*

落語 天災のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/09/09 滑稽噺 , , ,

天災

どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎

今日も女房と喧嘩をしたようで、大家さんのところへ三行半を代わりに書いてくれと頼みに来た

熊五郎の気の短さにあきれたご隠居はこう諭す

大家:
「書く前におまえさんに聞きたいことがある。店の前を歩いていると小僧さんに水を引っ掛けられたらどうする?」

熊五郎:
「そりゃあ怒鳴りつけますね」

大家:
「では急に雨が降ってきたらどうする?天に向かって怒鳴るのかい?」

熊五郎:
「いやさすがに天が相手なら諦めますよ」

大家:
「そうだろう。小僧さんではなく天から水を掛けられたと思えば怒らなくてすむ。天から来た災い 即ちこれを天災というのだよ。何事も天災と思えば怒らないですむものだよ」

うまいこというなと納得した熊五郎

その帰り道さっそく店頭で小僧さんに水を引っ掛けられたが「今のは天が掛けたんだ」と腹を立てない熊五郎

職人が屋根からうっかり落とした瓦が頭を直撃しても

熊五郎:
「お~痛てえ これも天から降ってきたんだな」

職人:
「すいません 私が落としたんで…」

熊五郎:
「うるせえ 天から降ってきたってのがわからねえのか!ぶん殴るぞ」

家に帰り先程聞いた天災の話を女房にすると、熊五郎がニコニコしているのが気味が悪いが、なんだかんだで仲直りをする二人

ときに隣の家が騒がしいのに気がつく熊五郎。どうやら隣の八五郎の所に前妻がたずねてきて揉めているようだ

あいつは天災の話を知らねえから揉め事を起こすんだ。収めるために八のところへ向かう熊五郎

熊五郎:
「おい八 前の女房がゴネに来たと思うから腹が立つんだ。天から女房が降ってきたと思えば腹は立たない何事も天災だと思うんだ」

八五郎:
「何を言ってるんだ?来たのは天災じゃなくて前妻だ

落語一覧へ




関連記事

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

骨董

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

金明竹 甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をやら

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑