*

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

公開日: : 最終更新日:2019/05/25 人情噺, 分かりにくい落ち, 怪談噺 ,

三年目

病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。

自分の死が近づいているのを悟ったか、妻は心残りになることがあると夫に打ち明ける
三年目布団
妻:
「あなたはまだお若いから 私が死んだら新しい奥さんをもらってその人を可愛がる。それを想像すると気になって…」

夫:
「馬鹿なこと言っちゃいけない。私は新しい奥さんなんてもらうつもりはないし、もしもの時は婚礼の夜に幽霊になって出てきなさい。そうすれば悪い噂が立って縁談なんて来なくなるだろう」

妻:
「では八つの鐘を合図に枕元に立つことにします…」

変な約束をしたものだが、妻は自分が死んだ後、夫が再婚に乗り気じゃないのを確認すると安心したのか、まもなく看病の甲斐なく亡くなってしまう。
三年目葬式
約束はしたものの四十九日、百箇日と過ぎて行くと周りが放っておかない。「おまえさんはまだ若いんだから」と縁談がくるようになる。

夫はだんだん断りきれなくなって、結局は新しい奥さんと再婚することになってしまった。
三年目花嫁
祝言も滞りなく終わり、迎えた婚礼初日の夜 夫は前妻との約束が気になって眠れない。新妻には「今日は早く寝なさいと」言って、前妻が現れるのを待っていたが八つの鐘が鳴り終わっても現れる気配がない。

夫:
「遠く十万億度の彼方から来るんだ さすがに初日は無理か」
と二日経ち三日経ち…いっこうに前妻の幽霊が現れないので段々起きているのも面倒になってきた

すると元々 新妻とも仲が悪いわけでもなく夫婦仲は円満だし、そのうち子供も授かった




時は流れて前妻が亡くなってから三年が過ぎた。法要を済ませた晩、夫は夜中に胸騒ぎがして目が覚めた。生温かい風が吹いて、障子にサワサワと何かが触れる音がする。

「何かおかしいぞ」と思っていると前妻の幽霊が枕元にうらめしそうに座っている。

前妻の幽霊:
「あなた…約束が違います…」

夫はびっくりしたが、幽霊に掛け合った
夫:
「約束が違うのはこっちも同じだ ずっと待ってたのに子供も出来た今頃出てくるなんて」

前妻の幽霊:
「無理よ…あなたは私を棺に収める時、髪を剃ってお坊さんにしたでしょ…」

夫:
「ああ したよ。親戚中一剃刀ずつ当てて棺に収めたよ」

前妻の幽霊:
「坊主頭だとあなたに嫌われると思って…髪が伸びるのを待ってました…

※時刻の八つ=現代の午前2時頃

死者の髪を剃る風習について

今ではほとんどない風習ですが、江戸時代の葬儀では、髪剃(こうぞり)といって死者の髪を剃って戒を授けてから埋葬しました。

早い話が死者をお坊さんにしてあの世に送り出したということで、その時付けられるのが戒名と言うわけです。

お坊さんになる=仏弟子になる すなわち成仏して、この世に未練を残して帰ってくるなという考え方です。

気になるのが亡くなって一年目が一周忌法要、二年目が三回忌、三年目はとくに年忌には当たってないところ。
祥月命日に法要を営んだのでしょうか^^;

落語一覧へ




関連記事

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

落語 そば清のあらすじ オチと江戸時代に残る大食い記録について

そば清 そばなら何杯でも食べることができると豪語する旅商人の清兵衛 その見事なそばの食べっぷ

記事を読む

居残り佐平次

落語 居残り佐平次のあらすじ サゲのおこわにかけるとゴマ塩だからの関係は?

居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

玄翁

落語 子は鎹(かすがい)のあらすじ かすがいとは?タッカーとの違い

子はかすがい 遊女に入れあげた挙句 女房と大喧嘩をしてしまった大工の熊五郎。愛想を尽かせた女房のお

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑