*

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

公開日: : 最終更新日:2020/07/26 怪談噺, 滑稽噺 , ,

化け物使い

人使いの荒いことで有名なあるご隠居
ご隠居
朝から晩まで働きづめにさせるせいで 紹介されてくる奉公人はすぐに

「あなた様のように人使いが荒くては辛抱できかねます。
お暇をください

みんな同じことを言って辞めていってしまう

残ったのは権助と言う奉公人だけだったが ご隠居が新居へ引越しをすることになるとその権助まで辞めると言い出した

ご隠居:
「権助 おまえまで人使いが荒いと言うのか?」

権助:
「そうではありません。ご隠居が引っ越そうとしているのは化け物屋敷です。そんなところへは付いていけません」

奉公人が一人もいなくなってしまったが 新しい人を探そうにも引越し先が化け物屋敷だと知ると みんなが逃げ出してしまい結局ご隠居一人で化け物屋敷に引っ越すことに
化け物屋敷
どうにか新居に引っ越して夜一人で食事をしていると なんだか空気が生温かい まわりを見回してみると部屋の隅に知らない子供が立っている

よく見てみると子供には目がひとつしかない

一つ目小僧だ!

と普通の人は逃げ出すだろうが ご隠居相手にそうは行かなかった

ご隠居:
「ちょうどいい お膳を片付けて、洗い物をしなさい」

掃除が終わるとアレをしなさいコレをしなさいと人間同様にこき使うご隠居 一通り仕事が片付くと
洗い物
ご隠居:
「明日はもっと早い時間に出てくるんだぞ」

奉公人までついてくるとは しかも人間ではなく化け物だから給金もいらない 良い家に引っ越せたと喜ぶご隠居

次の日も一つ目小僧が出てくるのを待っていると現れたのは見上げるような大入道

今度も驚くどころか 重いものを運ばせたり薪を割らせたりこき使うご隠居

翌日さあ今度は何が出るかなと楽しみに待っていると どういうわけか子狸が一匹現れた
子狸

毎日現れる化け物の正体はこの子狸が化けていたらしい

ご隠居の前で狸はうなだれながらつぶやいた

子狸:
「あなた様のように化け物使いが荒くては辛抱できかねます。
お暇をください

休みがなかった江戸時代の奉公人

丁稚の子供
江戸時代の奉公人は通常 主人の店の居住スペースに住み込むことが当たり前でした。

しかも休日は薮入りと称して与えられる2日間。年間休日たったの2日!住み込みなので24時間拘束なので現代の常識と比べると紛れもなくブラック企業!

ちなみに商店ではなく棒手振りのような個人経営の人たちは雨が降ったり適当な日に休んでいたようです。衣食住が保障されているとはいえ、自由時間の少ない奉公人は大変だったでしょう。

人使いが荒いとか荒くないとか以前の問題です(笑)

サービス残業や過重労働、パワハラなんて概念のない時代。噺のようなご隠居(店の主人)は落語的キャラクターではなく、珍しくなかったかもしれません…

落語一覧へ



関連記事

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

夜

落語 首提灯のあらすじ 時代劇でお馴染み斬り捨て御免について

首提灯 深夜 芝増上寺の辺りを男が一人で歩いている 男は酒を飲んでいるようで足元がおぼつかない

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

盃

落語 転失気(てんしき)のあらすじ 転失気とは医学用語?

転失気(てんしき) お寺の和尚さんの体調がここ最近すぐれない。お医者さんを呼んでみてもらったと

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

死神

落語 死神のあらすじ 江戸時代の医者について

死神 金にまったく縁がないくせに、借金だけは山のように抱え途方にくれる男。いっそのこと死んじま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑