*

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

公開日: : 怪談噺, 滑稽噺 , ,

お菊の皿(皿屋敷)

町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが どこかに怖いものはないか?」というもの。

肝試しということならうってつけの場所があるとご隠居は少し離れたところにある皿屋敷のことを教える。
皿屋敷家宝の皿
ご隠居:
「その屋敷にはお菊という奉公人がいたのだが、主人の大切にしていた十枚組の皿の一枚を割ってしまう

主人は激高してお菊を手討ちにし、遺体を井戸に投げ込んだ。

ほどなく井戸の底から成仏できないお菊の皿を数える声が聞こえるようになる…」
お菊の皿幽霊
若い衆:
「そりゃあいい 今日にでもみんなで行ってきます」

ご隠居:
「皿を最後まで数えるところを聞いてしまうと祟りで死んでしまうそうだ。途中で逃げるんだぞ」

若い衆たちはその晩のうちに件の皿屋敷へ。なるほどご隠居のいうとおり古ぼけた井戸がある。
夜
お菊の幽霊は今のところ出る気配はない。「六枚目あたりで逃げりゃいいやな」と馬鹿話をしている間に時刻は草木も眠る丑三つ時

どこからともなく生暖かい風が吹いてくる そして女のすすり泣く声に続いて

お菊の幽霊:
「いちまぁい、にまぁい…」
お菊
若い衆:
「ギャーほんとにでたー!」

逃げ出す若い衆 この噂が広まって 本物の幽霊が見られるなら一目見ようと見物客達が井戸に集まってくる

押すな押すなの人だかりの中に酒や饅頭を売る出店まで出るものだから辺りはギュウギュウ詰め

見物人:
「これじゃあ身動きが取れないな お?時間か?」

生暖かい風に続いて女のすすり泣く声 お菊が現れた
お菊の井戸
お菊:
「いちまぁい、にまぁい…ろくまぁい…」

見物人:
「六枚目だ!それみんな逃げろ!」

そう思ったが逃げる者、腰を抜かす者、酒を飲んで寝転んでいる者 人が多過ぎて使えて前に進めない

お菊:
「ななまぁい、はちまぁい…」

見物人:
「ああ!もうだめだ!」

と思っていたら

お菊:
「じゅうろくまぁい、じゅうしちまぁい、じゅうはちまぁい」

結局お菊は18枚まで数えてしまった
皿屋敷
見物人:
「お菊さん なんで18枚まで数えたんだい?」

お菊:
「二日分数えて明日は休ませてもらいます

全国いたるところにある皿屋敷

恨みを持って死んだ人間がそれを晴らすために怨霊となって現れる定番の怪談のためか、四谷怪談のお岩さんと混同されがちな皿屋敷のお菊さん。

怪談話や肝試しは江戸っ子の大好物だったらしく、さまざまな百物語や妖怪関連の本が本気で出版されていたりもしました。

お菊の話も皿屋敷の元ネタとされる物語(歌舞伎、浄瑠璃)は複数あり、お菊さんが投げ入れられたと伝わる井戸にいたっては全国で50箇所近くあるそうです。(お菊さんが葬られたと言われるお墓も多数)

現代に比べて娯楽の少なかった江戸時代。噺の中のような肝試しのため、または夏の納涼のために全国に皿屋敷の物語が用いられたのではないでしょうか。

落語一覧へ



関連記事

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

子はかすがい大工

落語 大工調べのあらすじ ラスト(オチ)の細工は流々…って何?

大工調べ ちょっと抜けている大工の与太郎 仕事があるというのに近頃まったく現場に出てこない

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑