*

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

公開日: : 最終更新日:2020/03/24 滑稽噺 , ,

猫の皿

田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

男は宿場から少し外れた茶店の縁台に座って一休みしている。店は年寄りが一人で切り盛りしているようなのんびりした店だ。

何の気なしにあたりを見ていると、主人がたいそう立派な皿で猫にえさをやっているのに気付く。
猫の皿えさを食べる猫
男:
「米粒がたくさんついているが、あれは絵高麗の梅鉢の茶碗に間違いない。江戸に持って帰れば三百両はくだらない品。どうやら店の主人はあの皿の値打ちがわかっていないようだ」

これは一儲けできると一計を案じた男は猫好きを装って主人に声を掛ける。ひょいっと猫を抱き上げると

男:
「かわいい猫だね。ご主人この猫をゆずってくれないか?」

主人:
「お客様申し訳ありません。私は一人暮らしで この猫を子供同様にかわいがっておりますので」

男:
「もちろんタダとは言わないよ。ここに三両あるからぜひともゆずってもらいたい」
猫の皿払った三両
猫一匹に三両とは法外な値段。名残惜しい気持ちはあるが、主人は「そこまで言われるなら」と首を縦に振る。

男:
「ご主人ありがとよ ただ猫もいきなり飼い主が替わるわけだ、気の毒だから食べ慣れたその皿ももらってくよ」

とさりげなく言って皿に手を伸ばしたところで、主人に慌てて止められる
猫の皿餌皿
主人:
「旦那 その皿だけはおゆずりするわけにはまいりません。ご存知ないかもしれませんが、それは絵高麗の梅鉢の茶碗といいまして、大変高価なものでして…」

まさか知っていたとは、男はがっかりして主人に聞いた

男:
「なんでそんな高価な皿で猫にえさをやってたんだい?」

主人:
「へえ、この皿で猫にえさをやっていると時々猫が三両で売れますんで

猫一匹に三両という値段について

猫の皿寝ている猫
時々猫が三両で売れます一両=約10万~15万円とすると 三両で30万円以上ということになります。

30万円あれば現代でも高級お猫様が買えそうです(笑)

ちなみに猫が国外から日本に入ってきたのは奈良時代あたりで、経典を齧るねずみ対策のためにもたらされたという説もあります。

そうすると舶来品ですから希少価値は高く、当時の金額で30万円くらいは余裕でしたものと考えられます。

江戸時代に入ってからも犬に比べると高級ペットだったことは間違いなさそうで、有名な生類憐みの令で”猫に紐をつけて飼うな”というお達しが出るまでは、逃げないように紐で繋いで飼われていたようです。

松浦静山『甲子夜話』にもいい猫には五両の値がついたという記述が登場します。もしかしたら三両は妥当な金額だったとか?

落語一覧へ




関連記事

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目的は「今度皆で肝試しをしたいが

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

落語 やかんのあらすじ 薬缶その他語源とは?

やかん ご隠居の家へ店子の熊五郎が遊びに来る。二人とも暇人だ。 熊五郎は浅草の観音様に行って

記事を読む

たがや

落語 たが屋のあらすじ 花火の掛け声た~まや~について

たがや 両国橋は花火見物の客でごったがえしている。その混雑の中へあろうことか馬に乗った侍と共侍

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑