*

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

公開日: : 最終更新日:2020/01/30 人情噺, 滑稽噺 , , ,

松山鏡

松山村に住む正直なことで評判な正助

その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたいという

会ってみると なるほど評判通りの正直者。それに加えて大変な親孝行 亡くなった父親の墓参りを20年間欠かしたことがない

殿様は感心して「褒美を取らそう」ということになった
松山鏡殿様
「何か望むものはないか?」と聞く殿様に対し正助は「亡くなった父親に会いたい」と言い出した

困った殿様だったが ある案を思いつく

殿様:
「正助 おまえは亡くなった父親と似ておるか?」

正助:
「そっくりでございます」

殿様:
「よし正助 父親に合わせてつかわす」

そういうと殿様は家来に大きな箱に入った鏡を持ってこさせる
松山鏡箱
殿様:
「正助 箱を開けてみよ」

正助が箱を開けると 亡くなった父親とそっくりの自分の顔が写る

鏡など見たことのない正助は父親に再会できたとすっかり信じ あまりの嬉しさに泣き崩れてしまう

殿様:
「正助 それはおまえへの褒美だから他人に見せるではないぞ」

大喜びで鏡の入った箱を家に持ち帰る正助
松山鏡
他人に見せるなという言いつけを守った正助は 鏡を二階に隠し 毎日父親(と思っている自分)に話しかける

それを怪しんだのが正助の女房 「夫が二階でコソコソ誰かと話をしている」

正助が留守の間に二階の箱を開けてみる女房

女房の方も鏡なんて見たことがないので、鏡に映る自分の姿を見て、正助が女を隠していたと勘違いして怒り心頭




女房:
「この女狐め!」

と怒鳴ると相手も怒鳴り返してくるもんだから収拾がつかない

そこへ正助が帰ってきたものだから女房は食ってかかる

女房:
「女を囲ってただな!」

正助:
「何を言うんだ あれはとっつぁまだ」

二人の話は平行線で埒が明かない。そこへ騒ぎを聞きつけた尼さんが仲裁に入った
尼さん
「おんなだ!」「とっつぁまだ!」と二人の話が全然違うので困ってしまう尼さん

尼さん:
「いいでしょう 私が確かめてきましょう」

二階へ真実を確かめに行く尼さんだったが、彼女も鏡を見たことがない

箱を開けると女の姿が…

なるほどと一階にいる二人に結果を伝えに行く尼さん

尼さん:
「二人ともケンカなどしなくていい 中の女も決まりが悪いと尼になったよ

死んだ人に会わせてください!ちょっと怖い話

この噺とはちょっとニュアンスが違いますが、昔々死んだ人を返せ!と訴え続けた人がいました。

時は戦国時代の末期 登場人物は「愛」の兜でも有名な直江兼続

彼の家臣が下人(住み込みの召使い)を些細な理由で切り捨ててしまいます。家臣はそのことを反省し上司である兼続は下人の家族に謝罪と賠償をするように手配をしました。

しかし下人の家族は納得せず「死んだ者を返してほしいと」訴え続けます。兼続は下人の家族たちに「返せと言われても どうすれば死んだ者が帰ってくるのか?」と尋ねると家族も「そんな方法は知らないが、とにかく返してほしいと」訴えをやめません。

すると兼続は
「では、おまえたちあの世に迎えに行ってまいれ」と家族三人を切り捨ててしまいます。

兼続のこの処置に以降誰も文句をいうものはいなくなったといいます。

飴と鞭 たまにはキレることも必要なんでしょうか…ちなみに実話かどうかは諸説ありますが…

落語一覧へ



関連記事

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

心眼タイトル

落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる 悔しがる梅喜を励ます女房

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

唐茄子

落語 唐茄子屋政談のあらすじ 江戸時代の勘当とは

唐茄子屋政談 道楽三昧の挙句、とうとう大旦那から勘当を言い渡された若旦那。 家を出た若旦

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑