*

落語 天災のあらすじ

公開日: : 最終更新日:2019/09/09 滑稽噺 , , ,

天災

どんな些細なことにも噛み付く怒りっぽいことで有名な熊五郎

今日も女房と喧嘩をしたようで、大家さんのところへ三行半を代わりに書いてくれと頼みに来た

熊五郎の気の短さにあきれたご隠居はこう諭す

大家:
「書く前におまえさんに聞きたいことがある。店の前を歩いていると小僧さんに水を引っ掛けられたらどうする?」

熊五郎:
「そりゃあ怒鳴りつけますね」

大家:
「では急に雨が降ってきたらどうする?天に向かって怒鳴るのかい?」

熊五郎:
「いやさすがに天が相手なら諦めますよ」

大家:
「そうだろう。小僧さんではなく天から水を掛けられたと思えば怒らなくてすむ。天から来た災い 即ちこれを天災というのだよ。何事も天災と思えば怒らないですむものだよ」

うまいこというなと納得した熊五郎

その帰り道さっそく店頭で小僧さんに水を引っ掛けられたが「今のは天が掛けたんだ」と腹を立てない熊五郎

職人が屋根からうっかり落とした瓦が頭を直撃しても

熊五郎:
「お~痛てえ これも天から降ってきたんだな」

職人:
「すいません 私が落としたんで…」

熊五郎:
「うるせえ 天から降ってきたってのがわからねえのか!ぶん殴るぞ」

家に帰り先程聞いた天災の話を女房にすると、熊五郎がニコニコしているのが気味が悪いが、なんだかんだで仲直りをする二人

ときに隣の家が騒がしいのに気がつく熊五郎。どうやら隣の八五郎の所に前妻がたずねてきて揉めているようだ

あいつは天災の話を知らねえから揉め事を起こすんだ。収めるために八のところへ向かう熊五郎

熊五郎:
「おい八 前の女房がゴネに来たと思うから腹が立つんだ。天から女房が降ってきたと思えば腹は立たない何事も天災だと思うんだ」

八五郎:
「何を言ってるんだ?来たのは天災じゃなくて前妻だ

落語一覧へ




関連記事

落語 元犬のあらすじ オチの解説

元犬 人間になりたくて蔵前の八幡様に願をかけ始めた白犬のシロ 願掛けをはじめて21日目の満願の

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

落語 片棒

落語 片棒のあらすじ

片棒 けちが服を着て歩いているとケチで有名な赤西屋の大旦那。人呼んで赤西屋ケチ兵衛。 若いこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑