ってておくんなさい」

とかなんとか言い合っているうちに、若旦那はここが吉原の中の女郎屋だということに気付いてしまい、帰りたいとダダをこね出してしまう。

どうしても一人で帰るという若旦那に

源兵衛:
「若旦那、さっき鳥居と言った所は有名な吉原の大門だ。三人一緒に入ってきたのに こんな早くに若旦那一人で帰ろうなんて怪しい奴と止められて、番人にふんじばられてしまいますぜ」

二人に散々脅されて観念した若旦那。ところがそのうぶさ加減をなぜか気に入った花魁の浦里が敵娼を名乗り出てたっぷり一晩もてなした。
花魁
夜が明けて源兵衛、太助の両人は揃ってフラれて欲求不満。

源兵衛:
「そろそろ若旦那を起こして帰ろうや」

二人して花魁の部屋へ行ってみると若旦那はニヤついて布団から出てこない

若旦那:
「いやいや、けっこうなおこもりでした」
源兵衛:
「おい聞いたかい。昨日はメソメソ泣いてたくせに。若旦那こういうのは切り上げ時が大切です。今日は引き上げましょう」
若旦那:
「でも花魁が布団の中で私の手をはなしませんので」

とのろけ始めたものだから二人はあきれて

源兵衛:
「もうやってらんねえや、それじゃあ若旦那、ゆっくり遊んでらっしゃい。俺たちゃ先に失礼しますよ」
若旦那:
「帰れるもんなら帰ってごらんなさい。大門でとめられてふんじばられてしまいますよ

吉原の変遷

吉原は元和元年(1617年)にできた幕府公認の遊郭。それまで各地に点在していた見世を一箇所に集めることにより、管理するのに都合がいいということで日本橋葺屋町に開設されました。

葦(よし)の湿地に集められたということで吉原の名前はそこからきています。

最初は昼間の営業をしておりましたが、明暦三年(1657年)の大火により全焼し、浅草寺の裏に移転し夜間の営業が行われるようになりました。

夜間営業となると武士は夜、特別な用事がない場合屋敷にいる義務がありましたので、主な客は町人へと変わっていき元禄の頃に最盛期を迎えます。

吉原で遊ぶ時のルール

遊女と床をともにするには馴染みになる必要があり、初回、再会、三会目と最低三回通わなければならず、いきなり迫ったりするのは野暮とされました。(店にコントロールされているだけの気もしますが)

複数回通っても振られることもあり、花魁などは3回でも同衾するのは至難の技で吉原は完全に女性上位の世界だったそうです。

噺の中の若旦那が初回で床をともにしていますが、落語ならではのファンタジーと言えるのではないでしょうか。
※もちろん大いにけっこうですが(笑)

落語一覧へ



関連記事

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃ

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

金蔵

落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというという知らせが里から届く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑