*

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

公開日: : 最終更新日:2019/06/21 滑稽噺 , , ,

寿限無

熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。

その子供に名前をつけるのが親としての最初の仕事になりますが、二人ではなかなかいい名前が思い浮かばないようで、お寺の和尚さんのところに熊さんが知恵を借りに行きます。
お寺
熊:
「先日男の子が生まれまして和尚さんに名前をつけてもらいたいんで」
和尚:
「それはおめでとう では考えてみよう」
熊:
「せっかくなんで縁起がよくて長生きする名前をお願いしますよ」

和尚さんは経典や故事から次から次へとアイデアを出してくれますが
経典
熊:
「こんなにあると迷いますね」
和尚:
「この中から一つ選んでつけるといい紙に書いてあげよう」
熊:
「ありがとうございます これはみんないい名前なんですね」
短冊
家に帰る熊さん

あれをつけてこれをつけないと後で後悔したくないと
なんと書いてもらった名前をそっくりそのままつけてしまったので

寿限無 寿限無 五劫のすりきれ 海砂利水魚 水行末雲行末風来末 食う寝るとろこに住む所 やぶら柑子の藪柑子 パイポパイポ パイポのシューリンガン グーリンダイのポンポコナーのポンポコピーの長久命の長助

というとんでもなく長い名前の子供になってしまった

この名前がよかったのか子供は元気に成長して、そのうち学校に通うようになります。

友達:
「寿限無寿限無~長助く~ん学校いこ~」
母親:
「あらまあ、竹ちゃんお迎えかい?ありがとうね うちの寿限無寿限無~長助ったらまだ寝てるのよ起こしてくるわね」

部屋に行くと寿限無寿限無~長助はまだ寝ています

母親:
「寿限無寿限無~長助いいかげんに起きな!竹ちゃんが迎えにきてるわよ」

まったく起きる様子のない寿限無寿限無~長助

友達:
「おばちゃん遅れちゃうからもう行くよ~」

寿限無寿限無~長助にはちょっとワンパク過ぎるところもあったようである日のこと

金坊:
「寿限無寿限無~長助にぶたれて頭に瘤ができた~」
母親:
「なんだって!ちょいとおまえさん寿限無寿限無~長助が金坊の頭をぶって瘤ができちまったんだって」
熊:
「なに!うちの寿限無寿限無~長助が どれどれ?金ちゃん瘤なんてないじゃないか」
金坊:
あんまり長いから瘤がひっこんじゃった

寿限無寿限無~長助を分解して解説

お寺で書いてもらった紙に書かれた名前をそのままつけてしまった熊さん夫婦。どちらかがストップをかけなかったのか?落語の面白いところではあります。

わかりにくい用語もありますので分解して解説します。

寿限無

寿限り無し=限りない長寿のこと。仏教の経典に出てくる(らしいです)
無量寿(阿弥陀様の別名)とイコールだという意見もあります。

五劫のすりきれ

「劫」は「こう」と読み、仏教の単位。天人が3000年に一度天から降りてきて岩を衣でそっとなでる、その岩が擦り切れてなくなってしまうのが一劫。つまりとてつもなく長い時間であるということをあらわします。

浄土真宗の正信偈というお経(正しくは偈文)に五劫思惟之摂受(ごこうしゆいししょうじゅ)という一文が出てきます。阿弥陀様は大変長い時間考えられたというような意味です。

海砂利水魚

海の底にある砂や、水の中の魚のように尽きることがないこと

水行末、雲来末、風来末

水、雲、風の行き先は果てがわからないこと

食う寝るところに住むところ

人が生きていく上で欠かせない、食べ物と家

藪ら柑子のぶら柑子

生命力の強いヤブコウジのこと

パイポ

中国にあったという架空の国

シューリンガン

中国にあったという架空の国の王様の名前

グーリンダイ

シューリンガン国王のお后

ポンポコナー、ポンポコピー

シューリンガン国王とグーリンダイ皇后の子供
この一家は大変長生きをしたという架空の話

長久命

長く久しい命(寿命)となることを願って文字をつなげたもの

長助

長生きすることを願った「長」の字を使った名前

落語一覧へ



関連記事

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑