*

落語 お見立てのあらすじ オチの解説 サゲのお見立てくださいの意味は?

公開日: : 最終更新日:2019/12/03 人情噺, 分かりにくい落ち, 滑稽噺 , ,

おみたて

花魁の喜瀬川のもとへ田舎者のお大尽 木兵衛(もくべえ)が尋ねてくる

喜瀬川は「野暮で乱暴者の木兵衛の相手はしたくない」と店の若い衆にわがままを言い始めた
花魁喜瀬川
困ったのは若い衆 喜瀬川が会えない理由を木兵衛に言い訳しなくてはならない

そこで「喜瀬川は病気だ」と嘘をついて帰ってもらおうとするが、「病気なら見舞いに行こう」と返されてしまう

困った若い衆は

若い衆:
「実は先日 喜瀬川は病気で亡くなりまして あなた様に会いたいと最期まで申して息を引き取りました」
おみたて息を引き取る
これであきらめるだろうと思った若い衆だったが木兵衛は「喜瀬川とは夫婦になる約束をしていたのに」と号泣

木兵衛:
「せめて墓参りをさせてくれ 墓はどこにあるんだ?」

懇願する木兵衛に「ず~っと遠くです」とでも言っておけばいいものを お寺や墓地が多いことからうっかり「山谷です」と言ってしまう若い衆

そのせいで「山谷なら近いから今から案内してくれ」という流れに

山谷に着いた二人 若い衆は仕方がないので適当な寺に入って適当に墓を選ぶ
お見立て山谷の寺
若い衆:
「旦那様こちらの墓です」

木兵衛は涙を流しながら念仏を唱えるが、よく見ると戒名の下に「居士」と彫ってあるので男性の墓

若い衆はまたまた別の墓に案内するが今度は「童子」と彫ってあり子供の墓というのがバレてしまう

イライラしてくる木兵衛は

木兵衛:
「おい!いったいどれが本当の喜瀬川の墓なんだ?」

若い衆はたくさん並んでいる墓石の方を指差して

若い衆:
「あちらにたくさん並んでおりますからどうぞお見立て願います
お見立てオチ

お見立てオチと意味の解説

お見立てとは店の格子の奥に控えている遊女を客が表から見て選ぶこと。(早い話が指名です)

若い衆は遊女を探しに来た男性客に「よろしいのをお見立て願います」と登楼を促したそうです

喜瀬川のわがままのために その場しのぎの嘘をつき続ける羽目になる若い衆、最後は苦し紛れに 「並んでいる墓石から好きなのを選んでください」というからちょっとシュールなオチになります

居士と彫ってあったのでバレてしまいますが、もし「信女」や「大姉」となっていたらごまかしきれたのでしょうか(笑)

※余談ですが現代では写真指名全盛で こういう本人確認ができるのは飛田新地くらいでしょうか?

落語一覧へ



関連記事

夜

落語 品川心中のあらすじ 心中失敗 実際に生き残った方はどうなる?

品川心中 品川の遊郭白木屋で売れっ子だった遊女のお染だが、寄る年波には勝てず、最近では客がめっ

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

落語 素人鰻(殿様鰻)のあらすじ 実は歓迎された?武士の商売について

素人鰻 江戸から明治の世となり武士は士族と呼び名が変わる。幕府もなくなり自分で商売をしようと考

記事を読む

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉 道に迷い「こんな知らないと

記事を読む

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

夏の医者 病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く しかし一番近くの医者でも山を越えて六里

記事を読む

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「本気になるなと」釘を刺すが、猪

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

火事息子

落語 火事息子のあらすじ 町火消しと定火消しの違いとは

火事息子 火事好きが高じて町火消しになりたいという質屋の若旦那。 大旦那は一人息子にそんなに

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑