*

落語 転失気(てんしき)のあらすじ 転失気とは医学用語?

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 滑稽噺 ,

転失気(てんしき)

お寺の和尚さんの体調がここ最近すぐれない。お医者さんを呼んでみてもらったところ。

医者:
「熱はそれほどないようですし、少々お腹が張っとるようですな。てんしきはありますか?」

「てんしき」と言われても何のことかわからなかったが、和尚は大の知ったかぶり。てんしきとはなんですか?と聞き返すのが嫌なのでつい

和尚:
「あるような ないような…あったらご報告いたします」

と言ってしまった。しかし医者に身体のことでウソをついてしまったせいか、気分が悪くて仕方がない。

そこで小坊主の珍念(ちんねん)を村へ使いにやってなんとか「てんしき」の意味を知ろうとする

和尚:
村でてんしきを借りてきなさい
珍念:
「和尚様てんしきとはなんですか?」
和尚:
「私は以前に教えたはずだぞ。自分で考えるのも勉強だからあえて教えん!自分で考えなさい」
村
珍念はてんしきを探してあっちへ行ったりこっちへ行ったり。しかし村の者たちも知らないことを知らないと言えない人ばかり

村人1:
「たしか昔は床の間に飾ってあったが高値がついたので売ってしまったよ」
村人2:
「おみそしるに入れて昨日食べてしまったよ」

最後の手段と珍念は素直にさっきお寺に来てくれた医者のところへ聞きに行く。すると「てんしき」とは転失気と書いておならのことだとわかり ここで一つ疑問が

和尚様も「てんしき」とは何か知らないのかもしれない。

珍念:
「では”てんしきとはお盃のことでした”と言ってみよう。知っていれば違うといわれるはずだ」

珍念はお寺に戻り和尚に報告をする

珍念:
「和尚様 借りられませんでしたが、てんしきとはお盃のことです」
和尚:
「その通りじゃ珍念 もう忘れるでないぞ」
盃
複雑な表情の珍念




次の日、医者はまたお寺に往診に訪れた。てんしきとは何か わかってすっきりした和尚は先手を打っててんしきについて話し出す

和尚:
「昨日てんしきはありませんと言いましたが、寺の蔵にありました」
医者:
「ほぅ蔵に…」
和尚:
「寺に代々伝わるものでして持ち寄って鑑賞しあったりもしております」
医者:
「ほぅ…同好の士もおられると…」

せっかくだから見ていただこうと和尚は盃を珍念に持ってこさせる
笑いが堪えられない珍念

医者:
「私たちの方ではてんしきとはおならのことを言いますが、お寺では盃のことをてんしきと?」

知ったかぶりがバレてしまって恥ずかしい和尚
あとで珍念を呼びつけて

和尚:
「珍念!師匠である私をだますなどとは言語道断!恥とは思わぬのか!」
珍念:
はい屁とも思いません

転失気=おならについて

落語でお馴染みの知ったかぶりが発端となって起きる頓珍漢なやり取りの噺。

もうご存知と思いますが転失気はおならのことを医学用語で現わしたものです。

「転失気は『気を転(まろ)め失う』と書き、屁のことである。『傷寒論』にあり、腸の働きを診るため、有無をたずねたのだ」と聞き出す。

サゲの部分にバリエーションがあり
盃を重ねるとブーブーが出ます=飲んで不平を言ってしまう

盃を重ねると檀家がブーブー言います=酒を飲む生臭坊主の誹りをうけます

お寺では盃を転失気と?→その通りナラ、屁ェあんの昔から

前座話ということで若手の落語家の持ちネタになっていることが多いそうです。ラストは独自のものもありますので聞きどころです。

落語一覧へ




関連記事

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑