*

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

公開日: : 最終更新日:2020/04/13 滑稽噺 , , ,

つる

ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている
そのうちこの間見た鶴の掛軸の話になり

八五郎:
「ご隠居 鶴はなんでつるって言うんですか?」
という話になる

するとご隠居は

ご隠居:
「昔、唐土(もろこし)から一羽の首長鳥の雄がツーっと飛んできて浜辺の松へポイっととまった。

あとから雌の首長鳥がルーっと飛んできて雄のとなりにポイっととまった。それを見た人がツルという名前をつけたんだ」
松と鶴
さすがにそんなことありゃしないと気付いた八五郎だったが
誰かを引っ掛けて、からかってやりたくて仕方がない

さっそく友人の熊の家で披露しようとするが

八五郎:
「オスの首長鳥がツルーっと飛んで来て…ん?」
途中で肝心なところを忘れてしまい再びご隠居の家へ
つる
ご隠居:
「あれは冗談だから誰かに言うのはよしなさい」
ご隠居には止められたが、強引に聞き出してまた熊の家へ

八五郎:
「最初にオスがツーっと飛んできて、浜辺の松にルッっととまった。あとからメスが飛んできて…メス…」

熊:
「メスがどうしたんだ?」

八五郎:
音もなく飛んできた

江戸時代の鶴は食用だった?

今も昔も縁起がよい鳥として珍重されている鶴。現代の日本では北海道の釧路湿原などのごく一部でしか見ることの出来ない鳥ですが、江戸の町の近郊には鶴の飛来地があったとされています。

それだけでも驚きですが、人々は鶴を捕まえて食べていたようです。和歌食物本草(寛永七年刊)には鶴の肉は百病に効くとされ、江戸時代に刊行された様々な料理本の中にも鶴の解体方法が事細かにしるされているものも見受けられます。

味の方はシーボルトの記録によると「日本ではごちそうのようだが、ヨーロッパ人の口には合わない」という記述があります。

現代では天然記念物に指定され食べるなんてことはありえませんが、せっかく飛んでくるんだから食べてみようとかジビエのような感覚だったんでしょうか^_^;

落語一覧へ




関連記事

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

ねずみ

落語 ねずみのあらすじ 左甚五郎は架空の人物?

ねずみ 江戸時代の名工左甚五郎が旅の途中でフラリと宿場町を訪れた。そこで宿を探していると、子供

記事を読む

落語 初天神のあらすじ 初天神の日と縁日の意外な正体とは?

初天神 大工の熊五郎が一人で初天神に出かけようとするが、女房に倅の金坊を連れていけと言われてしまう

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

長屋

落語 粗忽長屋のあらすじ 色々なランクがある長屋について

粗忽長屋 そそっかしい八五郎が浅草の観音様にお参りした帰り道 人だかりが出来ているのに出くわす

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑