*

落語 質屋蔵のあらすじ オチの流される~利上げせよの意味は?

質屋蔵

伊勢屋の質草を預かる蔵に怪奇現象が起こるという噂が立つ。本当かどうかわからないが 放っておいては店の信用にかかわると大旦那は番頭を呼び出した。

怪奇現象は夜中に起こるそうなので番頭に見張りをさせるためだ。しかし番頭は怖がりで「一人では無理ですが、熊五郎と一緒ならなんとか…」と言う要望に呼び出される熊五郎
蔵
熊五郎は旦那に呼び出された理由を酒を失敬したり、料理をつまみ食いしたことがバレたのだと勘違いしており、結局それに目をつぶるということで番頭と一緒に蔵の見張りをすることとなった

熊五郎は立派な彫り物をしていて威勢はよいが どうも幽霊の類には弱い様子

頼りない二人組で怪異の正体を見届けることとなった。
質屋蔵夜
二人ともガタガタ振るえながら番をしているとだんだんと夜も更けて むかえた丑三つ時(午前2時頃)

蔵の奥の方でなにやら物音がする。恐る恐る二人が近づいてみると質草として預かった品物たちが相撲を取っている

熊:
「番頭さん ありゃなんですか?」

番頭:
「おそらく質草たちに気が残ったんだ」

怖いというより呆気に取られていると 今度は棚の上の掛け軸が独りでに開く。同じ町内の藤原さんが質草として預けた天神様(菅原道真公)の掛け軸だ
質屋蔵の道真
気が残った掛け軸はいきなり話し始める

道真公の掛け軸:
「東風吹かば~匂い起こせよ梅の花~主なしとて春な忘れそ~」

大宰府に左遷される際の有名な歌を詠み上げると 二人の方をじっと見る掛け軸の中の道真公

道真公の掛け軸:
「これ番頭 藤原方に利上げせよと伝えよ。このままでは
また流されてしまう…」

質屋蔵オチの流されてしまうについて

質草
今と変わりませんが質屋は預けた商品(質草といいます)の価値に応じたお金を貸してくれていました。質草は期限が過ぎると質屋のものとなってしまいます。(流れるといいます)

期限までに利息込みの金額を支払って質草を返してもらうか、利息分だけを支払って期限を延長し質草が流されるのを防ぐのを利上げといいます。

オチはつまり
藤原さん=道真公が左遷される原因を作った藤原時平
流されてしまう=大宰府に流されたことと掛けている
ということになります。

借金の種類としては質草と言う担保があるので返済日に取り立て屋がくるようなこともなく、安全なお金の借り方ではあったようです。

ただ現在の利息よりも江戸時代の方が格段に高く、現代の質屋の利息が年利0.95~1.5%に対して、江戸時代は貸付金100文につき年利36%

こんな暴利で商売してたら蔵なんてたくさん建ったでしょうね^_^;

落語一覧へ



関連記事

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

抜け雀

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

抜け雀 とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。 男は毎日酒を飲んで外に一歩も出

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

死神

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

死神 金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

→もっと見る

PAGE TOP ↑