*

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

公開日: : 滑稽噺 , ,

家見舞い

日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊

引っ越し祝いに水甕を贈ろうというが 二人揃ってお金がない
家見舞い相談
なんとかなるだろうと店に行ってみるが お金がないので何とかなるわけもない

あきらめかけていたところに店主からの提案が

店主:
「こちらの甕ならその予算でもいいですよ」

見るとそこにはなかなか立派な甕が。二人は掘り出し物だと喜んだが 実はこの甕 元は壊した家の便所に埋まっていた便壷

本当に掘り出し物だ
ドブ
洗ってしまえばわからないだろうと早速買った甕を川で洗う二人 なかなか臭いが消えないが、水を張ってしまえばどうってことないと兄貴分のところへ

立派な水甕(実は便壷)を贈られた兄貴分は「これは高かったろう」と大喜び 女房が何か作るから一杯やってけという流れになる

「いい家ださすがは兄貴だ」と酒を飲んでいると 肴が出てくるが豆腐や吸い物など自分達が贈った水甕の水を使ったものばかり
家見舞い豆腐

水甕の正体が元は便壷だと知っている二人は料理が出てくるたびに「今豆腐を断ってるんで」などと妙な言い訳するので 兄貴分もあきれ顔

そこへこの家のおかみさんが「水甕の水が妙に濁っている」と言いに来る

兄貴分:
「甕なんて使い始めはこんなもんだ おまえたち今度来るときにフナでも持ってきてくれ。水をきれいにするっていうからな」

八:
「それにはおよびません。
さっきまでコイ(肥え)が入ってましたから

落語一覧へ



関連記事

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

山登り

落語 愛宕山のあらすじ かわらけ投げについて

愛宕山 旦那のお供で京都へ行くことになった幇間(太鼓もち)の一八。愛宕山へ登ることになったが、

記事を読む

落語 質屋蔵のあらすじ オチの流される~利上げせよの意味は?

質屋蔵 伊勢屋の質草を預かる蔵に怪奇現象が起こるという噂が立つ。本当かどうかわからないが 放っ

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑