*

落語 夏の医者のあらすじ 食あたりの原因チシャ(萵苣)とは?

公開日: : 最終更新日:2019/10/24 分かりにくい落ち, 滑稽噺 , ,

夏の医者

病気になった父親のために息子が医者を呼びに行く
しかし一番近くの医者でも山を越えて六里半

やっとのことで医者の元にたどりついたが、人の命を預かる職業の人にしては、ややのんびりしているのが気になるところ

息子が「父親が苦しんでいて急いでいる」ということを告げるとようやく薬箱を用意して出発した

医者:
「では私の知っている近道を行こう 難所ではあるが病人のためだ」
夏の医者険しい道
医者の言う道は行きより近いが草木が生い茂り険しい道。疲れたから一服しようと二人で腰掛けたところで、急に辺りが暗くなる

息子が何事かと慌てていると

医者:
「そういえばこのあたりで うわばみが出ると言う噂を聞いたことがある」

息子:
「ではここはその腹の中ですか?」
夏の医者うわばみ
「このままでは腹の中で溶けてしまう」とうろたえる息子だったが、医者は落ち着いている。

医者:
「では 下剤を調合しよう」

腹の中で下剤をバラ撒くとうわばみは苦しみ、やがて二人を尻の穴から外へドバ~

なんとか助かったと嫌な臭いをさせながら 苦しむ父親の元へ

医者がどれどれと診察を始めると、父親は萵苣(チシャ)を生で食べたという




医者:
「これは食中毒。萵苣(ちしゃ)に当たったようだな。夏のチシャは身体に悪い

しかし さっそく薬を調合…と思ったところで薬箱をうわばみの腹の中に忘れてきたことに気がついた

返してもらうよりしょうがないと、医者は再びうわばみのところへ

道を戻るとうわばみは下剤が堪えたと見えて大分弱ってぐったりしている

医者:
「いたいた おい薬箱を取りたいんだ もう一度飲んでくれないか?」

うわばみ:
「そうはいくか夏の医者は身体に悪い

夏のチシャはなぜ身体に悪い?

最後はチシャ医者をかけたダジャレ落ち

そもそもチシャ(萵苣)って何でしょう?チシャとは広い意味でレタスの仲間です。夏のチシャということはサニーレタスと言えるのではないでしょうか。
チシャとは?
江戸時代にレタス?実はレタスは中国から平安の頃に伝わっており、この頃はお馴染みのボール型のものではなく葉っぱだけのものが栽培されていました。

江戸時代 野菜の食べ方は漬物にしたり、煮物にしたりで生野菜を食べる習慣がほとんどありませんでした。栽培に下肥が使われており、寄生虫や雑菌にあたるリスクがあったのが大きな理由です。

夏の萵苣(チシャ)は身体に悪い…上記の理由に加えて生野菜を食べるのは葉も傷んでいる可能性もあり夏はとくに食べない方が無難でしょう。

ちなみに生野菜を食べる概念が伝わったのは明治に入り西洋料理が紹介されたあたり。といってもサラダにドレッシングで庶民が食べるようになるのはもう少し先のこと。

戦後GHQの政策により畑に撒く肥料が下肥から化学肥料等寄生虫のリスクの少ないものに切り替えられてからだと言われています。

落語一覧へ




関連記事

盃

落語 転失気(てんしき)のあらすじ 転失気とは医学用語?

転失気(てんしき) お寺の和尚さんの体調がここ最近すぐれない。お医者さんを呼んでみてもらったと

記事を読む

落語 悋気の火の玉(りんきのひのたま)のあらすじ 二人が火花を散らした場所とは

悋気の火の玉(りんきのひのたま) 遊女を身請けして根岸に妾宅を与えた花川戸 橘屋の旦那

記事を読む

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞きたいことがあるという

記事を読む

力士

落語 花筏(はないかだ)のあらすじ なぜ横綱ではないのか?

花筏 ある日 提灯屋の主人の元に相撲部屋の親方が訪ねてくる 提灯の注文だと思った主人だっ

記事を読む

心眼タイトル

落語 御慶(ぎょけい)のあらすじ 宝くじの元になった富くじ

御慶 富くじが好きでたまらない八五郎。昨夜見た夢が縁起のいいものだったのでさっそく買いに行きた

記事を読む

落語 文違いのあらすじ 騙し騙されの相関図

文違い 新宿の女郎 お稲が二人のなじみ客に金を無心する手紙を送る 一人はお稲にぞっこんの

記事を読む

金蔵

落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというという知らせが里から届く

記事を読む

居残り佐平次

落語 居残り佐平次のあらすじ サゲのおこわにかけるとゴマ塩だからの関係は?

居残り佐平治 遊び人の佐平次が仲間に品川の遊郭に繰り出して派手にやろうと提案する。 佐平次:

記事を読む

天狗裁き

落語 天狗裁きあらすじ

天狗裁き 亭主の熊が昼寝をしながらブツブツと寝言を言っているのを女房のおみつが見ている。

記事を読む

ろくろ首

落語 ろくろ首のあらすじ 江戸時代見世物にもあったろくろ首

ろくろ首 二十五になっても母親と二人暮らしの与太郎がお嫁さんがほしいと伯父さんに相談する。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 黄金餅のあらすじ 西念が飲み込んだ金について

黄金餅 ケチ坊主の西念が病で寝込んでいると聞いて隣に住む金兵衛が

金蔵
落語 味噌蔵のあらすじ 防火対策の目塗りとは?

味噌蔵 ケチで有名な商屋の旦那の奥さんに男の子が生まれたというと

紀州
落語 妾馬(めかうま)のあらすじ 町娘がいきなり大奥へ?本当にあった?

妾馬(めかうま) ある日 長屋の大家さんのところに身なりのいい武

落語 浮世根問のあらすじ オチのろうそく立てになっているの意味とは?

浮世根問 長屋の熊五郎がご隠居の元を訪ねてくる なにやら聞

落語 猫の忠信のあらすじ 義経千本桜のパロディー部分を解説

猫の忠信 次郎吉が長唄の稽古に行こうと同じ長屋に住む六兵衛を誘いにく

→もっと見る

PAGE TOP ↑