*

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

公開日: : 最終更新日:2019/08/03 滑稽噺 , ,

紙入

出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く

今晩は旦那が帰らないから云々と…
実は新吉とおかみさんは旦那に隠れていい仲になっていたのだ

新吉は夜になってからおかみさんの元を訪ねる。
夜
おかみさん:
「あら新さんいらっしゃい。今夜はゆっくりしていってね」

と手を取ったところで表の扉をドンドン叩く音

旦那:
「お~い帰ったぞ~俺だ開けとくれ」

今夜は戻らないはずの旦那が帰ってきたもんだから新吉は大慌て

オロオロする新吉をよそにおかみさんは妙に落ち着いている。
慌てふためく新吉を手際良く裏手から逃がしてくれた。
家
帰る道すがら新吉は忘れ物がないかを確認する。

新吉:
「足袋は履いてるし、羽織も着ている… ああ!紙入れがない!」

その紙入れはというと旦那からもらったばかりではなく、おかみさんからもらった手紙まで入っているもんだから、新吉は青ざめた。

旦那にもらったものだから、一目みれば新吉がそこにいたことがバレてしまう

このまま遠くへ逃げてしまいたいがそうも行かない

新吉「バレたとは決まったわけじゃない。明日旦那に会って確かめてから逃げよう…」

翌日、新吉は足取り重く旦那の元を訪ねる

新吉:
「ごめんください」
旦那:
「ん?なんだ新吉か入りなさい」

旦那の顔色を窺ったが、元々愛想のよい人ではないからバレているようなバレていないようなでわからない。

旦那:
「新吉おまえはとんでもないやつだ」
新吉:
「ひえ~バレてましたか」
旦那:
「なんのことだ?おまえ俺の頼んだ着物をいつになったらもってくるんだ?ずいぶん経つぞ」
新吉:
「そのことでしたか 実は今日は暇ごいに上がった次第でして急に旅に出ることになりました」

と新吉が切り出すと旦那は

旦那:
「なんだ?仕事でヘマでもやらかしたか?何?間男?おまえいい度胸じゃないか」
新吉:
「ひぃ…実はその店にちょくちょく出入りしているうちにおかみさんに目をかけてもらいまして、旦那のいない間につい…」

旦那:
「で?それはもう相手にはバレてるのか?」
新吉:
「バレてるようなバレてないような…実はその家に紙入れを忘れてきてしまいまして」

おどおどする新吉にここでおかみさんが助け船を出す

おかみさん:
「新さん安心しなよ 旦那のいない間に男を引き込むようなおかみさんだよ 紙入れなんてとっくに隠してあるよ」
旦那:
「その通りだ新吉 女房を寝取られるような間抜けな亭主だ 紙入れなんて落ちてても気付くまい

江戸時代の不倫について

江戸時代 密通をした男女は両方とも死罪と決まっていました。また夫が妻の密通現場を押さえた場合、その場で妻と間男を殺してしまっても罪には問われませんでした。
死罪と決まっていたから斬ってよいという理屈でしょうか?なんとも大雑把な時代です(笑)
斬り捨てる
ただ実際は間男を殺すということはほとんどなく、夫に示談料を慰謝料を払って示談することが多かったようです。その相場は7両2分で現代の金額に換算すると75万円ほどとなります。

※1両を10万円として 1両=4分

もちろんこの噺のように家に男を引き込むような肝の据わった女性は少なかったと思われますが…

密会に使われていたのは「出合茶屋」とか「貸座敷」といい 現代で言うところのラブホテルに相当する場所です。
不忍池の周辺がそういうスポットになっていたと言われます。

利用料金は1分くらいで現代の貨幣価値で2万5千円、若者が気軽にというわけにはいかなかったようです。
出合茶屋
・出合い茶屋あやうい首が二つ来る

という川柳も残されているように場合によっては命を落とす可能性もあったため不倫は命がけだったようです。

落語一覧へ




関連記事

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

花魁

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

おみたて 花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる 喜瀬川は「

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?遊郭での勘定のルール

付き馬 吉原遊郭のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑