*

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

公開日: : 最終更新日:2020/03/30 滑稽噺 , , ,

金明竹

甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をやらせても失敗ばかり

水を撒けと言いつければ二階にも撒くし主人の大事な傘も知らない人に勝手に貸してしまう

どうやって断ったらよかったのか?と聞く松公に傘を借りに来た人への断り方を教える

主人:
「いいか?うちにも貸し傘が何本かございましたが、この間からの長雨で骨は骨、紙は紙でバラバラになり使い物になりません、焚きつけにでもしようと思って束ねて物置に放り込んであります。こう言うんだ」
傘
と説明したのだが、主人がいない間に猫を借りに来たものに傘の断り方で追い返してしまう

今度は猫を借りに来た者への断り方を教える主人

主人:
「猫はうちにもおりましたが、この間からすっかりさかりがつきまして、トンとうちに寄り付きません。久しぶりに帰ってきたと思ったら、どこかでエビの尻尾でも食べたんでしょう。すっかりお腹を下しておりまして奥でまたたびを舐めさせて寝かせております」
猫

ところが今度は主人を訪ねてきた大事な客を猫の断り方で追い返してしまったので、主人は慌ててあとを追いかける。




そこへ突然 上方から取引先の使いのものがやってきて一方的に話し始める

上方商人:
「ごめんやす だんはんおいででっか?

わいは中橋の加賀屋佐吉方から遣いに参じまして 先途 仲買の弥一が取り次ぎました道具七品のうち

祐乗、宗乗、光乗三作の三所物。備前長船の住則光、横谷宗珉四分一拵え小柄付きの脇差

脇差の柄前は鉄刀木やというてましたが、あれは木ぃが埋もれ木やそうで、木ぃが違うとりますさかい、ちょっとお断り申し上げま。

自在は黄檗山金明竹寸胴切りの花活けには遠州宗甫の銘がござりま。

織部の香合。のんこの茶碗。古池や蛙飛び込む水の音、これは風羅坊正筆の掛け物。

沢庵、木庵、隠元禅師貼り混ぜの小屏風。

この屏風はな、わいの旦那の檀那寺が兵庫におます、その兵庫の和尚の好みまする屏風やよってに

表具にやって兵庫の坊主の屏風にいたしますと、こないお言づけを願います」
骨董
上方の言葉でまくしたてるので、何度言い直してもらっても松公どころか伯母さんにもまったく理解できない。

しまいに楽しくなってきて何度もリクエストすると腹を立てて帰ってしまった。

戻ってきた主人が誰がどんな用向きで来たのか聞いても所々しか覚えておらず、まるで要領を得ない

松公:
「思い出しました。古池に飛び込みました」

主人:
「弥一には道具七品を買うように手付けが打ってあったんだがそれを買ってかい?」

松公:
「いいえ買わず(蛙)飛び込みました」

金明竹に出てくる品物について

寿限無のように決まった口上を繰り返すところが特徴の前座噺
出てくる品物が難解なので少し解説

祐乗、宗乗、光乗(ゆうじょう、そうじょう、こうじょう)
 室町時代後期に出た著名な刀の目貫師後藤家の初代、二代、四代

三所物
 刀に付ける細工物 目貫(めぬき)・小柄(こづか)・笄(こうがい)

備前長船の住則光
 光忠を祖とする備前長船の刀工

横谷宗珉
 江戸時代中期の彫金の名工

四分一拵え
 含有率が銅一、銀四分の一の合金

鉄刀木、埋もれ木
 鉄刀木(たがやさん)…質の堅い銘木
 埋もれ木(うもれぎ)…土中で炭化した木

金明竹寸胴切りの花活け
 金明竹を寸胴(水平)に切った花入れ

遠州宗甫
 江戸初期の茶人、遠州流華道の祖、小堀政一

織部の香合
 織部焼きの陶器の香入れ

のんこの茶碗
 江戸前期の楽焼きの名工 三代目道入(どうにゅう 通称:のんこう)作の茶碗のこと

風羅坊正筆
 風羅坊=松尾芭蕉の別号 直筆ということ

沢庵、木庵、隠元禅師貼り混ぜの小屏風
 三人の名僧による書を一つの屏風に仕立てたもの

落語一覧へ




関連記事

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑