*

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

公開日: : 最終更新日:2020/01/16 人情噺, 滑稽噺 , ,

文違い

新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る
文違い手紙
一人はお稲にぞっこんの町人の半七
“強欲な育ての親に強請られている、縁を切るためには10両必要なのでなんとか工面してくれないか云々”

もう一人は少し通人気取 田舎の御大尽の角蔵
“故郷の母親が病気で治療のために20両の金が必要だが頼れるのはあなたしかいない なんとか工面してくれないか云々”

金を持って登楼してきた二人をそれぞれの部屋に通すと すんなり受け取っては値打ちがないと思ったか散々勿体つけてから受け取るお稲
文違いお金
順に10両と20両、合計30両のお金を受け取ると二人を待たせたままどこかへ行くお稲

部屋に一人残された半七が部屋の片隅にふと目をやるとお稲の煙草入れから手紙がはみ出しているのを見つける

何気なく読んでみるとそれは 芳次郎という男がお稲に宛てた手紙だった
“私 芳次郎の眼病治療のための30両をご用立て頂けるとのお手紙 甚だかたじけなく云々”
手紙
なんとお稲が金を無心した目的は芳次郎へ渡すためだったのだ。だまされたと悟った半七は腹を立ててしまう。

お稲は芳次郎からの手紙を読まれたことに気付かないまま これまた別の部屋で待たせていた芳次郎という惚れた男の元へ

芳次郎はすまなさそうに30両を受け取ると お稲が今夜は泊まって行けと言うのに対し「目の治療は一刻を争うから」とさっさと帰ってしまう。
文違い帰る芳次郎
芳次郎が帰った後、ふと見ると手紙が落ちている。見れば小筆という女が芳次郎に宛てて書いた手紙だった

“強欲な兄のせいで妾に出されそうになっております。それが嫌なら50両出せとの無理難題 20両は工面したものの残り30両がどうにもなりません。 それをあなた様は用立ててくださるとのお申し出大変有難く云々”

お稲の方も芳次郎に利用されていたのだ。惚れている芳次郎にだまされて悔しいやら情けないやら




そんな状態で半七を待たせている部屋に戻ると半七もカンカン お稲が開き直るものだから二人はつかみ合い大喧嘩になる

その騒ぎは別の部屋で待っているもう一人の被害者 角蔵のところへも聞こえてくる

聞こえてくる内容を要約すると どうやらお稲がどこかの色男から金をもらったとか もらわないのが原因の喧嘩らしい

そこで角蔵は店の若い衆を呼ぶと

角蔵:
「お稲の持っている金は故郷のかか様の療養のための20両だ けっして色男からもらった金ではねえのす こういって喧嘩をおさめてくるがよかんべえ」

そう言ったものの角蔵は少し慌てて

角蔵:
「ちっと待った ダメだダメだ そったらこと言ったら
おらが色男だというのがバレちまうもの

文違い相関図


知らぬが仏の角蔵も含めた男女のだましだまされての相関図!
最後にお金を手にしたのは小筆という女性ですが、果たして手紙の内容は真実なのか?
※たぶん芳次郎もだまされているのではないかと笑

落語一覧へ



関連記事

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

寝床

落語 寝床のあらすじ 義太夫とは何か?

寝床 義太夫に凝ってしまった大店の旦那。本人は素人としてはなかなかの腕前と思い込んでいるが、聞

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

火炎太鼓

落語 火焔太鼓(かえんだいこ)のあらすじ 道具屋とサゲオチのオジャンについて

火焔太鼓 人はいいのに商売が下手な道具屋の店主 甚兵衛 お客が「いい箪笥だね」褒めれば「

記事を読む

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

大店

落語 薮入りのあらすじ やぶいりの意味と江戸時代の休みについて

薮入り 奉公に出た息子の亀吉が久しぶりに帰ってくることになった。 三年ぶりに会える息子の

記事を読む

目黒のさんま

落語 目黒のサンマのあらすじ 大名や武士が食べなかった魚とは

目黒のさんま 秋の晴れた日に家来を伴って遠乗りに出かけた さる国の殿様 目黒の辺りに着いた所

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑