*

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問

長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる

なにやら聞きたいことがあるという

何を聞きたいかと思えば「お天道様が暑くてかなわないから 退かせる方法はないか?」という
浮世根問太陽
もっとまともなことを聞きなさいとご隠居が嗜めるが 後から後から出てくる変な質問…

熊:
「婚礼のことを嫁入りって言いますが何でですか?」

ご隠居:
「それは簡単なこと 目が男に二つ女に二つ合わせて四つだから四目入り(よめいり)だな」

熊:
「じゃあその日から奥さんって呼ぶのは?」

ご隠居:
「奥の部屋でお産をするから奥さんだ」
嫁入り
ご隠居の回答もかなりあやしいがやり取りは続く

熊:
「人間死んだらどうなりますか?」

ご隠居:
「極楽浄土で仏になる」
極楽
熊:
「極楽ってのはどこにありますか?」

ご隠居:
「地獄の隣だよ」

熊:
「じゃあ地獄はどこに?」
地獄
こんな調子で質問を繰り返すから段々面倒になってくるご隠居

ご隠居:
「極楽の隣だ」

熊:
「じゃあ極楽は?」

ご隠居:
「いいかげん もう帰りなさい」

「極楽の場所がわからない限りここを動かない」と座り込む熊五郎

ご隠居は仕方がないので熊五郎を仏間に連れていく

仏壇を指差して
仏壇
ご隠居:
「ここが極楽だ 死んだらみんなここで仏になる」

熊:
「みんなってことは鶴や亀もここで仏になりますか?」

ご隠居:
「いやあれはならない よく見なさい このとおり
鶴亀のろうそく立て
ろうそく立てになっている

オチの蝋燭立てになっているの意味

鶴亀のろうそく立ては現代では主に浄土真宗の大谷派(東本願寺)や高田派などで用いられます。

浄土真宗は関西東海北陸に多いそうなので地域によってはわかりにくいオチになりそうです。

同じ浄土真宗でも本願寺派(西本願寺)は鶴亀のろうそく立てを使わないそうです(ややこしい)
浮世根問蝋燭立て
ちなみに実家が東本願寺なのでお寺さんに「ろうそく立てが鶴亀の形をしているのはどうして?」と小さい頃に聞いたことがあります。

その回答が「二本足の鶴、四本足の亀が同じところに仲良くいる これが阿弥陀様の前ではみんな平等だということを表している」だそうです。

…でも今考えるとご隠居的な適当回答で煙に巻かれたような気もしてきました(^^;

落語一覧へ



関連記事

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

落語 王子の狐のあらすじ 王子稲荷と実在する扇屋について

王子の狐 王子稲荷にお参りに来た熊五郎 その帰りに不思議な光景を目にする。狐が頭に葉っぱ

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

高田馬場

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

高田の馬場 浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑