*

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

公開日: : 滑稽噺 , , ,

素人鰻

江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考える元旗本の主人。

妻と一緒に小料理屋をやろうとか しるこ屋にしようとか色々考えるがこれといったアイデアが浮かばない。

するとそこに板前の金蔵が「自分が手伝うから鰻屋なんてどうです?」とすすめてくる。

主人:
「おまえの腕はいいのは知っているが酒癖が悪いもの知っているぞ」

金蔵:
「私は旦那様に恩があるから酒は一切飲まないと誓います」

それを聞いて安心した主人は鰻屋を開く
子はかすがいうなぎ
腕の良い金造の働きで開店初日から店は繁盛し「これも金蔵のおかげだ」と感謝した主人はうっかり 金蔵に酒をすすめてしまう。

二杯三杯と盃を重ねるうちに段々と横柄な態度になってくる金蔵

しまいには

金蔵:
「三千石の旗本が鰻屋とは驚きだ。だいたい旗本がだらしないから負けるんだ」

人が変わったように悪態をつき、怒った主人は刀を振り回して金蔵を追い出してしまった。
刀
翌日 金蔵がいないので店が開けられない。妻は「休業の札を出しましょう」と言うが開店翌日にそんなことはさすがにみっともない。

困っているとひょっこりと金蔵が帰ってくる。どうやら昨日のことを反省しているようで主人は金蔵を迎え入れ無事に店を開けるが

その夜のこと こっそり台所で酒を飲む金蔵を発見してしまう。

金蔵:
「飲んじまったもんは仕方ねえ」

開き直る金蔵に主人の堪忍袋の緒が切れた。またもや金蔵を追い出してしまう。

そして翌日

今度こそ帰ってこない金蔵。妻はまたもや「休業の札を出しましょう

そういっている間に客が店に入ってしまう。鰻など捌いたことのない主人だったが元武士の意地がある。

鰻を前に

主人:
「拙者が料理してくれる。これ動くでない!それ捕まえた観念いたせ!」

するりとまな板から逃げる鰻のせいで手を切ってしまう主人。

糠(ぬか)を手につけてヌルヌル対策をすると、今度こそと鰻をギュッと掴む。またも逃げ出す鰻に対し。

主人:
「こらこら逃げるな。表だ表を開けてくれ。履き物もだ!」

妻:
「あなたどちらへ?」

主人:
「そんなこと前にまわって鰻に聞いてくれ!

明治維新と武士の商法について

長く続いた江戸時代が終わり、明治時代となり四民平等の世の中がおとずれます。

今まで藩からもらっていた給料がもらえなくなり困った上級武士は多かったでしょう。

特権意識があり客に頭も下げられない多くの武士が商売に失敗したと考えられますが、下級武士の中にはこれを歓迎した者も意外と多かったのではないかと考えられます。

なぜなら武士の給料は代々家によって固定給となっており、いくさのない世の中ではほとんど出世の見込みはありませんでした。

下級武士の家に生まれてしまえば、一生閑職で貧乏暮らしが目に見えていました。
(ヒマを持て余した武士による名産品や文化の発展などの副産物もありましたが)

己の実力で成り上がるチャンス到来と言うわけです。

武士の成功例を上げると三菱グループの創始者の岩崎弥太郎は土佐藩の下級武士の出身です。

江戸時代が続いていたら下級藩士のまま一生を終えていたんでしょうか。元々才能はあったんだと思いますが、スケールが違いますね

落語一覧へ




関連記事

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑