*

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

公開日: : 最終更新日:2020/07/26 滑稽噺 , ,

家見舞い

日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊

引っ越し祝いに水甕を贈ろうというが 二人揃ってお金がない
家見舞い相談
なんとかなるだろうと店に行ってみるが お金がないので何とかなるわけもない

あきらめかけていたところに店主からの提案が

店主:
「こちらの甕ならその予算でもいいですよ」

見るとそこにはなかなか立派な甕が。二人は掘り出し物だと喜んだが 実はこの甕 元は壊した家の便所に埋まっていた便壷

本当に掘り出し物だ
ドブ
洗ってしまえばわからないだろうと早速買った甕を川で洗う二人 なかなか臭いが消えないが、水を張ってしまえばどうってことないと兄貴分のところへ

立派な水甕(実は便壷)を贈られた兄貴分は「これは高かったろう」と大喜び 女房が何か作るから一杯やってけという流れになる

「いい家ださすがは兄貴だ」と酒を飲んでいると 肴が出てくるが豆腐や吸い物など自分達が贈った水甕の水を使ったものばかり
家見舞い豆腐

水甕の正体が元は便壷だと知っている二人は料理が出てくるたびに「今豆腐を断ってるんで」などと妙な言い訳するので 兄貴分もあきれ顔

そこへこの家のおかみさんが「水甕の水が妙に濁っている」と言いに来る

兄貴分:
「甕なんて使い始めはこんなもんだ おまえたち今度来るときにフナでも持ってきてくれ。水をきれいにするっていうからな」

八:
「それにはおよびません。
さっきまでコイ(肥え)が入ってましたから

江戸時代の水事情について

現代のように各家庭に水道がない時代、生活用水として使う水を井戸から汲んできて水を甕に貯めておく必要がありました。

よくテレビで見かけるアフリカの人々が水を求めて大きな甕を持って水場を往復する光景。

長屋の中心に共同の井戸があったので、何キロも歩いて汲みに行く必要はありませんでしたが、実はこれが曲者

江戸時代の長屋の見取り図を見ていると井戸の近くに便所があったり芥入れ(ゴミ捨て場)があったりで想像を絶する不衛生!

今でも水を張ったバケツを屋外に放置しておくとボウフラは湧きますし、藻のようなものが生えて水が濁ってきます。これを料理や洗濯に使っていたと想像してみてください…

消毒や殺菌といった概念のない江戸時代、こいがめに汲んだ水も品質は似たり寄ったりだったのではないでしょうか(^^;

落語一覧へ



関連記事

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑