*

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

公開日: : 最終更新日:2019/02/14 人情噺, 滑稽噺 , , , ,

御神酒徳利

江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がなくなった。

葵のご紋入りの大切な品物なので旅籠の使用人一同大騒ぎ
葵の紋
ただ原因は番頭の善六がうっかり水がめの底に入れておいたのを忘れていただけ。

主人に一度うっかり「存じません」といってしまった手前、今更言うのも決まりが悪く正直に言い出しかねていると

易者の父親を持つ女房が

女房:
「おまえさんの占いでわかったことにすればいい 筮竹だと手元があやしいから道具はソロバンにしときな」
と名案をさずけてくれた

店に戻りソロバンをパチパチと鳴らして占いの真似事をして

善六:
「ソロバンに卦が出ました。水に関係ある場所でしょう」
そろばん
自分が置いた徳利なので、もちろん言ったとおりの場所から徳利は発見される

主人は大喜びで大宴会を催すが、これを聞きつけて泊り客の豪商鴻池屋の番頭がやってきた

鴻池番頭:
「主の娘が長患いで苦しんでいます。いかなる名医も匙を投げました。こちらの先生にぜひ大坂へ来ていただきたい」
と頼み込む

善六は家に帰って女房に相談すると

女房:
「父親から易者の本を借りてあげるから行って来な。なんとかなるから」
と背中を押され、東海道を西へ急ぐと神奈川宿で事件に出くわす

なんと武士の財布が盗まれて、宿屋の者に疑いがかかっているという。
占いの能力を知った宿屋の主人に頼まれて大いに困る善六

プレッシャーに耐えられず、夜逃げをしようと思ったところで宿屋の女中が善六に罪を告白する

女中:
「盗んだのは私です。えらい易者の先生がお見えと伺いもう逃げられないと思い…わたしが捕まると病気の父が…」

涙ながらに打ち明ける女中に財布の隠し場所を聞くと壊れかけた稲荷の床下にあるという
稲荷
翌朝ソロバンに卦が出たことにして財布を発見。礼金の一部を女中に渡して開放した。

武士:
「これは荒れ果てた稲荷の祟り」

と武士は費用を出してお宮の修繕を宿屋の主人に頼む
小判
善六はここもなんとか切り抜けてついに大坂に到着

しかし、元々占いの腕はさっぱりだし、医者でもない。どうしようもないので水垢離をはじめる善六

すると夢枕に老人が立つ
布団
老人:
「おまえのおかげでお宮が修復され、大変ありがたいことだ。鴻池の娘を治す方法を教えてやろう」

はっと目覚めて、老人に言われたとおり柱の下を掘ると観音像が出てきた

善六:
「この観音像のために社を作り奉りなさい。さすれば娘の病は治るであろう」

ソロバンに卦が出たことにして善六が教えると、娘はみるみるうちに回復した

喜んだ鴻池屋は善六に莫大な礼金を差し出す
千両箱
受け取った礼金ではじめたのは元の商売の旅籠
旅籠の主人になった善六は大金持ちに。

ソロバン占いで成功しただけにケタ違いに暮らしぶりはよくなったという

番頭の役割について

大店
江戸時代、大店への就職は10歳前後に丁稚として住み込みで入り、実地教育を受け、18歳になると元服して手代という身分になりました。
その頃、前髪を剃り上げる商家スタイルとなります。

手代ではまだ住み込みの状態です。番頭に昇進するのは三十代半ば頃で、なれるのは競争に勝ち残った一握りの者でした。

番頭は現代で言うと部長クラスあたりでしょうか。番頭になると店から出て自分の家から通いで勤めるようになり、結婚できるようになります。
(逆に言うと三十代半ばまで所帯を持つことができなかった)

店の経営権は主人のものですが、番頭は日々の営業や人事を取り仕切るかなり重要なポストです。
噺の中に出てくる少し抜けていて、かみさんに頼りきりの善六ですが、大きな旅籠の番頭ということは実はエリートと言えます。

落語一覧へ

関連記事

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

御慶タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑