*

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

公開日: : 滑稽噺 , , ,

万金丹

旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

道に迷い「こんな知らないところで野宿か」と困っているところに 天の助けかお寺を見つける

寺の門をたたくと今晩は泊めてもらえることに。いやあ助かったとその晩はゆっくり休むが、二人は路銀がないものだから二日三日と居ついてしまい なかなか出発する気配がない。
和尚
さすがに和尚が催促すると、二人は「路銀を使い果たして退くも進むもできないのでしばらくお世話になれないか」と和尚に相談すると

和尚から「ならば いっそのこと出家してみないか?」と言う提案

「食いっぱぐれもないし坊主もいいかもな」とさっそく髪を落として坊主になる二人

辰坊梅坊という法名をもらうと翌日から寺での生活が始まった

お寺での生活は朝晩お経三昧 暇があれば境内をそうじし、食事も質素で酒も飲めない
経典
こんな生活が長く続くわけがない。二人が「寺のものをかっぱらって逃げようか」と相談していると

和尚:
「本山へ用事が出来たので留守を頼む。弔いが出たら山の向こうのお寺に頼むように」

といいつけて和尚は一月ほど寺を空けることに
酒
留守を任された二人は今まで我慢していた鬱憤を晴らすかのように 池の鯉は食べるわ酒は飲むわのドンちゃん騒ぎ

「路銀さえあればこんなところおさらばなんだがな」とくだをまいていると そこへ葬式の依頼が入る

檀家:
「麓の村の万屋金兵衛(よろずやきんべえ)が亡くなりましたのでお弔いをお願いします」
万金丹葬式
弔いが出たら山の向こうのお寺に頼むように言われていたが、これで旅の路銀ができると踏んだ二人は

江戸から来たえらい僧侶の振りをして、葬式の場へ現れる。神妙な顔をして出鱈目なお経を上げ木魚を叩き

辰坊:
「これで万屋金兵衛は無事に仏と成ったであろう」

檀家:
「ありがとうございます。ところで戒名は?」
万金丹の戒名
二人は戒名のことまで考えてなかったが、梅坊が和尚の部屋に落ちていた薬の袋を差し出した

「伊勢浅間霊法万金丹」

漢字で何やら書いてあるので戒名に見えなくはない。「袋になっているのは特別だ」とごまかした。

檀家:
「伊勢浅間霊法万金丹…戒名の意味を教えてください」

梅坊:
「伊勢浅間は生きているうちは威勢がいいが死ぬと浅ましい

霊法は法礼 つまり読経料のことだ しっかり頼むぞ

万金は万屋金兵衛 丹は年寄りは喉にタンが絡んでまいるってことだ」

檀家:
「金兵衛はタンではなく茶席で餅が喉につっかえて死んだんですが…」

梅坊:
「だったら餅が喉につっかえタン 万金丹だ」

檀家:
「ただし白湯にて用ゆべしと裏側にあるのは?」

梅坊:
「仏はお茶に懲りてるから仏前には白湯を供えてくれってことだ
湯のみ

万金丹他 江戸時代の薬について

江戸時代 薬種問屋という今で言う薬局が日本橋に軒を連ね、様々な薬が出回っていました。
まともな医者にかかろうとすると高価なのと薬が比較的安価で手に入ったためと思われます。
江戸時代の薬
また 口コミでよく効く薬だと評判になれば爆発的に売れたそうです。
長崎で有名だった胃腸薬「ウユルス」や安中(群馬)の天然痘の予防薬「疱瘡預薬消毒百祥湯」は江戸でも大変需要がありました。(ただ宣伝が上手だったとも考えられますが…)
石田散薬
他には新撰組の土方歳三が売り歩いていたと言う石田散薬。打撲や切り傷によく効いたといいますが、作り方が牛革草という草を土用の丑の日に刈り取って黒焼きにする。酒と一緒に飲まないと効果がない。河童明神のお告げによって土方家の先祖が作り始めた。など怪しげです。

江戸時代の薬の主成分は漢方や民間療法のようなものが主で科学的根拠があったかどうかは今となっては闇の中です。

落語一覧へ



関連記事

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様の耳に入り 殿様はぜひ会いたい

記事を読む

鳥居

落語 明烏(あけがらす)のあらすじ 吉原で遊ぶ時のルールとは

明烏(あけがらす) 二十一歳になる一人息子の時次郎があまりにも堅物なことを心配し、「客商売が世

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑