*

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

公開日: : 滑稽噺 , , ,

素人鰻

江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考える元旗本の主人。

妻と一緒に小料理屋をやろうとか しるこ屋にしようとか色々考えるがこれといったアイデアが浮かばない。

するとそこに板前の金蔵が「自分が手伝うから鰻屋なんてどうです?」とすすめてくる。

主人:
「おまえの腕はいいのは知っているが酒癖が悪いもの知っているぞ」

金蔵:
「私は旦那様に恩があるから酒は一切飲まないと誓います」

それを聞いて安心した主人は鰻屋を開く
子はかすがいうなぎ
腕の良い金造の働きで開店初日から店は繁盛し「これも金蔵のおかげだ」と感謝した主人はうっかり 金蔵に酒をすすめてしまう。

二杯三杯と盃を重ねるうちに段々と横柄な態度になってくる金蔵

しまいには

金蔵:
「三千石の旗本が鰻屋とは驚きだ。だいたい旗本がだらしないから負けるんだ」

人が変わったように悪態をつき、怒った主人は刀を振り回して金蔵を追い出してしまった。
刀
翌日 金蔵がいないので店が開けられない。妻は「休業の札を出しましょう」と言うが開店翌日にそんなことはさすがにみっともない。

困っているとひょっこりと金蔵が帰ってくる。どうやら昨日のことを反省しているようで主人は金蔵を迎え入れ無事に店を開けるが

その夜のこと こっそり台所で酒を飲む金蔵を発見してしまう。

金蔵:
「飲んじまったもんは仕方ねえ」

開き直る金蔵に主人の堪忍袋の緒が切れた。またもや金蔵を追い出してしまう。

そして翌日

今度こそ帰ってこない金蔵。妻はまたもや「休業の札を出しましょう

そういっている間に客が店に入ってしまう。鰻など捌いたことのない主人だったが元武士の意地がある。

鰻を前に

主人:
「拙者が料理してくれる。これ動くでない!それ捕まえた観念いたせ!」

するりとまな板から逃げる鰻のせいで手を切ってしまう主人。

糠(ぬか)を手につけてヌルヌル対策をすると、今度こそと鰻をギュッと掴む。またも逃げ出す鰻に対し。

主人:
「こらこら逃げるな。表だ表を開けてくれ。履き物もだ!」

妻:
「あなたどちらへ?」

主人:
「そんなこと前にまわって鰻に聞いてくれ!

明治維新と武士の商法について

長く続いた江戸時代が終わり、明治時代となり四民平等の世の中がおとずれます。

今まで藩からもらっていた給料がもらえなくなり困った上級武士は多かったでしょう。

特権意識があり客に頭も下げられない多くの武士が商売に失敗したと考えられますが、下級武士の中にはこれを歓迎した者も意外と多かったのではないかと考えられます。

なぜなら武士の給料は代々家によって固定給となっており、いくさのない世の中ではほとんど出世の見込みはありませんでした。

下級武士の家に生まれてしまえば、一生閑職で貧乏暮らしが目に見えていました。
(ヒマを持て余した武士による名産品や文化の発展などの副産物もありましたが)

己の実力で成り上がるチャンス到来と言うわけです。

武士の成功例を上げると三菱グループの創始者の岩崎弥太郎は土佐藩の下級武士の出身です。

江戸時代が続いていたら下級藩士のまま一生を終えていたんでしょうか。元々才能はあったんだと思いますが、スケールが違いますね

落語一覧へ




関連記事

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑