*

落語 宿屋の敵討のあらすじ 敵討ちのルール色々

公開日: : 滑稽噺 , ,

宿屋の敵討ち

宿場町の旅籠に一人旅の武士が泊まりに来た。疲れているので静かな部屋を所望するとさっそく部屋に上がった。

その後に旅籠へ到着したのが江戸っ子の三人組。彼らは大変騒がしい。三人は部屋に上がると地酒を注文し宴会が始まってしまう。
宿屋の酒
そこは運の悪いことに武士の隣の部屋。隣の部屋でドンちゃん騒ぎなどされては ゆっくり休んでいられない。武士は部屋を代えてくれないかと番頭に頼むが、あいにくその日は部屋はうまってしまっている。

番頭は三人組に静かにしてくれるように頼みに行くが文句をタラタラ
しかし「隣の部屋に泊まっているのは刀を持ったお侍様です」と聞くとおとなしく布団に入った。

三人は布団に入ったものの酒が入っているせいか馬鹿話が止まらない。夜も更けてきたというのに大笑い。
宿屋の敵討ち夜
武士はまた番頭を呼んで注意しに行かせると、三人はさすがに恐縮するが、一人が「そういえば武士といえば…」

と武勇伝を語り始める。

隣の部屋の男:
「木曽路を歩いていると、すれ違った武士に因縁をつけられた。俺の荷物が刀に触れたっていうんだ。とんだ失礼をと謝ったがだめだった

ならん!といきなり斬りかかってきやがる。こっちも大人しく斬られるつもりはねえ懐剣をやぶれかぶれで振り回すとそいつの首がポ~ンと飛んだんだ。

どうだ俺の腕前は?武士なんて威張ってはいるがたいしたことねえ」

またヤンヤの大騒ぎになり、みたび番頭が武士に呼ばれるが今度はどうも様子が違う




武士:
「先ほど隣からとんでもない話が聞こえてきた。拙者は兄の仇討ちのために旅をしているのだが、隣の部屋の者が兄の仇とわかった。

宿に迷惑はかけたくないから明朝外で討取るから逃がさないようにしてくれ。逃がすようなら貴様の首も飛ぶぞ」
宿屋の敵討ち武士
これは大変なことになったと三人組に知らせに行く番頭
当の本人はホラ話だと言い張るが、逃げられては番頭の首が飛んでしまうから、店の者を呼び出して三人を縛ってしまった。

ホラ話のせいで今夜限りの命か…とうなだれる三人

そして朝が来たが武士は敵討ちをするにしてはのんびりした様子

たまらず、番頭が「敵討ちはどうしますか?」と訊ねたところ

武士:
「ああ、あれはウソだ。隣の連中があまりにもうるさいからおどかしただけだ

敵討ちのルール色々

敵討ちのルール
よく時代劇などで登場する敵討ちですが、いくつかのルールがありました。

まず敵討ちに出るには藩に願い出て、許可を得て幕府の公儀御帳に記録してもらう必要がありました。これが相手を討ち果たした際に敵討ちであるという証拠となります。

これを怠るとただの私怨ということで罰せられることになります。ちなみに敵討ちされたものの敵討ちはキリがないので許可が出ません。

また認められるのは主君や肉親が不当に殺された場合に限られました。
※ただ肉親の場合は行かねば恥のような空気になり、半ば義務のようだったともいいます。

成功率はかなり低かったと思われます。相手がどこに姿を消したかわからない、情報網などが発達していない。顔も覚えていない父親の敵討ちに行かされたという記録もあります。

喧嘩両成敗で済めばいいのですが、武士も体面を保つために苦労が絶えなかったのではないでしょうか。

落語一覧へ




関連記事

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

紅葉

落語 千早振るのあらすじ 江戸時代の豆腐事情とは

千早振る ご隠居のところに熊さんが血相を変えて転がり込んでくる。 娘が百人一首に凝りだし

記事を読む

猫の皿

落語 猫の皿のあらすじ 猫一匹に三両実は高くない?

猫の皿 田舎の家々を回っては骨董品を買い集め 江戸に帰るとそれを転売して生計を立てている男

記事を読む

首ったけ

落語 首ったけのあらすじ 吉原から遊女の逃亡を防いだ仕組みとは?

首ったけ 吉原の馴染みの花魁 紅梅がなかなかやって来ないので座敷で一人イライラしている辰

記事を読む

酒

落語 親子酒のあらすじ

親子酒 いつも酒を飲みすぎてしまう商家の旦那と若旦那。酒を飲みすぎては失敗して後悔ばかりしてい

記事を読む

落語 長短のあらすじ 江戸時代の煙草と喫煙率について

長短 長助と短七の二人は仲のいい友達なのだが性格は正反対。長助は昔からのんびり屋で気が長く、短七は

記事を読む

大山詣り念仏

蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)のあらすじ 修行僧について

蒟蒻問答 昔はやくざ者だったが今ではすっかり足を洗い蒟蒻屋を営んでいる六兵衛。足を洗ったという

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

湯屋番

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

湯屋番 大工の熊の家に居候している若旦那。 毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満

記事を読む

居残り佐平次

落語 居残り佐平次のあらすじ サゲのおこわにかけるとゴマ塩だからの関係は?

居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 三枚起請のあらすじ オチの朝寝がしてみたいの意味と起請文とは?

三枚起請 吉原の花魁にいれこんでいる猪之(いの) それを棟梁が「

落語 家見舞(こいがめ)のあらすじ

家見舞い 日頃世話になっている兄貴分が引っ越しすることを聞いた長屋暮

心眼タイトル
落語 心眼のあらすじ 薬師如来(薬師様)のご利益とは?

心眼 按摩の梅喜が目が見えないことを弟に馬鹿にされて帰ってくる

落語 船徳のあらすじ 吉原通いに使われた猪牙舟(ちょきぶね)

船徳 柳橋の馴染みの船宿で居候をしている若旦那。なにやら思うとこ

落語 権兵衛狸のあらすじ

権兵衛狸 一人暮らしの権兵衛が一杯飲んで寝ようとしていると いき

→もっと見る

PAGE TOP ↑