*

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

公開日: : 分かりにくい落ち, 滑稽噺 , ,

付き馬

吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃん騒ぎ

翌朝 店の若い衆が勘定書を持って行くと男は「昨晩は久しぶりに楽しかった これからも贔屓にしてやるぞ」と上機嫌

勘定書を見ても「ずいぶん安いますます気に入った」

ところが男は散歩中にフラリと立ち寄ったせいで 大きいの(金)がないと言い出す
お金
すぐに払ってもらえると思っていたのに勘定が取れず困惑する若い衆にこんな提案をする

男:
「両国におじさんが住んでいるから一緒に来てくれないか?」

またまた困惑する若い衆だが

男:
「忙しいところ来てもらうんだ 多少のお礼はさせてもらうから付き合ってくれ」

男に丸め込まれる形で 付き馬として店を出る若い衆。心配する若い衆を横目に男は道中で 「朝風呂に行こう」、「鰻で一杯やろう」
付き馬うなぎ
その度に若い衆に代金を立て替えさせる だんだん不審に思えてきたところで

男:
「あそこが伯父さんの家だよ」

男が指差したのは早桶屋(棺桶屋)

男:
「伯父さんと話を付けてくるからここで待っていてくれないか?」

男はそういい残すと早桶屋の中へ そこの店主に大声で話し始める 外で待っている若い衆にも聞こえるくらいの大声で

男:
おじさん!お願いがあります!

あとは聞こえないようなボソボソした声で

男:
「あそこにいる男の兄貴が昨夜死にまして…」
塔婆
店主に特注の棺桶を注文すると再び大声で

男:
引き受けてくれますか!ありがとうございます!

若い衆は聞こえてくる声を聞いて 「話がまとまったらしい」と一安心

「後はおじさんがなんとかしてくれるそうだから私はこれで」と立ち去ってしまう男

残された若い衆と早桶屋の主人は

主人:
「昨夜のことなんだって?たいへんだったねえ」

若い衆:
「急なことでしたのでてんやわんやでした」

主人:
「さびしかったろう?」

若い衆:
「でも いつかお会いできると思いますよ」

お互い別のことを考えているのになんとなく会話が成立してしまう

しばらく話していると「さあ出来たぞ」と店の奥から大きな棺おけが運ばれてくる

もちろん注文した覚えがないので「いらない」という若い衆 ここへ来た顛末を早桶屋の主人に話すと

主人:
「ああ それは騙されたんだ 気の毒だがこんな特注品どうしようもないから引き取ってもらうぞ!」

男に散々立替をさせられてお金を持っていないというと

主人:
「なんだと?おい誰か中(吉原)まで馬に行け!

オチの馬に行けの意味とは?

まず付き馬とはお金が足りない客の家に同行してお金を取り立てに行く店員またはその行為のこと。

付き馬に出た店員が客に言葉巧みに騙されて、逆に付き馬を連れて店に帰らされるという意味のオチ

元々付き馬は馬子(馬を引いて人や荷物を運ぶ人足)が副業でやっていたのが語源と言われています。

付き馬がついてくる場合もあれば、ひどい時は軟禁されることもあったようです。居残り佐平治はこのパターン

家までついてこられたり、軟禁されると外で遊んでいたのが家族にバレてしまうのでご勘弁願いたいところですね笑

落語一覧へ



関連記事

落語 そばの殿様のあらすじ 以外に歴史が浅いそば切りについて

そばの殿様 親戚の屋敷に招かれた時にそば職人がそば打ちをするのを見て、自分もやってみたくて仕方がな

記事を読む

饅頭怖い

落語 饅頭怖いのあらすじ

饅頭怖い 今日も長屋の若い者たちが集まって馬鹿話に花を咲かせていると一人血相を変えて飛び込んで

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

三年目の幽霊

落語 三年目のあらすじ 死者の髪の毛を剃る意味とは?

三年目 病気の妻をやさしい夫が一生懸命に看病するが、一向によくならない。 自分の死が近づいて

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑