*

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

公開日: : 最終更新日:2019/05/25 滑稽噺 , , ,

大山詣り

長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、曲がりなりにも参詣ということで道中で腹を立てたものは※二分の罰金、暴れたものは丸坊主という約束を長屋の者と先達(案内人)は交わす。

しかし無事に参詣も終わり、江戸への帰途で泊まった旅籠で酔った熊五郎が大暴れしてしまう。八五郎と金公が湯に浸かっているところへ、熊五郎が狭い湯船に無理やり割り込んできたのがきっかけになったという。




八五郎:
「先達さん、俺たち二人は腹を立てたから罰金を払いますが、熊五郎は坊主にしますからね」

およしなさいと二人を止める先達だったが、二人は決まりということで罰金を払ったあと、熊五郎が寝ている間に坊主にして、しかも置いてきぼりにして旅籠を出発してしまう。

翌朝目を覚ました熊五郎が怒ったのなんの

熊五郎:
「人の頭を剃った上に、置いてきぼりまで食らわすとは!ひでえ野郎だ」
とカンカン

仕返ししてやろうと早籠で八五郎たちを追い抜き、長屋へ先回りする。
駕籠かき大山詣り
長屋に帰ると手ぬぐいを頭に巻いて女房連中に集まるように声を掛け、集まったところで籠の中で考えたストーリーを話す

熊五郎:
「無事に大山詣りをすませたところで、みんなで船に乗って米ヶ浜の祖師にお参りしようということになったんだが、俺はあいにく腹の調子が悪くて宿で休んでいたんだ。するとにわかに海に風が出てあっという間に船は転覆、全員ドザエモンになっちまったんだ」
大山詣り舟
それを聞いてワっと泣き出すもの、信用できないと言うもの、そのタイミングで熊は頭に巻いた手ぬぐいをパっと取って坊主頭を見せる

熊五郎:
「この頭を見てくれ。俺だけ生き残っては申し訳ないから、これから高野山で連中の菩提を弔おうと思う。おまえたちも尼になって一緒に念仏を唱えようじゃないか」

熊五郎の言葉を信じた女房たちは、亭主の供養のために皆で髪を剃り、一緒に念仏を唱え始める。
大山詣り念仏
そこへ長屋の男衆が帰ってきた。丸坊主になった女房たちを見てびっくり。それが熊五郎の仕業だと聞かされると怒り心頭

八五郎:
「おい熊五郎、よくもかかあ達を坊主にしてくれたな!」
今にも喧嘩が始まりそうなところへ先達が割って入る。

先達:
「まあまあ、そんなに怒ることはない。これはめでたいことです」

八五郎:
「なんだって?かかあを坊主にされて何がめでたいんだい?」

先達:
「お山は晴天、うちに帰れば皆無事で、お毛が(お怪我)なくておめでたい

※罰金二分は今の金額にすると約五万円程で結構な金額と言えます

行楽と同義だった大山詣り

大山詣りとは大山の山頂の阿夫利神社に参詣することを言います。ただの参詣ではなく、しきたりがあり、まず両国橋の東詰めにある水垢離場で身を清め、道中の安全を祈願そろいの半纏、鉢巻を締め神社に奉納する木刀を持って出かけました。

ただ、参詣が終わると精進落しと称して、芸者を上げてどんちゃん騒ぎをするグループも多かったようです。大山側もそれをわかっていたので、その手の客を見込んで茶屋や宿が栄えたといいます。(その他の門前町もそういうところが多かったとか)

また通常は噺のように長屋や仕事仲間と講(こう)という団体を作り揃って参拝を行いました。行き帰りの行程にして三四日、箱根の手前なので関所もなく、女房の目を避けて羽目を外すには絶好の口実になったと思われます。

落語一覧へ




関連記事

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

家

落語 宿屋の富のあらすじ

宿屋の富 馬喰町の暇そうな宿屋にふらりと泊まりに来た小汚い身なりの男 主人はせっかく来てくれ

記事を読む

紙入れ

落語 紙入れのあらすじ 命がけだった江戸時代の不倫

紙入 出入り業者の新吉のところに得意先のおかみさんから手紙が届く 今晩は旦那が帰らないから云

記事を読む

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにくるが 六兵衛はもう馬鹿馬鹿しく

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

崇徳院

落語 崇徳院(すとくいん)のあらすじ 江戸時代結婚相手はどう探したか

崇徳院 大店の若旦那が寝込んでしまい医者が診てもよくならない。 病気以外に何か理由があり

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 野ざらしのあらすじ オチの馬の骨だったか!の意味とは?

野ざらし 長屋の八五郎が隣に住む先生の元をたずねる。 昨晩

落語 化け物使いのあらすじ 驚愕の奉公人の年間休日数とは?

化け物使い 人使いの荒いことで有名なあるご隠居 朝から晩まで働

馬
落語 付き馬のあらすじ オチの馬に行けとは?

付き馬 吉原のある店に金持ち風の男がと登楼してくる。その晩 男は

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

→もっと見る

PAGE TOP ↑