*

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

公開日: : 最終更新日:2020/01/16 人情噺, 滑稽噺 , ,

文違い

新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る
文違い手紙
一人はお稲にぞっこんの町人の半七
“強欲な育ての親に強請られている、縁を切るためには10両必要なのでなんとか工面してくれないか云々”

もう一人は少し通人気取 田舎の御大尽の角蔵
“故郷の母親が病気で治療のために20両の金が必要だが頼れるのはあなたしかいない なんとか工面してくれないか云々”

金を持って登楼してきた二人をそれぞれの部屋に通すと すんなり受け取っては値打ちがないと思ったか散々勿体つけてから受け取るお稲
文違いお金
順に10両と20両、合計30両のお金を受け取ると二人を待たせたままどこかへ行くお稲

部屋に一人残された半七が部屋の片隅にふと目をやるとお稲の煙草入れから手紙がはみ出しているのを見つける

何気なく読んでみるとそれは 芳次郎という男がお稲に宛てた手紙だった
“私 芳次郎の眼病治療のための30両をご用立て頂けるとのお手紙 甚だかたじけなく云々”
手紙
なんとお稲が金を無心した目的は芳次郎へ渡すためだったのだ。だまされたと悟った半七は腹を立ててしまう。

お稲は芳次郎からの手紙を読まれたことに気付かないまま これまた別の部屋で待たせていた芳次郎という惚れた男の元へ

芳次郎はすまなさそうに30両を受け取ると お稲が今夜は泊まって行けと言うのに対し「目の治療は一刻を争うから」とさっさと帰ってしまう。
文違い帰る芳次郎
芳次郎が帰った後、ふと見ると手紙が落ちている。見れば小筆という女が芳次郎に宛てて書いた手紙だった

“強欲な兄のせいで妾に出されそうになっております。それが嫌なら50両出せとの無理難題 20両は工面したものの残り30両がどうにもなりません。 それをあなた様は用立ててくださるとのお申し出大変有難く云々”

お稲の方も芳次郎に利用されていたのだ。惚れている芳次郎にだまされて悔しいやら情けないやら




そんな状態で半七を待たせている部屋に戻ると半七もカンカン お稲が開き直るものだから二人はつかみ合い大喧嘩になる

その騒ぎは別の部屋で待っているもう一人の被害者 角蔵のところへも聞こえてくる

聞こえてくる内容を要約すると どうやらお稲がどこかの色男から金をもらったとか もらわないのが原因の喧嘩らしい

そこで角蔵は店の若い衆を呼ぶと

角蔵:
「お稲の持っている金は故郷のかか様の療養のための20両だ けっして色男からもらった金ではねえのす こういって喧嘩をおさめてくるがよかんべえ」

そう言ったものの角蔵は少し慌てて

角蔵:
「ちっと待った ダメだダメだ そったらこと言ったら
おらが色男だというのがバレちまうもの

文違い相関図


知らぬが仏の角蔵も含めた男女のだましだまされての相関図!
最後にお金を手にしたのは小筆という女性ですが、果たして手紙の内容は真実なのか?
※たぶん芳次郎もだまされているのではないかと笑

落語一覧へ



関連記事

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

骨董

落語 金明竹(きんめいちく)のあらすじ 出てくる道具は何なのか?

金明竹 甥っ子の松公を預かることになった道具屋の主人だったが 松公はどこか抜けていて、何をや

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

傘

落語 道灌のあらすじ 太田道灌は和歌に疎かった?

道灌 ご隠居のところへやってきた長屋の八っつあん。今日も馬鹿話をしている。そのうち絵の話になり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑