*

落語 湯屋番のあらすじ 合法的に銭湯の女湯に入るには?

公開日: : 滑稽噺 , ,

湯屋番

大工の熊の家に居候している若旦那。
毎日飲んでは寝てばかりなので、熊はともかく女房が不満を募らせている。

仕方がないので熊は若旦那に仕事を紹介することにした。

熊:
「若旦那 毎日ごろごろしていては身体に悪い 風呂屋が若い人を探しているんでやってみませんか?」

若旦那:
「その風呂屋には女湯があるんだろうね?」

熊:
「もちろんです」

気に入った!と二つ返事で引き受ける若旦那 さっそく風呂屋へ向かうことに

若旦那:
「女湯がタダで見られるなんてうれしいね」
銭湯
と色々妄想しながら風呂屋に着くと最初に言い付かったのが、外回りをして薪を集めてくる仕事

そんなの約束と違うと怒る若旦那だったが、運の良いことに主人に用事が出来て いきなり番台に座らせてもらうことに

これで女湯が見られると喜んだ若旦那だったが、客がいるのは男湯ばかり。面白くないので得意の妄想をはじめる

若旦那:
「痩せ過ぎず太り過ぎず 年のころは25,6 きれいな女がお供を連れて下駄履きで来るよ
湯屋番娘
あら?新しい番台さん?いい男っぷりじゃないの たちまち俺にホの字になる…」

何を一人でやってるんだ?と気味悪がる客達。若旦那の仕草をボーっと見ていてうっかり軽石で鼻を擦り血だらけになる者も

若旦那:
「さしつさされつ酒を酌み交わし 彼女の顔がだんだん色っぽくなってくる ねえ泊まっていきなさいよ。いえ今日は帰らなくては…」
湯屋番酒
妄想も最高潮に達したところで

客:
おい

若旦那:
「何ですか せっかくいいところだったのに」

客:
「おまえがちゃんと見てないから俺の下駄がないぞ!」

若旦那:
「ではそちらの下駄を履いて帰ってください」

客:
「それはおまえの下駄かい?」

若旦那:
「いいえ 他の人のものです」

客:
「じゃあ俺が履いて帰ると怒るだろう?」

若旦那:
最後の人は裸足で帰ってもらいます

江戸時代の銭湯 番台に座らなくても女湯は見れた?

防火や水の確保が難しかった江戸時代、武家も含めて個人宅に風呂というものはほとんど作られませんでした。

かわりに湯屋(銭湯)は江戸中のいたるところにあり男性専用風呂が141件、女性専用風呂が11件。驚くことに男女兼用混浴風呂は371件ありました。(1808年 文化5年時点)
※何度か禁止令が出ていますが、明治新政府の厳重な取り締まりが行われるまで混浴は続いています。

また男でも堂々と女湯に入れる身分の人がいました。同心は女湯に捜査のために潜入し、男湯で密談が行われていないか聞き耳を立てていたといいます。

昼間は女性客は少なかったと言いますが^^;

落語一覧へ




関連記事

開帳

落語 開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)のあらすじ 回向院で行われた出開帳とは

開帳の雪隠 両国回向院のそばで子供相手に駄菓子屋を営んでいる老夫婦 今は出開帳の真っ最中

記事を読む

落語 干物箱のあらすじ 何でもお金になった江戸時代の芸。声色つかいとは?

干物箱 遊んでばかりなのを懲らしめようと、大旦那は息子の徳三郎を店の二階に軟禁してしまう。

記事を読む

紀州

落語 紀州のあらすじ 徳川宗家と御三家将軍継承について

紀州(きしゅう) 七代将軍の家継が8歳の若さで亡くなってしまった。 跡継ぎがいないため、

記事を読む

落語 宗論のあらすじ 宗論はどちらが勝っても釈迦の恥

宗論 店が忙しいというのに若旦那が朝から姿を見せない。 番頭の話によると どうやら若旦那はキ

記事を読む

つる

落語 つるのあらすじ 江戸時代鶴は食用にされていた?

つる ご隠居の家に遊びにきた八五郎今日も今日とて馬鹿話をしている そのうちこの間見た鶴の掛軸

記事を読む

泥棒

落語 だくだくのあらすじ 江戸時代の刑罰とは

だくだく 裏長屋に引っ越してきた八五郎だったが、家財道具が何もない。 これでは格好がつか

記事を読む

寿限無

落語 寿限無(じゅげむ)のあらすじ 寿限無とは仏教語?

寿限無 熊さん夫婦の家に男の子が生まれます。 その子供に名前をつけるのが親としての最初の

記事を読む

大山詣り

落語 大山詣りのあらすじ 江戸時代の行楽だった寺社参拝

大山詣り 長屋の男衆が揃って大山詣りに出かけることになった。行楽半分、信心半分の旅ではあるが、

記事を読む

長屋

落語 小言幸兵衛(こごとこうべえ)のあらすじ 江戸時代の大家の仕事について

小言幸兵衛 小言ばかり言っているのでみんなから"小言幸兵衛"とあだ名を付けられている長屋の大家

記事を読む

孔子

落語 二十四孝(にじゅうしこう)のあらすじ 中国の書物二十四孝とは?

二十四孝(にじゅうしこう) 乱暴者の熊五郎が大家さんのところへ駆け込んでくる 何でも母親

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

落語 お菊の皿(皿屋敷)のあらすじ どこにあるのかお菊の井戸

お菊の皿(皿屋敷) 町内のヒマな若い衆がご隠居の元をたずねる。目

金蔵
落語 ねずみ穴のあらすじ オチの五臓の疲れとは?

ねずみ穴 親の遺産をすっかり食いつぶしてしまった遊び人の竹次郎が借金

落語 ぞろぞろのあらすじ 雨の日に履かれたのは草履?

ぞろぞろ 少々荒れ果てたお稲荷さんの隣で茶屋を営んでいる老夫婦。

落語 万金丹のあらすじ 江戸時代の薬について

万金丹 旅の途中で路銀が尽きて行き倒れ一歩手前の辰五郎と梅吉

落語 松山鏡のあらすじ 死んだ人に会うにはどうする?

松山鏡 松山村に住む正直なことで評判な正助 その評判は殿様

→もっと見る

PAGE TOP ↑