*

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

公開日: : 最終更新日:2019/12/03 人情噺, 分かりにくい落ち, 滑稽噺 , ,

おみたて

花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる

喜瀬川は「野暮で乱暴者の木兵衛の相手はしたくない」と店の若い衆にわがままを言い始めた
花魁喜瀬川
困ったのは若い衆 喜瀬川が会えない理由を木兵衛に言い訳しなくてはならない

そこで「喜瀬川は病気だ」と嘘をついて帰ってもらおうとするが、「病気なら見舞いに行こう」と返されてしまう

困った若い衆は

若い衆:
「実は先日 喜瀬川は病気で亡くなりまして あなた様に会いたいと最期まで申して息を引き取りました」
おみたて息を引き取る
これであきらめるだろうと思った若い衆だったが木兵衛は「喜瀬川とは夫婦になる約束をしていたのに」と号泣

木兵衛:
「せめて墓参りをさせてくれ 墓はどこにあるんだ?」

懇願する木兵衛に「ず~っと遠くです」とでも言っておけばいいものを お寺や墓地が多いことからうっかり「山谷です」と言ってしまう若い衆

そのせいで「山谷なら近いから今から案内してくれ」という流れに

山谷に着いた二人 若い衆は仕方がないので適当な寺に入って適当に墓を選ぶ
お見立て山谷の寺
若い衆:
「旦那様こちらの墓です」

木兵衛は涙を流しながら念仏を唱えるが、よく見ると戒名の下に「居士」と彫ってあるので男性の墓

若い衆はまたまた別の墓に案内するが今度は「童子」と彫ってあり子供の墓というのがバレてしまう

イライラしてくる木兵衛は

木兵衛:
「おい!いったいどれが本当の喜瀬川の墓なんだ?」

若い衆はたくさん並んでいる墓石の方を指差して

若い衆:
「あちらにたくさん並んでおりますからどうぞお見立て願います
お見立てオチ

お見立てオチと意味の解説

お見立てとは店の格子の奥に控えている遊女を客が表から見て選ぶこと。(早い話が指名です)

若い衆は遊女を探しに来た男性客に「よろしいのをお見立て願います」と登楼を促したそうです

喜瀬川のわがままのために その場しのぎの嘘をつき続ける羽目になる若い衆、最後は苦し紛れに 「並んでいる墓石から好きなのを選んでください」というからちょっとシュールなオチになります

居士と彫ってあったのでバレてしまいますが、もし「信女」や「大姉」となっていたらごまかしきれたのでしょうか(笑)

※余談ですが現代では写真指名全盛で こういう本人確認ができるのは飛田新地くらいでしょうか?

落語一覧へ



関連記事

長屋の花見

落語 長屋の花見のあらすじ 江戸時代の桜の種類とは

長屋の花見 ある日貧乏長屋の住人達に大家さんから呼び出しがかかる。 誰もまともに家賃なん

記事を読む

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

袈裟

落語 錦の袈裟のあらすじ 袈裟の種類と寄付者について

錦の袈裟 町の兄貴分が若い衆を集める。なんでも隣町の若い衆が揃いの縮緬の長襦袢で吉原に繰り出し

記事を読む

落語 猫の災難のあらすじ

猫の災難 酒は飲みたいが買う金はない そんな八五郎のところへ猫が鯛の頭をくわえてやってきた。猫

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

千両みかん

落語 千両みかんのあらすじ 紀伊国屋文左衛門はみかんで財を成せたか?

千両みかん 大店の若旦那が夏の盛りに病気になってしまった 日に日に衰えていき、食べ物も喉

記事を読む

阿武松(おうのまつ)

落語 阿武松(おうのまつ)のあらすじ 大関が最高位だった江戸時代の番付

阿武松(おうのまつ) 京橋の武隈という親方の元へ能登の国から若い者が手紙を持って尋ねてきます。

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

時そば

落語 時そばのあらすじ 男が来たのは現代の何時だったか

時そば 夜の街を流すそば屋を威勢のいい職人風の男が呼び止めた 男: 「おう、そば屋さん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑