*

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

公開日: : 人情噺, 滑稽噺 , ,

六尺棒

道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

こっそり家に入ろうとするが、しっかり戸締まりがしてあり中に入れない。
夜
ドンドンドン

店の者に開けてもらおうと戸を叩くと、待ち構えていたのは大旦那

大旦那:
「遅くにどなたですかな?おや?せがれのお友達でしたか?

あの者は道楽者で家に置いておけないから勘当しようと思っています

もう帰ってくるなとお伝えください」

と他人のような扱い

若旦那:
「勘当だなんて店の跡継ぎはどうするんだ?勘当されるくらいなら死んでやる」

ゆさぶりを掛けてみるが、若旦那は吉原に十日も居続けたり、日頃の行いが悪すぎた。本気で怒る大旦那には通用しそうもない

大旦那:
「うるさい隣の息子さんを見なさい。働き者だし親孝行だ。少しは見習いなさい馬鹿息子」

若旦那:
「こうなったらこんな店には火をつけてやる」

反省をしない若旦那の態度に大旦那の堪忍袋の緒が切れた。六尺棒を手に飛び出してきた
六尺棒
若旦那を追いかけた大旦那だったが暗がりに逃げられてしまい姿を見失ってしまう

店に戻ろうと扉に手を掛けたところで、内側から戸締りがされ、締め出されてしまったことに気が付く

ドンドンドン

大旦那:
「こら 開けなさい」

若旦那:
「遅くにどなたですか?おや?父のお知り合いの方でしたか?

父は息子に対して意地悪で頭が固いので勘当しようと思っています。

もう帰ってくるなとお伝えください」

すっかり立場が入れ替わってしまった。若旦那は続ける

若旦那:
「お隣の父上を見なさい。気前はいいし優しいし、少しは見習いなさい馬鹿親父」

大旦那:
「うるさいこの馬鹿息子。俺の真似がしたいなら六尺棒を持って表に出てこい!」

江戸時代放火をしたらどうなった?

この噺の舞台は大店ということで、この旦那親子以外にも番頭や手代達が同じ店に家族同然に住んでおり、外で大騒ぎされるとさぞかし迷惑だったのではないかと思われます。

途中若旦那が「火をつけてやる」というくだりがありますが、現代でも放火は重罪ですが、江戸時代は火罪といってさらに過酷な刑罰が下されました。
奉行
火罪は市中引き回しの上、火あぶり(15歳以下なら島流し)
火などつけられたら、店は燃えるわ若旦那は罪人になるわで、放蕩三昧で財産を食いつぶすどころの騒ぎではなく、大旦那はさぞかし焦ったのではないでしょうか。

落語一覧へ

関連記事

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

猫の皿払った三両

落語 三方一両損のあらすじ 大岡越前守実際はどのような人物だったか?

三方一両損 左官屋の金太郎が柳原あたりで財布を拾う。なんと財布の中身は三両もの大金と書付と印行

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑