*

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

公開日: : 怪談噺, 滑稽噺 , ,

お菊の皿(皿屋敷)

町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが どこかに怖いものはないか?」というもの。

肝試しということならうってつけの場所があるとご隠居は少し離れたところにある皿屋敷のことを教える。
皿屋敷家宝の皿
ご隠居:
「その屋敷にはお菊という奉公人がいたのだが、主人の大切にしていた十枚組の皿の一枚を割ってしまう

主人は激高してお菊を手討ちにし、遺体を井戸に投げ込んだ。

ほどなく井戸の底から成仏できないお菊の皿を数える声が聞こえるようになる…」
お菊の皿幽霊
若い衆:
「そりゃあいい 今日にでもみんなで行ってきます」

ご隠居:
「皿を最後まで数えるところを聞いてしまうと祟りで死んでしまうそうだ。途中で逃げるんだぞ」

若い衆たちはその晩のうちに件の皿屋敷へ。なるほどご隠居のいうとおり古ぼけた井戸がある。
夜
お菊の幽霊は今のところ出る気配はない。「六枚目あたりで逃げりゃいいやな」と馬鹿話をしている間に時刻は草木も眠る丑三つ時

どこからともなく生暖かい風が吹いてくる そして女のすすり泣く声に続いて

お菊の幽霊:
「いちまぁい、にまぁい…」
お菊
若い衆:
「ギャーほんとにでたー!」

逃げ出す若い衆 この噂が広まって 本物の幽霊が見られるなら一目見ようと見物客達が井戸に集まってくる

押すな押すなの人だかりの中に酒や饅頭を売る出店まで出るものだから辺りはギュウギュウ詰め

見物人:
「これじゃあ身動きが取れないな お?時間か?」

生暖かい風に続いて女のすすり泣く声 お菊が現れた
お菊の井戸
お菊:
「いちまぁい、にまぁい…ろくまぁい…」

見物人:
「六枚目だ!それみんな逃げろ!」

そう思ったが逃げる者、腰を抜かす者、酒を飲んで寝転んでいる者 人が多過ぎて使えて前に進めない

お菊:
「ななまぁい、はちまぁい…」

見物人:
「ああ!もうだめだ!」

と思っていたら

お菊:
「じゅうろくまぁい、じゅうしちまぁい、じゅうはちまぁい」

結局お菊は18枚まで数えてしまった
皿屋敷
見物人:
「お菊さん なんで18枚まで数えたんだい?」

お菊:
「二日分数えて明日は休ませてもらいます

全国いたるところにある皿屋敷

恨みを持って死んだ人間がそれを晴らすために怨霊となって現れる定番の怪談のためか、四谷怪談のお岩さんと混同されがちな皿屋敷のお菊さん。

怪談話や肝試しは江戸っ子の大好物だったらしく、さまざまな百物語や妖怪関連の本が本気で出版されていたりもしました。

お菊の話も皿屋敷の元ネタとされる物語(歌舞伎、浄瑠璃)は複数あり、お菊さんが投げ入れられたと伝わる井戸にいたっては全国で50箇所近くあるそうです。(お菊さんが葬られたと言われるお墓も多数)

現代に比べて娯楽の少なかった江戸時代。噺の中のような肝試しのため、または夏の納涼のために全国に皿屋敷の物語が用いられたのではないでしょうか。

落語一覧へ



関連記事

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原遊郭で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

大山詣り念仏

蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)のあらすじとオチ 修行僧と問答の意味について

蒟蒻問答 昔はやくざ者だったが今ではすっかり足を洗い蒟蒻屋を営んでいる六兵衛。足を洗ったという

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ 江戸時代の水道事情について

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮らしの八と熊 引っ越し祝

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑