*

落語 高田馬場のあらすじ 人気があった敵討ちについて

公開日: : 最終更新日:2019/07/09 人情噺, 滑稽噺 , ,

高田の馬場

浅草奥山観音様の境内、参拝客を当て込んだ出店や大道芸などを目当てに訪れる観光客もあって今日も賑わっている。

その人ごみの中でさらに黒山の人だかりが出来ている一角がある。姉弟でやっている蝦蟇の油売りだ。

蝦蟇の油売りと言っても江戸市中ではそんなに珍しいものでもない。人だかりが出来ている理由は少し時間を遡る。
刀
独特の口上と刀を使って蝦蟇の油売りが薬の効能を披露している。その姉弟に老いた武士が話し掛けた。

老武士:
「私の背中には20年前に受けた古傷がある。その蝦蟇の油で治るであろうか」

弟:
「いかなる傷か拝見いたしましょう。ほほう武士にあるまじき後ろ傷、投げ打ちの傷でありますな」

老武士:
「いかにもその通り」

老武士が語るには彼は20年ほど前、福島藩士であった際、部下の妻を横取りしようとし斬り合いになった。

部下を討ち果たすと自分の犯した罪の重さに逃亡しようとしたが、乳飲み子を抱いて追いかけてくる妻に懐剣を投げつけられて深手を負ったとのこと




弟:
「20年前、福島藩士?御貴殿の名は?」
老武士:
「岩淵伝内と申す」
弟:
「何?岩淵伝内?何を隠そう我こそはその時討たれた武士の子にして、あの時母が抱いていた乳飲み子である。父の敵だ尋常に勝負せよ。姉上ご油断めさるな」

蝦蟇の油売りで鍛えたよく通る声で敵討ちを宣言したため、物見高い江戸っ子、ましてや観音様の境内、どっと人が集まってくる。

老武士は覚悟を決めた様子で

老武士:
「天網恢恢祖にしてもらさず、誠にこのようなことになるとは、潔く勝負して討たれよう。だがここは観音様の境内。血で穢すわけには参らん。明日の巳の刻、高田馬場で果たし合うことにいたそう」

武士に二言はないなと念を押して姉弟と岩淵はその場は別れた

それを見て「敵討ちの日延べなんて聞いたことがねえなあ」とか「明日が楽しみだ」とか三三五五に散っていく人々。
朝
さて日付が変って翌日の高田馬場巳の刻

一昼夜のうちに噂は広まって江戸中の大評判。本物の敵討ちを見ようと高田の馬場には野次馬が大挙して押し寄せた。大勢の客を当て込んで出店が出て押すな押すなの大賑わい。

ところが約束の時間を過ぎても果し合いは始まらない。爺が逃げたか?いや姉弟の方も現われない。

見物人たちがざわつく中、徳利を並べて酒を飲んでいる老人がいる。それを町人の男が岩淵某に似ているのではないかと気がついて思わず声をかけた。

男:
「爺さん徳利を並べて景気がいいね」
老人:
「私の商売は儲かるからな。朝一升、昼一升、夜一升飲む余裕がある」
男:
「どんな商売してるんだい?お侍かい?」
老人
私の商売は敵討ち屋だ。人が集まれば出店が儲かる。その儲けの二割程を頂戴してらく~に暮らしておるのだ」

敵討ちについて

※巳の刻というと午前10時頃

敵討ちの話は江戸の町人たちに大変人気がありました。中でも曾我兄弟(そがきょうだい)が工藤祐経(くどうすけつね)を討ち果たした史実を基にした歌舞伎「曾我もの」は新春恒例となり毎年上演されました。

実在の曾我兄弟も幼い時に父親を殺されており、17年越しの敵討ちを成功させています。高田馬場に登場する一家も曾我兄弟をモデルに敵討ちのストーリーを考えたのでしょうか(笑)

落語一覧へ




関連記事

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

小間物かんざし

落語 小間物屋政談のあらすじ サゲのしょい(背負い)とは?

小間物屋政談 働き者で評判の小間物屋 相生屋小四郎。 江戸から上方へ行商に行くことを伝えるた

記事を読む

落語 本膳のあらすじ 本膳料理とは何か?

本膳 長屋の男たちの元へ大家さんから手紙が届く 誰もまともに字が読めないものだから「これはひ

記事を読む

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。茶屋だけではたいした儲けになら

記事を読む

金蔵

落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金を申し込みに兄の元をおとずれる

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

石川五右衛門

落語 お血脈のあらすじ 大泥棒石川五右衛門は実在した?

お血脈 信州の善光寺にはありがたい「血脈の印」というものがある。 これを額に押してもらうと、

記事を読む

紀州

落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武士が訪ねてくる。 先ほど

記事を読む

六尺棒

落語 六尺棒のあらすじ 江戸時代放火犯の末路とは

六尺棒 道楽者で遊んでばかりいる大店の若旦那。今日も遅くまで飲んでしまい深夜に帰宅する。

記事を読む

湯のみ

落語 二番煎じのあらすじ 江戸時代の治安維持のシステムとは

二番煎じ 寒い夜に番小屋に町の旦那衆が夜回りのために集まっている。 夜回りのために外に出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑