*

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 人情噺, 滑稽噺 , , ,

二十四孝(にじゅうしこう)

乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる

何でも母親と些細なことで喧嘩をし、母親に味方したおかみさんまで追い出したいから離縁状を二通書いてほしいという

あきれた大家さんは熊五郎に親孝行の道を説こうと中国の孝行息子の話を始める

大家さん:
「昔、中国に王祥(おうしょう)という親孝行な若者がおった。

彼には老いた母親がおったがある日 鯉が食べたいと言い出した
池の氷
貧乏な王祥は池に鯉を獲りに行くが、生憎水面には厚い氷が張っている

そこで王祥は氷の上に裸になって横たわり、氷を溶かして鯉を獲ろうとした

するとみるみる氷は溶け、穴から鯉が飛び出してきたそうな」

熊:
「そんなことしたら自分もドボンだろう」

大家さん:
「これは孝行息子の母親を思う心が天に通じたんだ」




その後も次々と孝行息子の話を聞かせる大家さん

大家さん:
「こういう話もある。呉猛(ごもう)という男の家は貧乏で、蚊帳を買う金もない。

そのせいで母親は蚊の羽音で夜眠ることも出来ない。そこで呉猛は裸になり酒を自分の身体に吹き付けて寝た
二十四孝蚊
蚊を酒の匂いで自分のところへおびき寄せて母親から遠ざけるためだ。

するとどうだろう 不思議なことにその晩、蚊は一匹も家に寄り付かなかった」

熊:
「それも例の天に通じたってやつですね」

それくらいなら俺もやってやろうと最初の目的を忘れて家に帰る熊五郎

さっそく家に帰ると「今から親孝行するぞ!」と宣言したかと思うと服を脱ぎ 酒を身体に吹きつけ始めた
二十四孝の酒
そのうち「これは中にも入れたほうが効きそうだ」と残った酒を飲んでそのまま眠ってしまう

翌朝起きてみるとまったく蚊に刺されていない

熊:
「おい!二人とも見たか?これが天に通じるってやつだ」

おかみさん:
「何言ってんだい あんたが蚊に刺されないようにおっかさんが寝ないで団扇で扇いでたんだよ」

母親:
あんたみたいな親不孝みたことないよ

二十四孝(にじゅうしこう)とは?

二十四孝孔子
二十四孝とは中国の元の時代に郭居業(かくきょぎょう)がまとめたと言われる24人の孝子(親孝行)の列伝
これに限らず江戸時代は道徳教育としてよく中国の書物が用いられたようです。

雷嫌いの母親の墓石に着物を着せた王褒
氷の張った池から母親のために鯉を獲ろうとした王祥
冬の竹林で竹の子を得ようとした孟宗
寝ている母親が蚊に刺されないように自分の身体に酒を吹き付けた呉猛
etc

厩火事(うまやかじ)でもそうですが、大家さんと言うものは中国の故事や古典を引き合いに出すのが好きなようです。

落語一覧へ



関連記事

看板のピン

落語 看板のピンのあらすじ ちょぼいちのルールとは

看板のピン 若い衆が集まるサイコロ賭博にこの道ではかなり年季の入った渋い親分がふらりと現れる。

記事を読む

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

宿屋の敵討ち 宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさ

記事を読む

御神酒徳利

落語 御神酒徳利(おみきどっくり)のあらすじ 実はエリート?番頭の役割とは

御神酒徳利 江戸の大きな旅籠で大掃除の最中に、主人の先祖が将軍家より頂いた家宝の御神酒徳利がな

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

馬

落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は芸者や幇間入り乱れてのドンちゃ

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うところがあり 自分も船頭になりたい

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑