*

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

公開日: : 最終更新日:2019/12/02 人情噺, 滑稽噺 , , ,

二十四孝(にじゅうしこう)

乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる

何でも母親と些細なことで喧嘩をし、母親に味方したおかみさんまで追い出したいから離縁状を二通書いてほしいという

あきれた大家さんは熊五郎に親孝行の道を説こうと中国の孝行息子の話を始める

大家さん:
「昔、中国に王祥(おうしょう)という親孝行な若者がおった。

彼には老いた母親がおったがある日 鯉が食べたいと言い出した
池の氷
貧乏な王祥は池に鯉を獲りに行くが、生憎水面には厚い氷が張っている

そこで王祥は氷の上に裸になって横たわり、氷を溶かして鯉を獲ろうとした

するとみるみる氷は溶け、穴から鯉が飛び出してきたそうな」

熊:
「そんなことしたら自分もドボンだろう」

大家さん:
「これは孝行息子の母親を思う心が天に通じたんだ」




その後も次々と孝行息子の話を聞かせる大家さん

大家さん:
「こういう話もある。呉猛(ごもう)という男の家は貧乏で、蚊帳を買う金もない。

そのせいで母親は蚊の羽音で夜眠ることも出来ない。そこで呉猛は裸になり酒を自分の身体に吹き付けて寝た
二十四孝蚊
蚊を酒の匂いで自分のところへおびき寄せて母親から遠ざけるためだ。

するとどうだろう 不思議なことにその晩、蚊は一匹も家に寄り付かなかった」

熊:
「それも例の天に通じたってやつですね」

それくらいなら俺もやってやろうと最初の目的を忘れて家に帰る熊五郎

さっそく家に帰ると「今から親孝行するぞ!」と宣言したかと思うと服を脱ぎ 酒を身体に吹きつけ始めた
二十四孝の酒
そのうち「これは中にも入れたほうが効きそうだ」と残った酒を飲んでそのまま眠ってしまう

翌朝起きてみるとまったく蚊に刺されていない

熊:
「おい!二人とも見たか?これが天に通じるってやつだ」

おかみさん:
「何言ってんだい あんたが蚊に刺されないようにおっかさんが寝ないで団扇で扇いでたんだよ」

母親:
あんたみたいな親不孝みたことないよ

二十四孝(にじゅうしこう)とは?

二十四孝孔子
二十四孝とは中国の元の時代に郭居業(かくきょぎょう)がまとめたと言われる24人の孝子(親孝行)の列伝
これに限らず江戸時代は道徳教育としてよく中国の書物が用いられたようです。

雷嫌いの母親の墓石に着物を着せた王褒
氷の張った池から母親のために鯉を獲ろうとした王祥
冬の竹林で竹の子を得ようとした孟宗
寝ている母親が蚊に刺されないように自分の身体に酒を吹き付けた呉猛
etc

厩火事(うまやかじ)でもそうですが、大家さんと言うものは中国の故事や古典を引き合いに出すのが好きなようです。

落語一覧へ



関連記事

馬屋火事

落語 厩火事(うまやかじ)のあらすじ 高収入だった?江戸時代の女性髪結い師

厩火事 髪結いのお崎は亭主の八五郎とすぐに夫婦喧嘩になってしまう。 今日も喧嘩をしてご隠

記事を読む

三年目花嫁

落語 たらちねのあらすじ 女子が目指した武家屋敷への奉公について

たらちね 人は良いが貧乏なためになかなか嫁の来手がなかった八五郎に長屋の大家さんが縁談を持ち込

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

抜け雀

落語 抜け雀のあらすじ 駕籠かきとはどんな職業だったか

抜け雀 とある宿場町の宿屋に汚い身なりで泊まった若い男。 男は毎日酒を飲んで外に一歩も出

記事を読む

花魁

落語 紺屋高尾(こうやたかお)のあらすじ 廓言葉について

紺屋高尾 働き者で生真面目な染物屋の久蔵がこのところ寝込んでしまっている 心配した親方が

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑