*

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

公開日: : 最終更新日:2019/12/03 人情噺, 分かりにくい落ち, 滑稽噺 , ,

おみたて

花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる

喜瀬川は「野暮で乱暴者の木兵衛の相手はしたくない」と店の若い衆にわがままを言い始めた
花魁喜瀬川
困ったのは若い衆 喜瀬川が会えない理由を木兵衛に言い訳しなくてはならない

そこで「喜瀬川は病気だ」と嘘をついて帰ってもらおうとするが、「病気なら見舞いに行こう」と返されてしまう

困った若い衆は

若い衆:
「実は先日 喜瀬川は病気で亡くなりまして あなた様に会いたいと最期まで申して息を引き取りました」
おみたて息を引き取る
これであきらめるだろうと思った若い衆だったが木兵衛は「喜瀬川とは夫婦になる約束をしていたのに」と号泣

木兵衛:
「せめて墓参りをさせてくれ 墓はどこにあるんだ?」

懇願する木兵衛に「ず~っと遠くです」とでも言っておけばいいものを お寺や墓地が多いことからうっかり「山谷です」と言ってしまう若い衆

そのせいで「山谷なら近いから今から案内してくれ」という流れに

山谷に着いた二人 若い衆は仕方がないので適当な寺に入って適当に墓を選ぶ
お見立て山谷の寺
若い衆:
「旦那様こちらの墓です」

木兵衛は涙を流しながら念仏を唱えるが、よく見ると戒名の下に「居士」と彫ってあるので男性の墓

若い衆はまたまた別の墓に案内するが今度は「童子」と彫ってあり子供の墓というのがバレてしまう

イライラしてくる木兵衛は

木兵衛:
「おい!いったいどれが本当の喜瀬川の墓なんだ?」

若い衆はたくさん並んでいる墓石の方を指差して

若い衆:
「あちらにたくさん並んでおりますからどうぞお見立て願います
お見立てオチ

お見立てオチと意味の解説

お見立てとは店の格子の奥に控えている遊女を客が表から見て選ぶこと。(早い話が指名です)

若い衆は遊女を探しに来た男性客に「よろしいのをお見立て願います」と登楼を促したそうです

喜瀬川のわがままのために その場しのぎの嘘をつき続ける羽目になる若い衆、最後は苦し紛れに 「並んでいる墓石から好きなのを選んでください」というからちょっとシュールなオチになります

居士と彫ってあったのでバレてしまいますが、もし「信女」や「大姉」となっていたらごまかしきれたのでしょうか(笑)

※余談ですが現代では写真指名全盛で こういう本人確認ができるのは飛田新地くらいでしょうか?

落語一覧へ



関連記事

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

文七元結

落語 文七元結のあらすじ 文七が身を投げる決意をした金額について

文七元結 長屋に住む長兵衛は左官屋として確かな腕前を持ちながら、博打に目がなく、仕事をそっちのけに

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

芝浜

落語 芝浜のあらすじ 江戸時代財布をネコババしたら

芝浜 腕前はいいのだけど、酒ばかり飲んで何日も仕事に行っていない魚屋の勝五郎 女房は暮れ

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

落語 提灯屋のあらすじ オチの意味と噺の中の紋について

提灯屋 チンドン屋から提灯屋のチラシを受け取る長屋の若い衆 字ばかりのチラシで気になって

記事を読む

強情灸

落語 強情灸のあらすじ 江戸っ子と上方の金銭感覚について

強情灸 よく効くと評判のお灸の店「峰」の灸はやたら熱いことでも巷では評判 そこへ言ってきたと

記事を読む

落語 茶の湯のあらすじ 江戸時代の隠居年齢は?

茶の湯 さる大店の主人が店を息子に任せて隠居することになる。そこで根岸に隠居用の屋敷を建て、身の回

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑