*

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

公開日: : 最終更新日:2019/05/25 滑稽噺 , , ,

御慶

富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きたいが先立つものがない。

仕方がないので女房の着物を無理やり脱がせるとそれを元手に富くじを買いに行ってしまう。

女房:
「富くじなんかにうつつを抜かすんなら離縁しとくれ!」
女房は八五郎の背中に向かって叫ぶが聞こえない様子

さて八五郎が昨夜見た夢というのが”鶴が梯子の上に止まっている”という内容
御慶鶴
札の番号を選ぶにあたって、鶴は千年だから鶴の千、それが梯子にとまっていたので八四五(はしご) と語呂合わせ鶴の千八百五十四番という札を買い求めるが、あいにく売り切れてしまっていた。

がっかりして帰る道すがら占い師にそのことを話すと

占い師:
「梯子は下から昇るものだから八四五を五四八と読みあなたが買うべきは鶴の千五百四十八番です」
御慶はしご
と言われ買いに戻ってみると、その札は残っていた。そしてその札がなんと大当たり。千両もの大金を手にしてしまう。

腰を抜かしながら千両を受け取ると 米や味噌の掛け金を支払い、大家さんに溜まった家賃を払い残った金でやりたいことがあるという八五郎

裃(かみしも)を買い脇差を差して年始の挨拶回りに出たいというのだ。
御慶裃
そして元旦、格好だけはそれなりに整えた八五郎だったが、挨拶の口上がわからない。大家さんに相談すると

大家:
「向こうさんに『おめでとう』と言われれば『御慶』 『お上がりください』と言われれば『永日』と言いなさい」

そうアドバイスを受け 長屋を回りながら御慶を連発していると見知った友人にばったりと会う

友人:
「なんだ?ずいぶん立派な格好しているな?まあいいや おめでとう」

八五郎:
「御慶」

そこで「御慶」を「どこへ?」と聞き間違えた友人が

友人:
「ああ、初詣の帰りだよ

現代よりもギャンブル性が高かった富くじ

時期によって多少異なりますが、噺の中で八五郎が買った富くじは一枚で一分。現代の25,000円程に相当し、一枚300円で買えてしまう年末ジャンボと比べものにならないくらい高価なものでした。

そのため富くじは気軽に楽しむ娯楽よりも賭博に近く祈るような気持ちで抽選を見守ったことでしょう。25,000円払って何も手元に残らないとか考えたくもないです^_^;

八五郎のように買い続けて当選すればいいですが、身を持ち崩した人の話も伝わっています。

当選金は最高で千両。千両分限(せんりょうぶげん)といって千両あれば金持ちの部類だった江戸時代。一攫千金を夢見るのは今も昔も変わらない人の性といえるのではないでしょうか。

落語一覧へ




関連記事

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドン

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑